東野圭吾大ベストセラー小説『ナミヤ雑貨店の奇蹟』中国にて待望の舞台化!

ナミヤ雑貨店の奇蹟

全世界累計500万部突破!
東野圭吾大ベストセラー小説
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
2017年秋、中国にて待望の舞台化!

アニメやゲーム等、日本のエンターテイメントコンテンツを中国に展開する株式会社アクセスブライト(本社:東京都港区、代表取締役社長:柏口之宏)は、株式会社KADOKAWA(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:松原眞樹)から許諾を受け、全世界累計発行部数が500万部を突破している東野圭吾原作『ナミヤ雑貨店の奇蹟』の舞台化公演を2017年10月27日から11月19日まで上海、2018年2月から北京・深圳・杭州・寧波・重慶・成都等中国大都市にて順次上演致します。アクセスブライトは、本舞台化を皮切りに中国でのライブエンターテイメント事業へ本格進出してまいります。

東野圭吾史上、最も泣ける!
本作は、 2012年の発売以来、謎めいたストーリーと、ファンタジックな展開の最後に訪れる深い感動が瞬く間に話題を呼び、「東野圭吾史上最も泣ける感動作」として高い支持を得ているベストセラー作品です。国内のみならず海外でも評判高く、中国においては2015年以降、常にトップ5に入る大ベストセラーとなっています。日本での2017年秋映画公開及び中国での映画化も決定しており、今回は中国ファン待望の舞台化が決定しました!また本公演は、中国在住の日本人ファンの方々向けに日本語字幕付きで上演致します。

中国演劇界若手No.1「劉方祺」が監督!
監督をつとめるのは、中国で大ヒットロングランを続けている人気小説「盗墓筆記」の舞台化、SF名作「三体」の舞台化の監督を手掛ける中国演劇界若手No.1監督の「劉方祺」です。監督の作品は累計興収が2億元を超えており、中国で最も興収力のある監督の1人です。「劉方祺」作品のファンは30歳以下が多く、中国で「ネット時代生まれ」のファンを最も多く抱える舞台劇監督でもあります。SFファンタジー、ブロードウェイ作品等、数々の舞台を作り上げてきた中国新進気鋭の舞台演出家「劉方祺」が、このタイムスリップ物語をどんな演出で舞台化するのか、期待が高まります。

ナミヤ雑貨店の奇蹟


「劉方祺」監督コメント

「ナミヤ雑貨店の奇蹟」という暖かい作品を作って頂いた東野圭吾先生に大変感謝しております。初めて原作を読んだ時に、深く感動して何度も涙がこぼれました。読む度に新しい感動がもらえます。この素晴らしい作品を舞台化するチャンスに恵まれて、とても光栄です。
小説で描かれる時空の交わりと心に刻まれる登場人物の感情を、舞台上で最大限に表現し、必ずたくさんの期待に応えます。


 
 
ナミヤ雑貨店の奇蹟

 

 
<公演概要>
■原作:東野圭吾
『ナミヤ雑貨店の奇蹟』(角川文庫刊行)
■監督:劉方祺
■日時・会場
2017年10月27日-11月19日
上海兰心大戏院
2018年2月~(予定)
北京、深圳、杭州、寧波・重慶・成都等
■共同制作・主催
株式会社アクセスブライト
上海祺天文化发展有限公司

<ストーリー>
2012年。少年時代を養護施設で過ごした敦也は、幼馴染の翔太、幸平と悪事を働いて1軒の廃屋に逃げ込む。そこはかつて人々が悩み相談をすることで知られていた「ナミヤ雑貨店」だった。今はもう廃業しているはずだったが、シャッターの郵便受けに何かが投げ込まれる音を聞く。それは、悩みを持つ人からの相談の手紙だった。何と、その手紙は1980年に書かれたものだった。敦也たちは戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書く。次第に明らかになる雑貨店の秘密と、その背景にある敦也たちがいた養護施設と浪矢の知られざる関係。そして、これまで誰かの為に何かを真剣に考えたことなど一度もなかった3人が気付いていく他者とのつながり。敦也たちが雑貨店の秘密をすべて知った時、1980年にいる浪矢との手紙のやり取りでもう一度再生する希望をもつ。悩みを相談した人々をつなぐ奇妙な運命。その日、敦也たちに起きたのは、時空を超えたたった一夜だけの奇蹟だった。

アクセスブライトは中国市場から日本のコンテンツ産業に寄与することを目指し、2011年9月より、スマートフォン向けゲーム、映像コンテンツ、ライブといったIP・コンテンツの中国市場進出および現地での制作・配信をしています。今後も日本のIP・コンテンツを活用しながら徹底した現地化を行い、多くの中国のみなさまに楽しんでいただけるようなコンテンツ展開、イベント開催に取り組むとともに、日本コンテンツのビジネス機会の創出と拡大を図ってまいります。

《株式会社アクセスブライト 会社概要》
会社名:株式会社アクセスブライト
設 立:2011年9月
代表者:代表取締役 柏口之宏
資本金:6億8,071万円(資本準備金含む)
所在地:東京都港区港南2-16-1 品川イーストワンタワービル3階
URL:http://accessbright.com/
主な事業内容:中国におけるゲーム・映画・ドラマ・舞台・ライブの企画・製作・配信・運営、
および中国コンテンツの日本での展開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. ダニーと紺碧の海
  2. リトル・ヴォイス
  3. 男水!
  4. のど自慢
  5. FILL-IN
  6. ドラゴンクエスト

おすすめ記事

  1. チア男子
    Live Performance Stage「チア男子!!」 チアを通じて自己革命、チーム名も“B…
  2. ツキウタ
    2.5次元ダンスライブ『ツキウタ。』ステージ 通称2.5次元舞台やライブが好調だ。今年に…
  3. ツキステ。
    ↓↓↓ 公演レポートはこちら ↓↓↓ http://25news.jp/?p=12353 …
  4. 王家の紋章
    ミュージカル『王家の紋章』 公式写真掲載!! 公式の場面写真が届きました!! …
  5. スーツの男たち
    「スーツの男たち」 (“Men in Suits―Three Plays about the Ma…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る