【3.0レポート】スタジオライフ公演『THE SMALL POPPIES』

THE SMALL POPPIES

スタジオライフ公演『THE SMALL POPPIES』

主な登場人物は5歳の子供で日本なら幼稚園の年中組、といったところだろうか。物語の舞台はオーストラリアで、小学校に入る前に読み書きや数字の数え方を学ぶために1年間の準備学級が設けられているが、そこに入る3人の子供の話。メインの登場人物はクリント、レップ、テオ。レップは姉と一緒にカンボジアから来た難民、言葉も文化も異なるところでいきなり集団生活をすることになる。
オーストラリアは移民で成り立っている国、1606年にオランダ人がこの大陸に到達したが、1828年にイギリスの植民地となり、先住民族から土地を取り上げた。1850年代にはゴールドラッシュ、中国系移民を排斥する動きが起こり白豪主義となった。戦後は白人移民は減り、人口増加が鈍化したため、1980年代からは世界中から移民を受け入れるようになり、多文化主義へと移行、朝鮮戦争やベトナム戦争にも積極的に参加し、その後ベトナム移民を多く受け入れた。ちなみに2003年のイラク戦争にも参加している。この作品が書かれたのもちょうどこの頃、1986年、イギリスで初演されている。

THE SMALL POPPIES

Kangarooチーム

ページ:

1

2 3 4 5 6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 劇団アニメ座ハイブリットー舞台俳優は伊達じゃない!ー
  2. 怪奇幻想歌劇「笑う吸血鬼」
  3. ミュージカル「ROMALE~ロマを生き抜いた女カルメン~」
  4. RICE on STAGE「ラブ米」~I'll give you rice~
  5. 舞台「雲のむこう、約束の場所」
  6. イケメン戦国 THE STAGE ~織田信長編~

おすすめ記事

  1. 人間風車
    PARCO & CUBE 20th Present 『人間風車』 舞台『人間風車』は、後藤ひ…
  2. 王室教師ハイネ-THE MUSICAL-
    「王室教師ハイネ-THE MUSICAL-」 幕開きの楽曲はワルツ、王室が物語の主な場所なので…
  3. スーツの男たち
    「スーツの男たち」 (“Men in Suits―Three Plays about the Ma…
  4. 永井豪×オーケストラ ダイナミックコンサート
    ほんとに、聴くだけで色んなシーンが浮かんでくる。 色んな物語が、聴く人それぞれの中で浮かんでくるん…
  5. Pukul
    Cosmos Symphony 『Pukul』-時を刻む愛の鼓動- 斬新な振付と構成で多くの話題作…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る