スーパーダンガンロンパ2

ストーリーは前回と同じ、そして“ハイスピード推理アクション”。南の島で“コロシアイ”。誰かが殺される、殺したのは?何故?学級裁判で明らかになり、“おしおき”されるのは、この作品の“お約束”だ。しかし、殺した理由が悲しかったり、何故か共感出来たり……殺人は肯定されないが、そこに至るまでのドラマに人生やそのキャラクターの哲学を感じる。
初演で好評だったモニター、学級裁判のシーンで活躍する。発言者の表情が大きく映し出される。演劇は虚構であるのに、その瞬間、ドキュメンタリーに変化する。“おしおき”のシーンは完全なるアナログでキャラクターをリスペクトしつつ、凄惨な方法で行われる。“モノクマダンサーズ”の動きは演劇的なマイムとダンスで表現する。ユーモアたっぷりの動きであればある程、残忍さが際立つ。キャラクター毎の特徴もよく表現されていてここは要チェック。ダンスは様々なダンススタイルを融合したもの、また。殺陣もあり、大活躍。学級裁判での日向 創のスピード感あふれる推理、そしてアクション「それは違うぞ!」、七海千秋(伊藤萌々香)が醸し出すほんわかした空気、田中眼蛇夢(井上正大)の押しの強さと男気、九頭龍 冬彦(植田圭輔)のキレっぷり等は、お約束。ゲネプロでは花村輝々役は三瓶であったが、例の持ちネタを披露する場面も。鈴木拡樹演じる狛枝 凪斗は物腰は柔らかいが、不気味さは倍増、安定した演技で場を引き締める。

スーパーダンガンロンパ2

ページ:
1 2

3

4 5 6 7 8 9
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 舞台「イムリ」
  2. B-PROJECT
  3. 舞台版『はみだしっ子』
  4. ミュージカル「スコア!」
  5. 夢王国と眠れる100人の王子様
  6. ヘタリア

おすすめ記事

  1. スーパーダンガンロンパ2
    『スーパーダンガンロンパ 2 THE STAGE 2017』 “自分で自分を信じる…
  2. DIABOLIK LOVERS~re:requiem~
    舞台「DIABOLIK LOVERS~re:requiem~」 昨年の2015年、六行会ホール…
  3. ハムレット
    「ハムレット」製作発表会、世界的演出家、ジョン・ケアード、シェイクスピアを大いに語る 1月10…
  4. THE SMALL POPPIES
    スタジオライフ公演『THE SMALL POPPIES』 主な登場人物は5歳の子供で日本なら幼…
  5. さよならソルシエ
    ミュージカル「さよならソルシエ」 良知真次さん、平野良さん、特別コメント到着! 2016…
7月 2017
« 6月   8月 »
      1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

本日のスケジュール

カテゴリー

ページ上部へ戻る