【3.0レポート】Theater LOV第2回公演 「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」

ベアトリーチェ・チェンチの肖像

Theater LOV第2回公演
「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」

実在の人物であるベアトリーチェ・チェンチ、イタリアの貴族に生まれた女性、ローマで起こった父親殺し、その悲劇的な最期、文学、映画等芸術の題材として扱われてきた。暴力的で気性が荒く、不道徳な父親は手のつけようのない人物。彼の娘ベアトリーチェはもちろん、2番目の妻も、いわゆるドメスティック・バイオレンスを受け続けていた。容赦ない暴力に暴言、ベアトリーチェが父親に殺意を抱くのは必然だ。
膨大な台詞だが、ひとつひとつの言葉に重みがある。閉ざされた空間、彼女は自由を求めていたのか?、いや、それよりも先にそもそも自由とは何ぞや?ということが脳内にふつふつと沸き上がる。客観的に見れば不自由、いやそれ以上に抑圧された状況、ともすると錯乱状態になりうる空間、その中で己を保つことは並大抵なことではない。そんな中で自由とは何かと考えるよりも、まず、現実と向き合わねばならない。そんな中、ベアトリーチェ・チェンチは現実から目をそらさないで状況を打開しようとする。その打開策が「父親を亡き者にする」、この1点である。

↓↓↓ゲネプロの様子はコチラ↓↓↓

ベアトリーチェ・チェンチの肖像

ページ:

1

2 3 4 5 6 7 8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 新感覚ヴィジュアルブック「theater of fairytale」リリースイベント朗読会
  2. 舞台版『あいたま』
  3. ミュージカル「忍たま乱太郎」第9弾 再演 ~忍術学園陥落!夢のまた夢!?~
  4. 舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰
  5. 舞台『ジョーカー・ゲームII』
  6. 乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」

おすすめ記事

  1. ギャグマンガ日和
    シュールな設定、怒濤の展開 全員がテンションMAXのぶっちぎりで疾走! 2015年の初演時、“本…
  2. 私のホストちゃん
    舞台『私のホストちゃん REBORN ~絶唱!大阪ミナミ編~ 』 接客VR体験ムービー披露!すぐそ…
  3. ウズイチ旗揚げ公演『シャフ』
    イケメン演劇集団"ウズイチ"が、歌って、踊って、人力車を引く!? 旗揚げ公演『シャフ』が開幕!! …
  4. 「ダイヤのA」The LIVE IV  人気シリーズ「ダイヤのA」回数を重ね、The LIVE…
  5. 扉の向こう側
    『扉の向こう側』演出家・板垣恭一さん、特別コメント到着! イギリスを代表する喜劇作家アラン・エ…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る