【3.0レポート】「龍よ、狼と踊れ〜 Dragon,Dance with Wolves〜」

龍よ、狼と踊れ

見どころはやはり殺陣・アクションのシーン、スピーディーでダイナミックな動きはこの舞台のハイライト、振付は船木政秀、自身も宝蔵院胤舜役で参加している。このとっくに死んだ剣豪たちのファッションがなかなかお洒落、いかにも転生した、という風情。そして新撰組の面々の絆、ハジメは、あの新撰組の羽織を受け取り、満面の笑みをみせる。いざというときに頼りになる近藤勇(加藤靖久)に土方蔵三(谷口賢志)、元気な隊士たち、山南敬介(松崎史也)は誰かが陰陽師ではないかと推理する、その正体は……意外な人物、ハッピーエンドではなく、物語はまだまだ続く、という印象。その後の新撰組は日本史で先刻承知ではあるが、この舞台は“新解釈幕末転生エンターテイメント活劇”、その後の物語も気になるところ。

龍よ、狼と踊れ

ページ:
1 2

3

4 5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 財木琢磨
  2. ミュージカル「DAICHI」
  3. 舞台「逆転検事~逆転のテレポーテーション~」
  4. 炎の転校生REBORN
  5. ロッキー・ホラー・ショー
  6. ミュージカル『メリー・ポピンズ』

おすすめ記事

  1. 夢王国と眠れる100人の王子様
    舞台「夢王国と眠れる100人の王子様 ~Prince Theater~」 人気スマホパズルRP…
  2. THE SMALL POPPIES
    スタジオライフ公演『THE SMALL POPPIES』 主な登場人物は5歳の子供で日本なら幼…
  3. 夜
    国際的な映画祭で高い評価を受けた、若き中国人新鋭監督の衝撃作を世界初の舞台化! 北村諒、松村龍之介…
  4. MANGA Performance W3(ワンダースリー)
    手塚治虫 生誕90周年記念 MANGA Performance W3(ワンダースリー) この…
  5. ソーォス!
    ミュージカル「ソーォス!」 在日コリアン二世の吉田潤喜が単身アメリカに渡り、空手に携わりなが…

本日のスケジュール

カテゴリー

ページ上部へ戻る