刀剣乱舞

【レポート】舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜

舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜

『刀剣乱舞』の舞台版、ミュージカルもストレートプレイも絶好調!である。
日本刀や日本の歴史ものや妖(あやかし)を扱った作品は、基本的に日本の文化や風土、また古くから語り継がれている言い伝えや宗教等に根ざしたものが多く、それだけ日本人には親しみやすいと言えよう。また、最近では「クール・ジャパン」という言葉に代表されるが、日本的なものが海外にも好評で、この「刀剣乱舞」もそうだが、食べ物や酒に至るまで、日本文化は人気が高い。
日本刀についてだが、古くから「刀には魂が宿っている」と言われている。また「刀は武士の魂」とも言う。それは心が入っている、ということを意味する。また鍛治師は日本刀に心がなくならないようにと念じて打ち、その心がなくならないように武士は日々、心を研ぎすまして精進をする。

刀剣乱舞

関連記事一覧

  • コメント ( 2 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. 。。。

    もうご指摘があったとは思いますが早乙女じょうじさんは「細川忠興」役ですね^^

  2. Info25NEWS

    @。。。

    ご指摘ありがとうございます。
    訂正いたしました。

    【誤】片倉小十郎(早乙女じょうじ)→ 【正】細川忠興(早乙女じょうじ)