【3.0レポート】劇団☆新感線『髑髏城の七人』松山ケンイチの3D人形も参加の制作発表会!

髑髏城の七人

ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 Produced by TBS
松山ケンイチの3D人形も参加の制作発表会、今回のキーワードは“影武者”

3月30日(木)に豊洲にオープンした「IHIステージアラウンド東京」は、1300人以上もの観客を乗せて360°回転する円形の客席を劇場中央に配置し、その周囲をステージとスクリーンがぐるりと取り囲むという斬新かつ壮大なシステムで大きな話題となっている。このシステムを持つ劇場は、2010年にオランダのアムステルダムで誕生し、本劇場は世界で2番目のオープンである。

こけら落とし公演として上演中の演目『髑髏城の七人』は、劇団☆新感線主宰・いのうえひでのりによる演出、座付き作家・中島かずき が手掛けた脚本で、 1990年、1997年、2004年、2011年と7年ごとに上演されてきた劇団☆新感線の代表作。2017年から7年ごとの年に あたる2018年までを“花・鳥・風・月”の4シーズンに分け、シーズンごとに全て異なるキャスト、脚本・演出も練り直され、全く違ったアプローチ の『髑髏城の七人』を上演する。
大きな話題を呼んだ“Season花”、現在絶賛上演中の“Season鳥”に続く第三弾、“Season風”では、『髑髏城の七人』ファン待望の一人二 役バージョンが13年ぶりに復活。[捨之介]とその敵役[天魔王]の二役に挑むのは、劇団☆新感線に2回目の出演となる松山ケンイチ。真逆のキャラクターを演じるギャップは注目!そして、本公演には劇団☆新感線初参加の新しい顔ぶれが多く、[蘭兵衛] に向井理、[極楽太夫]に田中麗奈、[沙霧]に岸井ゆきの、満を持して[狸穴二郎衛門]で生瀬勝久が出演。[兵庫]には新感線には 4回目の参加となる山内圭哉、劇団からは橋本じゅんが初役となる[贋鉄斎]に挑みます。物語の世界へとリアルに没入できる新感覚の 劇場に加え、一人二役バージョンの復活で、これまでとさらにガラリと雰囲気が変わる。

髑髏城の七人

ページ:

1

2 3 4 5 6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』
  2. DISH//
  3. 崎山つばさ
  4. 舞台『モブサイコ100』~裏対裏~
  5. 舞台「DIVE!!」The STAGE!!

おすすめ記事

  1. 王室教師ハイネ
    【アニメジャパン・イベント】 「TVアニメ王室教師ハイネ プリンスステージ」 アフレコから皆…
  2. 永井豪×オーケストラ ダイナミックコンサート 
    世界に発信・劇場版アニソンワールド 永井豪×オーケストラ ダイナミックコンサート ~映像とオーケ…
  3. ツキウタ
    2.5次元ダンスライブ『ツキウタ。』ステージ 通称2.5次元舞台やライブが好調だ。今年に…
  4. asiapan
    新生コンボイショウ、「asiapan」、稽古快調、順調! THE CONVOY(ザ・コンボイ)は「…
  5. イケメン戦国 THE STAGE ~織田信長編~
    イケメン戦国 THE STAGE ~織田信長編~ (幸福ルート) 4月5日(木)シアター101…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る