魔都夜曲

音楽劇『魔都夜曲』

--1939年、一人の貴公子ープリンスーが魔都上海に降り立ったJAZZの調べと硝煙渦巻く街角で、彼を待ち受ける美貌の女スパイとデスペラードたち歴史の陰に埋もれた、秘められた恋にスポットを当てるオリジナル音楽劇--

 
 

<作品概要>
1840年代、阿片戦争終結以降、中国の条約港には、欧米各国列強が租界(行政自治権や治外法権を持つ外国人居留地)を設けた。上海も、イギリス、アメリカ、日本などの共同租界とフランスの租界が存在し、外国人が多く住み、文化、建設物、など異国情緒が漂う華やかな近代貿易都市を形成していた。一方、アヘン売買も盛んで、町の所々にアヘンが蔓延し、現地の中国人たちは貧しさに生活にあえいでいる者も少なくなかった。
この物語の主人公・白河清隆には、モチーフになった実在の人物がいる。藤原家の血筋で、プリンストン大学ではゴルフ全米学生チャンピオンに輝き、その後、父・近衛文麿首相の秘書官を務め、出征後シベリア抑留中41才で亡くなった近衛文隆。彼のエピソードからインスピレーションを得て、多彩な人間ドラマが描き出された、オリジナル音楽劇が誕生する。
脚本は、濃密な人間ドラマを描き出し、演劇界を牽引するマキノノゾミ。演出は、大劇場からライブハウス公演まで幅広いジャンルの公演を手掛け、華やかさとエッジの効いた演出で、”今最も旬な演出家”と言って過言でない河原雅彦。主演は、時代劇『冬の絵空』で舞台デビュー後、蜷川幸雄演出『海辺のカフカ』日本公演・海外公演に出演、そして蜷川の遺作となった『尺には尺を』に主演した、藤木直人。映像から舞台まで活躍の幅を広げ、今まさに充実期を迎えている俳優。繊細な演技力と凛とした佇まいで、激動の時代に生きる”プリンス”をいかに演ずるか期待が高まる。ヒロインの紅花はマイコ。美貌、上品さと迫力を兼ね備えた演技力は、演劇界の次世代スターの呼び声も高い。今回も鮮烈な印象を残してくれることだろう。紅花の兄・志強は、2017年ミュージカル『フランケンシュタイン』の怪物・アンリ役で、歌唱力とその美しき怪物ぶりが好評を得た小西遼生が演ずる。「東洋のマタハリ」として名を馳せた実在の人物、川島芳子には壮一帆。宝塚雪組トップスターであった壮の”男装の麗人”ぶりが今から楽しみだ。クラブのピアノマン鳥谷にはこまつ座『木の上の軍隊』での演技が各所から高い評価を得た松下洸平。
そして、物語の舞台となるJAZZ CLUBの支配人であり、秘められた過去を感じさせる謎の男として、このドラマの影の狂言回しに扮するのが橋本さとし。その他、劇団四季出身『エビータ』『アイーダ』などでタイトルロールを歴任した秋夢乃、更に、コング桑田、春風ひとみ、山西惇、村井國夫、といった演劇界の実力派俳優がずらりと勢揃いし、華やかさと暗部を抱えた、1930年代の上海の、歴史に隠された秘めた恋と人間模様を、生のジャズバンドで、華やかに、そしてドラマティックに描き出す。

