舞台『アルカナ・ファミリア Valentino』

Arcana_logo

『アルカナ・ファミリア』シリーズはPSP向けの“乙女ゲーム”として発売された恋愛アドベンチャーゲーム。
4タイトルがシリーズとして発売されると同時に、ドラマCD、書籍、アニメと幅広くメディアミックス展開をしており、人気も高い。
場所設定は地中海に浮かぶとある小さな島、レガーロ島、温暖な気候で肥沃な大地、交易で栄えている町である。この島を災厄から守るために立ち上がったのが”アルカナ・ファミリア”という不思議な力を持った組織である。組織の構成員は”タロッコ”と契約を結び、”アルカナ”という特殊能力を持っておいる。この組織のトップはモンドという男で、その1人娘・フェリチータは美しく、しかも武芸に秀でている。アニメでは、モンドは突然引退を発表し、後継者選び”アルカナ・デュエロ”を行うと宣言し、勝者はフェリチータと結婚出来る、というストーリーであった。舞台版はオリジナルストーリー、ある日、バーチェによって集められたメンバーは”アルカナベリッシモinバレンチーノ”の開催を告げられる。アルカナ・ファミリー選抜メンバーとワイルドカード枠1名を加えた7名でレガーロ島NO.1のベリッシモ(イケメン)の座を競うコンテスト。優勝者には、なんとフェリチータからのKISSが!そんな訳でやたら張り切るメンバー達、そんな彼らに事件が起こる、というのが大筋だ。
ミュージカル仕立てではないが、歌って踊る場面も用意されている。注目のアクションシーン、フェリチータのキックやリベルタ、ノヴァの刀さばき、デビドの拳銃(しかも難易度の高いアクションも)、バリバリとところ狭しと見せてくれる。バーチェの食事シーンはなんと”ガチ”で囲みでは”床にところどころ白いものが”と暴露される程(いちいちしっかり食べている)。リベルタとノヴァの言い争いは”お約束”、ルカのエプロンシーンはかなりのお笑いシーンに。ファンには嬉しい”客いじり”、質問されるのだが、それが舞台で反映させるかも?、ここはアドリブなのか脚本通りなのかは”不明”なところは仕掛けとして面白い。また能力発動シーン、原作やアニメではフェリチータは基本的に唱えないが、舞台では初めて唱えるという。ここは舞台ならではの相違点である。
マンガ・アニメ・ゲーム原作の舞台に出演歴の多い大島峻は安定したキャラクター作り。ノヴァ役の大海将一郎はこれが初舞台だそうだが、芝居に殺陣に健闘。デビド役の校條拳太朗は派手なアクションで印象づける。バーチェ役の小林涼はコミカルな役作り、ルカ役の北村健人はおっとり、ジョーリイの塩口量平はちょっとクール、とそれぞれのキャラクターがはっきりしていて観やすい。姿は見えないが声だけの出演、モンド役の升毅は圧倒的な存在感で、ヒロインの中田美優はアクションに健闘。
基本的にコメディではあるが、ちょっとうるっとくるシーンも用意。サスペンス的な要素を織り込み、笑いとドキドキとハートフルな要素を上手く混ぜてスピーディーに見せる。演出は『マルモのおきて』で知られる八十島 美也子 。上演時間は約2時間であるが、だいたい1時間40分ぐらいで”決着”がつく。残りの時間は、というと、ここは実は”告白”シーン。各キャラクターがそれぞれじっくりと”告白”するので、ここは見せ場、そしてフェリチータが……であるが、ここはお楽しみ。やり取りも楽しく(しかもいくつかパターンがある様子)、ファミリーなので大団円的な締めくくりとなっている。
原作もそうだが、地中海のおおらかな、太陽の日差しが降り注ぐイメージ、からっとした物語、気楽に観劇出来る娯楽作品に仕上がっていた。

arcana_アルカナ arcana_DSC_0564 arcana_DSC_0522 arcana_DSC_0344 arcana_DSC_0837 arcana_DSC_0630 arcana_P1110014 arcana_DSC_0175 arcana_DSC_0307

舞台『アルカナ・ファミリア Valentino』
2016年1月20日~1月27日 あうるすぽっと
http://arcanafamiglia.otomelive.com

取材・文/高 浩美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. のど自慢
  2. オペラ座の怪人
  3. 人狼TLPT
  4. NARUTO
  5. 111
  6. ドラゴンクエスト

おすすめ記事

  1. 扉の向こう側
    『扉の向こう側』  "イギリスの喜劇王”と言われるアラン・エイクボーン作の舞台『扉の向こう側』…
  2. 上野パンダ島ビキニーズ
    「上野パンダ島ビキニーズ」は芝居に歌にダンスに! 身体を張って大熱演! 舞台開幕とほぼ同…
  3. ノートルダムの鐘
    【インタビュー】「ノートルダムの鐘」アラン・メンケン(作曲) 12月11日(日曜日)の開幕…
  4. 扉の向こう側
    『扉の向こう側』演出家・板垣恭一さん、特別コメント到着! イギリスを代表する喜劇作家アラン・エ…
  5. asiapan
    THE CONVOY 『asiapan(アジァパン)』 まだまだ走り続ける50代!THE …

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る