【レポート】ミュージカル『魔女の宅急便』、演出家・岸本功喜さんより特別コメント到着!

魔女の宅急便
魔女の宅急便

キキ役:上白石萌歌

魔女の宅急便

ミュージカル『魔女の宅急便』
演出家・岸本功喜さんより特別コメント到着!

『魔女の宅急便』、1989年に宮崎駿監督によってアニメ映画化されたが、これが大ヒットしたのは周知の通り。原作は角野栄子による児童書、シリーズ1作目『魔女の宅急便』は主人公のキキが両親の元を離れて知らない街で魔女として一人立ちをする姿を描いている。この作品はシリーズ化され、2009年に最終巻『魔女の宅急便その6それぞれの旅立ち』が刊行され、シリーズは完結、また2014年清水崇監督により実写化もされている。なお、ナレーションは原作者の角野栄子。
ミュージカル化は1993年、演出に蜷川幸雄を迎えての上演、その後、何度か上演を果たしたが、今回の上演は久しぶり、しかも脚本・演出が新しくなる。今回、原作者より“お墨付き”を頂いた演出の岸本功喜さんより特別コメントが到着!
 

--あまりにも有名な作品『魔女の宅急便』ですが、最初の“魔女宅”体験は?

 
岸本:アニメーションで作品を知って、本屋さんで原作本を見つけて夢中になって読みました。この素敵な世界観に引き込まれ、当時から勝手に妄想を膨らませて楽しんでいました。
 

--この作品(原作)の良さは?ストーリーもさることながら、主人公のキキがいろんな体験を経てたくましくなっていきますが。

 
岸本:これは原作の角野先生の真骨頂だと思いますが、とにかく作品を押し付けない。読者それぞれの解釈と想像で楽しめる余白と綺麗な言葉と繊細なキキの心情の描写が絶妙なんです。読み手によって全く印象が変わる作品であり、読む時期によっても全然違うインスピレーションを与えてくれる不思議な作品です。そして全6巻の壮大なキキの人生、キキの成長をご自身の感性で楽しんでいただけると思います。
 

--キャストさんの魅力は?

 
岸本:まず、今回舞台化するにあたって僕のイメージしていた以上の魅力的なキャスティングが出来たと思います。
そして主演の二人がとにかくフレッシュ!!
あとキャストの皆さんみんな歌が上手で、
演出家としてどうかと思いますが、稽古でもつい聴き入ってしまいます。
本やアニメや実写映画と違って、お客さんの目の前に立って同じ空間で生身の人間が演じるわけですから、そのキャストさんの存在自体に説得力がないといけません。しかしお会いした瞬間からそれぞれのキャラクターの雰囲気がビシビシ伝わってきて、純粋にお稽古が楽しみすぎてワクワクしてしまいました。
 

--今回の舞台の見どころは?ネタバレにならない程度に。

 
岸本:やはり『魔女の宅急便』といえばキキの成長の物語ですが、今回はトンボとの恋にもかなりフォーカスしています。舞台でフレッシュな二人が作り出す、甘酸っぱい初々しい空気感を是非味わっていただきたいです。そしてもちろん二人には舞台オリジナルの試練も用意してありますので楽しみにしていてください。
他にも魅力的なキャラクターがたくさん出てきますので、是非劇場でお気に入りのキャラを見つけてくださいね。
 

--決まり質問で恐縮です、公演PRをお願いいたします。

 
普段ミュージカルをあまり見ない方にも楽しんでいただけるように、そして舞台でも長く愛される作品になるようにキャストスタッフ心を込めてお稽古しています!
個性豊かなキャストで新しく生まれ変わったミュージカル「魔女の宅急便」是非観に来てください。劇場でお待ちしてます!
 

--お忙しいところ、ありがとうございます。

 

魔女の宅急便

プロフィール

岸本功喜(きしもと こうき) 
2004年神戸大学大学院在学中に劇団四季に合格・入団。
「ライオンキング」をはじめとするさまざまな作品に出演。
その後、アークスインターナショナルを立ち上げ、全国各地で様々なジャンルでの演出・振付を行う。
2012年に原作者:角野栄子さんの作品「ズボン船長」をミュージカル化。2012年から2016年まで東京・大阪にて上演している。

魔女の宅急便

【公演データ】

ミュージカル『魔女の宅急便』
原作・監修:角野栄子(「魔女の宅急便」福音館書店刊)
脚本・演出・振付:岸本功喜
作曲:小島良太

【出演】
キキ:上白石萌歌、トンボ:阿部顕嵐(ジャニーズJr.)、おソノ:白羽ゆり、コキリ:岩崎ひろみ、オキノ:横山だいすけ/中井智彦(Wキャスト)、フクオ:藤原一裕、なだぎ武(Wキャスト)他

<東京公演>
2017年6月1日(木)〜4日(日)  
 新国立劇場・中劇場
企画製作: アークスインターナショナル/フジテレビジョン
主  催: フジテレビジョン/アークスインターナショナル
<大阪公演>
2017年8月31日(木)〜9月3日(日)
梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ
企画製作: アークスインターナショナル/フジテレビジョン
主  催: 朝日放送/アークスインターナショナル

http://www.musical-majotaku.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. “Pretty Guardian Sailor Moon” The Super Live
  2. 舞台「鉄コン筋クリート」
  3. ミュージカル「また、必ず会おう」と誰もが言った。
  4. ニル・アドミラリの天秤
  5. 喜劇「おそ松さん」
  6. 映画『メサイア—幻夜乃刻—』

おすすめ記事

  1. ミュージカル『パジャマゲーム』
    ミュージカル『パジャマゲーム』 初演以来、ブロードウェイで1000回以上も上演され、トニー賞も…
  2. 浅草軽演劇集団・ウズイチ
    浅草軽演劇集団・ウズイチ 第二期公演『シャフ』が遂に千秋楽迎える!! レプロエンタテインメン…
  3. 磯部磯兵衛物語
    舞台「磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~」再演決定 こんどは「天晴版」 再演決定にあたり、…
  4. 舞台「真・三國無双 官渡の戦い」
    舞台「真・三國無双 官渡の戦い」東京公演開幕!! 4月26日全労済ホール/スペース・ゼロにて『…
  5. Théâtre de Candy Boy 第一回公演『BON BON』
    エンターテイメント集団“Candy Boy”初の舞台公演「Théâtre de Candy Boy…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る