Yè -夜-

撮影:NORI

北村諒のクールな佇まいと、ちょっと突き放した物言いが水仙の心のざわめきや寂しさを感じさせ、松村龍之介演じる夜来香は時には感情をむき出しにして苛立ちややるせなさを見せる。谷口賢志演じる刺は粗暴で暴言も吐き、威圧感たっぷりだが、そのドスの効いた声からは一抹の寂寥感が漂う。
非日常の空間、妖しさを感じさせる照明、しかし、この“街”ではこれは“日常”、きっとこういったことはさして珍しい出来事ではないのだろう。日常からこぼれ落ちた“非日常”にうごめく感情、それは決して風変わりな感情ではない。嫉妬、友情、苛立ち、愛、閉塞的でありながらも、ほんの少しの光も見え隠れする。自分という人間の存在意義を確認する、いや確認出来ているのかはさだかではないが、ほんの少しだけ、淡い光を感じる。ラストは再び「夜来香」の歌が流れる。水仙と夜来香が寄り添う。この一瞬の風景がこの2人の心情と重なり合う。静かに、心穏やかな2人の寄り添う姿には、温かいものがにじんでいる。

※「夜来香」……この歌は1944年上海にいた山口淑子(当時の芸名:李香蘭)が百代唱片公司からリリースし、中国全土でヒットした楽曲。日本では1950年に山口淑子名義で日本語歌詞を付けてリリースされている。戦後、中国政府は日本の中国進出のプロパガンダとして「夜来香」を禁止歌とした。しかし人気は根強く、そして時代が開放政策に変り、今では愛国的な歌として評価されている。作詞作曲は黎錦光(レイキンコウ)。劇中で使用している「夜来香」は李香蘭が歌唱。

Yè -夜-

撮影:NORI

ページ:
1 2

3

4 5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 舞台「若様組まいる〜若様とロマン〜」
  2. しょーたんとキキララのキラキラフェスタ
  3. 舞台「若様組まいる~若様とロマン~」
  4. 元木聖也
  5. ノルン+ノネット
  6. 朗読劇「あっくんとカノジョ~松尾真砂の日常~」

最近の記事

おすすめ記事

  1. 舞台「イムリ」
    舞台「イムリ」 総合監修のなるせゆうせいさん 演出の末原拓馬さんの特別コメントが到着! 壮…
  2. アイ★チュウ
    「アイ★チュウFAN MEETING 2017 ~New Year Party~」 声優パ…
  3. デルフィニア戦記
    舞台『デルフィニア戦記』 楽しく、笑いの絶えない制作発表会! ファンの間で好評の『デルフ…
  4. 舞台『ジョーカー・ゲームII』
    写真左より、谷口賢志、鈴木勝吾、木戸邑弥、君沢ユウキ、合田雅吏 舞台『ジョーカー・ゲームII』…
  5. 瞑るおおかみ黒き鴨
    もののふシリーズ 舞台『瞑るおおかみ黒き鴨』 前作は昨年9月~10月に上演した舞台『もののふ…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る