“薙刀”コミック「あさひなぐ」 映画&舞台化決定!

あさひなぐ

小学館漫画賞受賞の人気“薙刀”コミック「あさひなぐ」

乃木坂46 美の競演“薙刀”で
映画&舞台化決定!

映画主演・西野七瀬/舞台主演・齋藤飛鳥
2月21日 ファン3万5千人の前でサプライズ発表!

このたび、2014年度に<小学館漫画賞(一般向け部門)>を受賞したビッグコミックスピリッツ連載中の大人気“薙刀”コミック「あさひなぐ」
(こざき亜衣/小学館)が、乃木坂46をキャスト陣に迎え、映画&舞台化されることが決定しましたのでご報告いたします。

2017年の大本命アイドルグループ・乃木坂46と第60回 小学館漫画賞受賞の人気“薙刀”コミック「あさひなぐ」が最強タッグ!
さらに、東宝史上初の映画&舞台 同時企画!
今年、日本に薙刀ブームが吹き荒れる!!

あさひなぐ

「あさひなぐ」は、“美の武道”と言われる“薙刀(なぎなた)”に、青春の全てをかけた少女たちの成長物語。小学館漫画賞(一般向け部門)の受賞作は近年では、2010年度「闇金ウシジマくん」(2012年映画公開)、2011年度「坂道のアポロン」(2012年TVアニメ化)、2012年度「アイアムアヒーロー」(2016年映画公開)、2013年度「土竜の唄」(2014年映画公開)、2015年度「海街diary」(2015年映画公開)などがあり、数々の話題を世に送り込んできた注目作と肩を並べる作品となります。

主人公は、二ツ坂高校一年、東島旭(とうじま・あさひ)。中学まで美術部だった旭は、「(競技人口が少なくインターハイに出やすい)薙刀は高校部活界のアメリカンドリーム!」という謳い文句に惹かれ、薙刀部に入部する。圧倒的な強さを誇る憧れの先輩・宮路真春(みやじ・まはる)、同じ一年生で剣道経験者の八十村将子(やそむら・しょうこ)、長身のお嬢様・紺野さくら(こんの・さくら)ら、薙刀部の仲間たちと共に過酷な練習の日々を送る。目指すはインターハイ全国大会!
仲間たちと力を合わせ、ライバルの出現や様々な困難に立ち向かっていく”なぎなたガールズ“たちの

あさひなぐ

映画&舞台:主演アーティスト写真

強く! 美しく!! 楽しい!!! 笑って泣ける正統派エンターテインメントです。

<注目ポイント①>
乃木坂46 史上初【映画化・舞台化】プロジェクト! 完全別キャストで“二度おいしい”
映画は3月からクランクインし、今秋全国公開。舞台は、5月20日より上演。今回、映画版と舞台版でそれぞれ違うキャストがキャラクターを演じることも見所です。
主演は、映画版には映画初出演にして初主演となる西野七瀬。舞台版には舞台主演初挑戦の齋藤飛鳥が決定。
また、舞台のキャストには、井上小百合、新内眞衣、若月佑美、生駒里奈、堀未央奈、衛藤美彩、北野日奈子が決定。さらに、元宝塚のトップスターである真琴つばさをはじめ、石井一彰、則松亜海らも出演が決まっています。
映画版の他キャストについては、今後随時発表させていただきますので、ぜひご注目ください。

<注目ポイント②>
正統派アイドルが美の武道をガチで猛特訓! こんな乃木坂46見たことない!
今や日本を代表するトップアイドル・乃木坂46が、日本の伝統的武道である“薙刀”に体当たりで挑みます! 江戸時代、女性の護身用として用いられた “薙刀”。美しさを競う競技とも言われ、その長い“薙刀”を操る練習は過酷そのもの。アイドル活動と並行した厳しいスケジュールの中でも、懸命にそして真摯に“薙刀”に向き合っていく彼女たちにご注目ください。

<注目ポイント③>
ヒット作品を手掛けてきたクリエイターが映画、舞台それぞれに集結!
映画は、『ハンサム★スーツ』(2008年)、『高校デビュー』(2011年)、『ヒロイン失格』(2015年)などのヒット作品を手掛け、今年は『トリガール』の公開も控える英勉(はなぶさ・つとむ)が監督を担当。 舞台は、『二都物語』(2013年)、『シャーロック・ホームズ~アンダーソン家の秘密~』(2014)、『フランケンシュタイン』(2017年) などのヒット作品を手掛ける、人気演出家・板垣恭一(いたがき・きょういち)が脚本・演出を担当します。