【ストーリー】
昭和14年(1939年)、三月。上海。共同租界の路地裏。フランスやイギリス、アメリカ、日本などの列強の租界地として、人種のるつぼとかしていた、エキゾチズム溢れる都市、上海。夜の租界を、暴漢に追われ走り抜ける三人の若い男女がいた。警笛とともに駆けつけた警官に連行されてゆく3人。白河清隆(藤木直人)、周志強(チョウ・チーチャン 小西遼生)、周紅花(チョウ・ホンファマイコ)。
翌朝、外交官の籾田守(山西惇)に引き取られ、清隆の済む「虹口(ほんきゅう)アパート」に戻って来た3人。虹口アパートは共同租界の日本人街にあり、管理人は口うるさいが気の良い芽衣(ヤーイー・春風ひとみ)。その応接室で、3人は老医師の西田勇(村井國夫)に手当を受けていた。
事の顛末は、清隆が、暴漢に襲われていた志強と紅花を助けた最中、暴漢達は逃げ、あべこべに被害者の3人が不当に逮捕されてしまった、ということらしい。
清隆の素性は、公家の血を引き日本政府の要人を父に持つ男。諸国を遊学し音楽や絵など芸術に親しんできたが、今は、日本からの送金を全て遊興に使う自堕落な生活を送っていた。上海には、日本と支那の関係の現状を学ぶように、との父からの指示で来たのだが、相変わらず遊び歩いていた。籾田はそんな清隆のお目付役を、父から仰せつかっていた。清隆は、明朗快活で屈託がないところが魅力的な青年だった。日本人街の開業医である西田も、そのような清隆の気質が好きで温かく見守っている一人であった。その清隆が行きがかり上、助けた男女は兄妹だった。兄の志強は亡父の跡を継いで、上海で貿易の仕事をしており、紅花はそんな兄と一緒に暮らし身の周りの世話をしている。二人は、中国人を父に持ち、母は日本人であった。
三人は、留置所で話すうちに、大いに意気投合した。
フランス租界のクラブ「ル・パシフィーク」には様々な人々が集まる。クラブの支配人、新田日出夫(橋本さとし)、陽気なボーイ・ジョージ(コング桑田)、ピアノ弾きの鳥谷良治(松下洸平)、そしてステージではクラブバンドの演奏に乗せ、歌姫の宇春(ウーチュン・秋夢乃)が歌う。そこにやってくる、清隆、志強、紅花。紅花と宇春は友人でもあった。クラブのあちこちでは、音楽談義も語られれば、直面する政情に熱を帯びた論議も起こり、ジャズの音色とともに、人々の思惑渦巻く不可思議な空間だった。そしてそこには謎の女——川島芳子(壮一帆)の姿も。
清隆、志強、紅花は、馬鹿馬鹿しくも美しい”上海の青春”といえる交友を深めてゆく。
紅花は清楚な外見からは予想がつかない自由奔放な一面ものぞかせ、清隆はそんな紅花にいつしか惹かれてゆく。
しかし、ふたりの恋には、それぞれの宿命が待っていた。
志強と紅花にはある秘密があった。
時は第二次世界大戦前夜。未だ目的が見出せなかった清隆も、彼の存在自体が持つ宿命により、容赦なく歴史の大いなる波に巻き込まれてゆく。
各国列強がにらみを利かせ思惑渦巻く都市・上海で、清隆は次第に自分のなすべきことに目覚めてゆく。
清隆と紅花、そして取り巻く人々の大いなるドラマが展開してゆく。

魔都夜曲

【公演概要】
cube 20th. presents 音楽劇『魔都夜曲』(読み方:まとやきょく)
作:マキノノゾミ
演出:河原雅彦
出演:藤木直人 マイコ 小西遼生 壮一帆 松下洸平 秋夢乃 高嶋菜七 浜崎香帆
中谷優心 キッド咲麗花 村上貴亮 吉岡麻由子 前田悟 板倉チヒロ
田鍋謙一郎 奥田達士 コング桑田 春風ひとみ 山西惇 村井國夫 橋本さとし

<東京公演>
2017年7月7日(金)〜7月29日(土) Bunkamura シアターコクーン
チケット一般発売:2017年5月13日(土)
チケット取扱い:
◎チケットぴあ
●電話受付:発売初日特電:0570-02-9930(Pコード不要/5月13日(土)10:00~23:59) 0570-02-9999(Pコード:458-337)
●ネット予約:http://w.pia.jp/t/matoyakyoku/ (PC/携帯共通)
●セブン-イレブン、サークルK・サンクス、チケットぴあ店舗でも直接販売

