【オフィシャルレポート】スペースクラフト Men’s Crew!初のファン感謝イベントを開催!!

スペースクラフト

スペースクラフト Men’s Crew!
初のファン感謝イベントを開催!!

神田うのや栗山千明らが所属する芸能プロダクション、スペースクラフトの若手男性俳優による第一回ファン感謝イベントが、2月12日(日)に東京・浅草六区ゆめまち劇場にて開催された。

ミュージカル『テニスの王子様』2ndシーズンや舞台『戦国無双~関ヶ原の章~』など数多くの舞台に出演し現在オンエア中のドラマ『男水!』で藤川礼央役を好演中の安西慎太郎(23)を始め、ミュージカル『黒執事』や舞台『刀剣乱舞』などで知られる輝馬(27)、また、数多くのドラマや映画に出演している藤原薫(21)、奥村秀人(25)、永松文太(23)、前川優希(19)、堀田怜央(21)、石井祐輝(19)、(以下、声優部研修生から)五十嵐巧巳、三上丈、杉浦隼永、名富航平、阿部渉と、舞台やドラマで活躍中の俳優やこれから活躍を目指す若手13名が出演した。

スペースクラフト

「SpaceCraft Men’s Crew!」の文字がプリントされたお揃いのTシャツ姿で登場。メンバーたちがオープニングダンスをカッコよく決めると、会場を埋め尽くした女性ファンから、早くも黄色い声が飛び交う。

永松と前川がMCを務め、第1回ファン感謝イベントという初挑戦尽くし!!

まず、冒頭のダンスパフォーマンスでイベントがスタート。
その後、メンバー紹介をはさみトークコーナーへ。

バレンタインの思い出トークでは、素敵な思い出よりも悲惨な話が多く、“Men’s Crew!”たちは意外にモテなかった事実が発覚!?するなど、笑いが絶えず。さらに「写メって喋って!」という写メを題材にしたトークコーナーでは、メンバーたちのプライベートに肉薄したトークが展開され会場も大いに盛り上りを見せた。

会場からの拍手でどの写メが一番良かったかを決め、優勝者には、ご褒美としてバレンタインにちなんで、会場のファン全員に向けた「愛の告白」があり、優勝者の輝馬が顔を真っ赤にして堂々と愛の告白を行った。

続いて、輝馬、藤原、安西の3人が自身のお気に入りのラブソングをソロで歌唱。三者三様の持ち味で、女性ファンを魅了。

そして何より圧巻だったのがストリート系・ブレイクダンス・ヒップホップなど、様々なジャンルを10分間にわたりノンストップで披露するスペシャルダンス!!息の合ったスピード感あふれるパフォーマンスに観客のボルテージも最高潮に達し、最後はこの“ファン感謝イベント”のために作られ「SpaceCraft Men’s Crew!」の名前に由来した「宇宙船が宇宙に飛び立つかのように彼ら自身が未来に向かって羽ばたいていく」そんな思いが込められたオリジナル曲『SMILE & SMILE』を全員で歌唱し本編が終了。

スペースクラフト

“Men’s Crew!”たちの普段見られない姿を間近で見られたファンたちにとっては、夢のような時間となった。

■輝馬コメント

同じ事務所でも普段、活動の場が違う方たちと今回、Men’s Crew!のイベントを通して
共演することができてうれしく思います。またファンの方たちにもスペースクラフトのメンバーをしって頂けるいい機会になったと思います。

■藤原薫コメント

映像での活動が多く、お客様とふれあえる機会ができてうれしいです。
舞台やミュージカルの経験が少ないのでこのMen’s Crew!のイベントで素の藤原薫を感じてもらえてたらうれしいです!

■安西慎太郎コメント

お客様に楽しんでいただけるように準備してきました。
なかなかファンの方に向かって直接、感謝を伝えられる機会が少ないので今回、Men’s Crew!パフォーマンスを通して日頃の感謝を伝えられることがをとてもうれしく思います。

スペースクラフト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. mainv3
  2. i☆Ris
  3. 直感×アルゴリズム♪
  4. スペースクラフト
  5. スタミュ
  6. スーツの男たち

おすすめ記事

  1. DIABOLIK LOVERS~re:requiem~
    舞台「DIABOLIK LOVERS~re:requiem~」 昨年の2015年、六行会ホール…
  2. asiapan
    THE CONVOY 『asiapan(アジァパン)』 まだまだ走り続ける50代!THE …
  3. 弱虫ペダル
    舞台『弱虫ペダル』~箱根学園(ハコガク)新世代、始動~ 累計発行部数は1,600万部を突破!様…
  4. ツキステ。
    ↓↓↓ 公演レポートはこちら ↓↓↓ http://25news.jp/?p=12022 …
  5. ギャグマンガ日和
    シュールな設定、怒濤の展開 全員がテンションMAXのぶっちぎりで疾走! 2015年の初演時、“本…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る