<映画概要>

タイトル:『あさひなぐ』
原作:こざき亜衣「あさひなぐ」(小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
キャスト:西野七瀬 ほか
監督:英 勉
制作:ノースリバー
制作プロダクション:ROBOT
公開:今秋 全国公開
配給:東宝映像事業部

©2017 映画「あさひなぐ」製作委員会
©2011 こざき亜衣/小学館

<舞台概要>

タイトル:『あさひなぐ』
原作:こざき亜衣「あさひなぐ」 (小学館「週刊ビッグコミックスピリッツ」連載中)
キャスト:齋藤飛鳥、井上小百合、新内眞衣、若月佑美、生駒里奈、堀未央奈、衛藤美彩、北野日奈子、
石井一彰、則松亜海 、真琴つばさ ほか
脚本・演出:板垣恭一
上演日:5月20日(土)より、EXシアター六本木ほか
制作:東宝演劇部

©2017 舞台「あさひなぐ」製作委員会
©2011 こざき亜衣/小学館

公式サイトURL: asahinagu-proj.com
公式Twitter:https://twitter.com/asahinaguProj

■原作 こざき亜衣さん  ~映画化・舞台化 決定を受けてのコメント~
『仲間であり、同時にライバルでもある。』という部活動における武道の性質は、なんだかアイドルに似ているなと漫画を描きながら常々思っていました。それがこんな風に形になる日が来るとは…夢には思ってもまさか実現するとは思いませんでした。 乃木坂46というグループの持つ凜とした透明な空気感、可愛らしさだけではない個々の意志の強さのようなものがきっとこの作品に特別な命を吹き込んでくれるものと思います。 普段から厳しい世界に身を置く彼女達だからこそ表現できる『あさひなぐ』を、原作者としてとても楽しみにしています。
原作 こざき亜衣


■【映画】東宝株式会社 取締役映像本部映像事業担当 大田圭二氏よりコメント

清純、透明感というイメージの乃木坂46は、特にお芝居や映像作品など「表現をすること」に向いており、映画の作り手として常に惹かれるものを感じていました。一方、青春の真っただ中を走っている女子高校生を描いた「あさひなぐ」という素晴らしい原作と出会い、映像化をしたいと思った時、乃木坂46で映画を作れたら素晴らしいものができる、そう確信しました。同時に、舞台経験があるメンバーも多いので、同じ原作を映画と舞台両方を同時に作り上げられたら面白いと思い企画しました。メンバーの皆さんとスタッフが一体となり、一切手を抜かない、最高の作品をお届けしたいと思います。ぜひ、劇場に、映画館に足をお運びください。

■【舞台】東宝株式会社 取締役演劇担当 池田篤郎氏よりコメント
薙刀というダイナミックで美しい武道に青春を捧げる少女たちを熱く描く、こざき先生の『あさひなぐ』は映画としても舞台としても非常に見ごたえのある作品になると思います。稀有な原作、そして乃木坂46という才能あるチームの皆さんはじめ、素晴らしいキャスト、スタッフとともに弊社初の映画、演劇連動企画がスタートできることは奇跡のような出会いだと感じております。皆さまのご期待以上の全く新しい化学反応が生まれる瞬間に、どうぞご期待ください。

映画主演・西野七瀬/舞台主演・齋藤飛鳥
薙刀写真初お披露目&キャストコメント到着!

●映画『あさひなぐ』

主人公 東島旭 役:西野七瀬
原作を読んだ感想は、汗かいて頑張っている登場人物たちが格好よく、とても素敵だなと感じました。負けたくない、勝ちたいという気持ちの強いぶつかり合いに、読んでいてワクワクしました。
主人公の東島旭は、ちょっとどんくさくて 不器用で でも誰よりも努力の人で、真っすぐな人物。まだ今は不安が大きいですが、そんな旭になれるように、まずは薙刀の立ち振る舞いをしっかり練習し、演じきれるよう精一杯頑張ります。

●舞台『あさひなぐ』

主人公 東島旭 役:齋藤飛鳥 
最近は活字中心だったので漫画を久々に読みましたが、ある展開から一気に読み進められました! こざき亜衣先生は人をよく見てらっしゃる方なんだなと感じました。旭ちゃんは、少し鈍臭い部分もありますが、努力ができ、一所懸命さを持っていて、こういう子が人に愛されるんだなと改めて思いました。舞台でのお芝居ということで緊張していますが、私たちと「あさひなぐ」のキャラクターたちとがリンクする部分を意識して、責任を持って旭ちゃんを演じきりたいです!

