【3.0レポート】Theater LOV第2回公演 「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」

ベアトリーチェ・チェンチの肖像

Theater LOV第2回公演
「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」

実在の人物であるベアトリーチェ・チェンチ、イタリアの貴族に生まれた女性、ローマで起こった父親殺し、その悲劇的な最期、文学、映画等芸術の題材として扱われてきた。暴力的で気性が荒く、不道徳な父親は手のつけようのない人物。彼の娘ベアトリーチェはもちろん、2番目の妻も、いわゆるドメスティック・バイオレンスを受け続けていた。容赦ない暴力に暴言、ベアトリーチェが父親に殺意を抱くのは必然だ。
膨大な台詞だが、ひとつひとつの言葉に重みがある。閉ざされた空間、彼女は自由を求めていたのか?、いや、それよりも先にそもそも自由とは何ぞや?ということが脳内にふつふつと沸き上がる。客観的に見れば不自由、いやそれ以上に抑圧された状況、ともすると錯乱状態になりうる空間、その中で己を保つことは並大抵なことではない。そんな中で自由とは何かと考えるよりも、まず、現実と向き合わねばならない。そんな中、ベアトリーチェ・チェンチは現実から目をそらさないで状況を打開しようとする。その打開策が「父親を亡き者にする」、この1点である。

↓↓↓ゲネプロの様子はコチラ↓↓↓

ベアトリーチェ・チェンチの肖像

ページ:

1

2 3 4 5 6 7 8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. KING OF PRISM -Over the Sunshine!-
  2. ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」
  3. 少女☆歌劇 レヴュースタァライト
  4. 超!脱獄歌劇「ナンバカ」
  5. 髑髏城の七人
  6. まじかるすいーとプリズム・ナナ ザ・スターリーステージ

おすすめ記事

  1. ハムレット
    「ハムレット」製作発表会、世界的演出家、ジョン・ケアード、シェイクスピアを大いに語る 1月10…
  2. 蜷川幸雄一周忌
    蜷川幸雄一周忌、『NINAGAWA・マクベス』世界ツアー “疾走するジジイであり続けたい” …
  3. 天下統一恋の乱
    人気舞台『人狼』が初の”外部出演”となる。しかもそこに掛け合わせるのは人気恋愛ドラマアプリ『天下統一…
  4. ノラガミ
    舞台「ノラガミ-神と絆-」 つながりを確かめ合う、それぞれの絆 あだちとか原作の人気コミック『ノ…
  5. 星屑バンプ
    THE CONVOY SHOW vol.33『星屑バンプ』 今村ねずみさんとフレッシュな若手の特別…

本日のスケジュール

カテゴリー

ページ上部へ戻る