【3.0レポート】「超歌舞伎」 新作「花街詞合鏡」

「超歌舞伎」 新作「花街詞合鏡」

昨年話題を呼んだ超歌舞伎「今昔饗宴千本桜」は、歌舞伎の代表的な演目である「義経千本桜」 と、ユーザーによってニコニコ動画に投稿され、いまや舞台、小説など さまざまなメディアで人気を集めるボーカロイド楽曲「千本桜」がコラボ レーションし創作されたオリジナルの新作歌舞伎、生身の人間とバーチャルキャラクターの共演、映像を使った演出、最新テクノロジーを駆使、とその斬新さでたちまち話題になり、ニコニコ生放送の累計視聴者数はおよそ16万人以上を記録した。そして「ACC CM FESTIVAL」 インタラクティブ部門 ブロンズ賞、「第 1 回クールジャパン・マッチングアワード」 グランプリ、「Digital Contents of the Year’16/第 22 回 AMD アワード」 大賞/総務大臣賞を受賞した。
今年の演目は「花街詞合鏡」、いわゆる世話物で花街で中村獅童演じる評判の男伊達、八重垣紋三と初音ミク演じる花魁、傾城初音太夫の恋物語である。
まずは発端、龍神塚の場、雷鳴が轟き、スクリーンいっぱいの映像、龍神塚に閉じ込められた青龍、悪の心を持つ蔭山新右衛門を呼び寄せて、その力を借りて再びこの世に甦る。青龍が乗り移った蔭山新右衛門は不思議な力を獲得する。しょっぱなから圧巻の映像演出!
この発端の後、中村獅童が登場、口上を行うが、ここで歌舞伎ではおなじみの「大向こう(屋号を叫ぶこと)」を説明、まず中村獅童の屋号は「萬屋」、國矢さんには「紀伊国屋」、初音ミクさんには「初音屋」、重音テトさんには「重音屋」、そしてこの歌舞伎の協賛および技術協力のNTTに関しては「『電話屋!』とお声がけください」と語り、観客席は大いに沸いた。

↓↓↓囲み会見の様子はコチラ↓↓↓

超歌舞伎

ページ:

1

2 3 4 5 6 7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ハピトリ
  2. 舞台「若様組まいる~若様とロマン~」
  3. 小松準弥
  4. 舞台「若様組まいる〜若様とロマン〜」
  5. 『刀剣乱舞』加州清光
  6. しょーたんとキキララのキラキラフェスタ

おすすめ記事

  1. 磯部磯兵衛
    『磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~天晴れ版』 プレイガイド先行:8月6日(土)10:00~ 一般…
  2. Animelo Summer Live 2018 制作発表会
    AnimeJapan2018 Animelo Summer Live 2018 制作発表会 3…
  3. 超進化ステージ「デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~」
    超進化ステージ「デジモンアドベンチャー tri. ~8月1日の冒険~」 1999年にテレビ放映…
  4. あにてれ × =LOVE ステージプロジェクト「けものフレンズ」
    あにてれ × =LOVE ステージプロジェクト「けものフレンズ」 =LOVEメンバー 12人大集結…
  5. 春のめざめ
    KAAT神奈川芸術劇場プロデュース 「春のめざめ」  2016年から芸術監督に就…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る