八十村将子 役:井上小百合
「あさひなぐ」は、登場人物がみんな愛らしくて、おもしろかったです。青春いいな~と思いました(笑) 将子ちゃんは、芯の通った真っ直ぐでかっこいい人だな、と思いました。それと同時に、演じるなら一番楽しそうなキャラクターだな、と感じていたので、決まったときは「将子ちゃん役に挑戦できる~!」って嬉しかったです。いい意味で意気込まずに楽しみたいです。

紺野さくら 役:新内眞衣
今回、「あさひなぐ」を読んで、薙刀の格好良さや基本知識がわかりました。ついつい応援したくなる旭ちゃんがかわいいな、と思います。一方で、さくらちゃんは甘やかされて育ってきたんだなというのが第一印象です。でも気合と根性は密かにあるタイプなのでこれから演じるのが楽しみです。新しい舞台に挑戦することで、新しい自分になれるよう精一杯頑張ります。

野上えり 役:生駒里奈
薙刀という競技を「あさひなぐ」から知ることができました。そして部活を通じて旭達が変わっていく姿に強く胸を打たれました。「私の望みはヒーローになる事じゃない。チームが勝つ事なんだって」というえりちゃんの言葉が印象的で、みんなを引っ張る意思の強さを持つえりちゃんを舞台上で表現したいと思いました! 薙刀という初体験の武道で、憧れていた殺陣に挑戦できるのでうれしいです。「あさひなぐ」の世界をしっかり創りたいです!

宮路真春 役:若月佑美
薙刀という競技はこんなにもかっこよくて奥深いものなのかと驚きました。キャラクターみんなに個々の物語もあって、素敵な作品だなと思います。真春は、私とは正反対な性格かな? という印象です。自分自身の目標も高いし、周りからの期待にも応える。あらゆるプレッシャーの中できっちり結果を出して、かつ嫌味な態度が一切無い、美しい人ですよね。そんな旭に影響を与える大切な役、立ち居振る舞い涼やかな宮路真春を演じられたら良いなと思います!

一堂寧々 役:堀未央奈
「あさひなぐ」は、普段漫画を読まない私でもとても面白かったです。色々な人間ドラマもあり、かっこよくて素敵でした! 寧々ちゃんの第一印象は、クールでツンとした子かなと。私も普段ボーッとしているときはクールにみられがちですが、笑いのツボやおしゃべりなところなど、寧々ちゃんとはちょっと違うところもあるので、今回は”ツン”を極めて演じたいと思います。舞台も薙刀も緊張しますが、マイペースさと負けず嫌いパワーでみんなと良い作品を作れるようがんばります。

寒河江純 役:衛藤美彩
今回「あさひなぐ」を読んで、薙刀という競技を初めて知りました。奥が深いですね。周りの人との関わりで主人公たちが成長していく姿にどんどん引き込まれていきました! 純ちゃんは、温厚で優しくて、寧々のことをよく理解していて、国陵高校のお姉さんのような存在なのかな、と思います。薙刀を通してみんなが成長していく姿を、全員で表現したいです。個人的に舞台は久しぶりの出演になるので、精一杯演じたいと思います!

的林つぐみ 役:北野日奈子
「あさひなぐ」を読んで、努力することや素直でいることの大切さを感じ、がんばっている人がキラキラ輝いているところを読むと情景が浮かんできて、世界観にもどんどん引き込まれました! つぐみちゃんは、悔しさを抱えていても人を思いやれる優しさがあって共感しましたし、素直になれない性格もかわいいです。青春を薙刀に捧げているつぐみちゃんを精一杯演じ、たくさんの人の心を動かせるようにがんばります!

映画 今秋 全国公開/舞台 5月20日より上演

あさひなぐ

薙刀練習時の画像(クランクインに向け練習をする西野七瀬)

あさひなぐ

登場人物&キャスト 相関図

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. テニスの王子様
  2. マネキンライフ
  3. けものフレンズ
  4. 財木琢磨
  5. 石川五右衛門 外伝
  6. めがだん

おすすめ記事

  1. ダニーと紺碧の海
    「ダニーと紺碧の海」 ジョン・パトリック・シャンリィ、アメリカ、ニューヨークのブロンクス区出身…
  2. 「超歌舞伎」 新作「花街詞合鏡」 昨年話題を呼んだ超歌舞伎「今昔饗宴千本桜」は、歌舞伎の代…
  3. けものフレンズ
    舞台「けものフレンズ」  「けものフレンズ」は、けものフレンズプロジェクトによるメディアミックス作…
  4. 王家の紋章
    ミュージカル『王家の紋章』、2017年4月〜5月に早くも再演決定! 囲み取材の様子の動画を…
  5. ツキステ。
    ↓↓↓ 公演レポートはこちら ↓↓↓ http://25news.jp/?p=12022 …

本日のスケジュール

カテゴリー

ページ上部へ戻る