◎イープラス
http://eplus.jp/matoyakyoku/ (パソコン・携帯)
●ファミリーマート各店舗Famiポート

◎ローソンチケット
●電話受付:売初日特電:0570-084-636(5月13日(土)10:00~23:59)
0570-084-003(音声自動応答・要Lコード Lコード:33088)0570-000-407(オペレーター)
●ネット予約:http://l-tike.com/matoyakyoku
●ローソン・ミニストップ店頭Loppi

◎Bunkamura
●Bunkamuraチケットセンター 03-3477-9999(10:00~17:30)
●オンラインチケットMY Bunkamura http://www.bunkamura.co.jp/mybunkamura/

【要事前登録・PC&スマートフォン】
●Bunkamuraチケットカウンター(Bunkamura 1F/10:00~19:00)
※発売初日の取り扱いはございません。
●東急シアターオーブチケットカウンター(渋谷ヒカリエ 2F/11:00~19:00)
※発売初日の取り扱いはございません。

お問い合わせ:キューブ03-5485-2252(平日12:00〜18:00)
主催/企画・製作 株式会社キューブ

<愛知公演>
8月5日(土)〜8月6日(日)刈谷市総合文化センター 大ホール
公演日時:2017年8月5日(土)17時(浜崎)、※終演後、アフタートークあり
8月6日(日)13時(高嶋)※( )内表記は、李香蘭役ダブルキャスト
会場:刈谷市総合文化センター アイリス
料金(税込):プレミアムシート 15,000円
※プレミアムシートは前方限定、オリジナルお土産(当日お渡し予定)をお付けいたします。
S席 11,000円 A席 8,500円
チケット一般発売:2017年5月13日(土)

お問い合わせ:
キョードー東海 052-972-7466(10:00~19:00、日・祝休み)
主催:キューブ/キョードー東海
共催:刈谷市/刈谷市教育委員会/刈谷市総合文化センター(KCSN共同事業体)

<大阪公演>
8月9日(水)〜8月13日(日) サンケイホールブリーゼ
公演日時 :2017年 8月 9日(水)19時(高嶋)
8月10日(木)19時(浜崎)
8月11日(金・祝)13時(高嶋) ※終演後、アフタートークあり
8月12日(土)12時(浜崎)/17時(高嶋)
8月13日(日)12時(浜崎)
※( )内表記は、李香蘭役ダブルキャスト
会場:サンケイホールブリーゼ
料金(税込):プレミアムシート 15,000円
※プレミアムシートは前方限定、オリジナルお土産(当日お渡し予定)をお付けいたします。
S席 11,000円 A席 8,500円 ブリーゼシート 5,000円
チケット一般発売:2017年5月20日(土)
お問い合わせ:ブリーゼチケットセンター 06-6341-8888 (11:00~18:00)
主催:サンケイホールブリーゼ/キューブ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 天国の脚本家 冴嶋コーキ
  2. 舞台『炎の蜃気楼昭和編 紅蓮坂ブルース』
  3. RICE on STAGE「ラブ米」
  4. 舞台「『ポセイドンの牙』Version蛤」
  5. RICE on STAGE「ラブ米」
  6. 財木琢磨

おすすめ記事

  1. 露出狂
    『露出狂』新進気鋭俳優総勢32名 公演に向けてワークショップ&稽古! 台風のため天候不順な都…
  2. 上野パンダ島ビキニーズ
    「上野パンダ島ビキニーズ」は芝居に歌にダンスに! 身体を張って大熱演! 舞台開幕とほぼ同…
  3. 野良女
    泡盛片手に製作発表!!?? 舞台「野良女」上演記念 「野良トーーーーーク」 「絶対、面白いモノ…
  4. グッバイマイダーリン★
    音楽座ミュージカル「グッバイマイダーリン★」 喪失は決して悲しいことではない、そこから…
  5. ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」
    ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“進化の夏” インターハイ予選で惜しくも青葉城西…
10月 2017
« 9月   11月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

本日のスケジュール

カテゴリー

ページ上部へ戻る