【3.0レポート】Theater LOV第2回公演 「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」

ベアトリーチェ・チェンチの肖像

Theater LOV第2回公演
「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」

実在の人物であるベアトリーチェ・チェンチ、イタリアの貴族に生まれた女性、ローマで起こった父親殺し、その悲劇的な最期、文学、映画等芸術の題材として扱われてきた。暴力的で気性が荒く、不道徳な父親は手のつけようのない人物。彼の娘ベアトリーチェはもちろん、2番目の妻も、いわゆるドメスティック・バイオレンスを受け続けていた。容赦ない暴力に暴言、ベアトリーチェが父親に殺意を抱くのは必然だ。
膨大な台詞だが、ひとつひとつの言葉に重みがある。閉ざされた空間、彼女は自由を求めていたのか?、いや、それよりも先にそもそも自由とは何ぞや?ということが脳内にふつふつと沸き上がる。客観的に見れば不自由、いやそれ以上に抑圧された状況、ともすると錯乱状態になりうる空間、その中で己を保つことは並大抵なことではない。そんな中で自由とは何かと考えるよりも、まず、現実と向き合わねばならない。そんな中、ベアトリーチェ・チェンチは現実から目をそらさないで状況を打開しようとする。その打開策が「父親を亡き者にする」、この1点である。

↓↓↓ゲネプロの様子はコチラ↓↓↓

ベアトリーチェ・チェンチの肖像

ページ:

1

2 3 4 5 6 7 8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 舞台「逆転検事~逆転のテレポーテーション~」
  2. 早霧せいな 『SECRET SPLENDOUR』
  3. ミュージカル「DAICHI」
  4. 炎の転校生REBORN
  5. ロッキー・ホラー・ショー
  6. 山木透

おすすめ記事

  1. ハイキュー!!
    ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“烏野、復活!” ハイパープロジェクション演劇「…
  2. 藤田俊太郎
    『Take me out』演出家・藤田俊太郎 特別コメント 『Take me out』は200…
  3. SENGOKU WARS
    SENGOKU WARS ~RU・TENエピソード2~猿狸合戦 公開舞台稽古のご報告 …
  4. 舞台「メサイア ―悠久乃刻―」
    舞台「メサイア ―悠久乃刻―」井澤勇貴、杉江大志インタビュー 舞台、映画、ドラマと多展開してい…
  5. ローマの休日
    「ローマの休日」 有名すぎる「ローマの休日」、1953年ウィリアム・ワイラー監督により製作され…

本日のスケジュール

カテゴリー

ページ上部へ戻る