幽劇

そしてまず物語を始める前に……設定の説明、まず、普通に生きている人間がいる「この世」、死んだ人がいくところの「あの世」そして、今回の物語のカギとなる場所「霊界」。そう「霊界」は成仏出来なかった霊がいる場所、そうこの物語の言葉を借りれば「大きな忘れ物」をしている霊、である。そして味方良介演じるキャラクターは生前は神主だったとのことだ。この神主は生前、地上げ屋に殺されてしまったという設定、これはいわくありげだ。
この霊界には超個性的な霊が4人いた。一見、クールでスタイリッシュな4人、彼らの過去(生前)が明かされる。クールな見た目と裏腹な過去、熱い心も感じる。このギャップがなんとも言えない。そしておのれの意に反して命を落としたが、成仏出来ないのも頷ける。「この世」に残してきた想いと残してきた人、そんな過去と向き合うことによって見えてくるものがある。「死んでも死んでも死にきれねぇ〜〜〜」と叫ぶ。ちょっと心に刺さる言葉だ。人は死ぬ瞬間に何を想い、何を感じるのだろうか?そんなことを観客に問いかける。
そんな哲学的な問いかけを“エンターテイメント”にして見せる。かなり高度な殺陣とアクションを見せてくれる俳優陣、皆、身体のキレも良く、縦横無尽に動き回る。効果音や照明でそれを縁取る。アンサンブル陣の動きもセンス良く、殺しの凄惨な場面であるはずなのにクールで颯爽としている。そんな彼らの“結末”は……観てのお楽しみだ。

幽劇

ラストのカーテンコール的な場面、1人1人のキャラクターの“その後”を端的にアナウンスするが、ちょっとお茶目なアナウンスもあり、ここはクスリと笑える瞬間、夏は怪談話とか幽霊話は季節の風物詩でどちらかと言うと「キャー〜怖い〜!!!」という絶叫モノが定番だが、こんなかっこいい幽霊話、夏のひとときには一服の清涼剤だ。
幽劇

ページ:
1 2

3

4 5 6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. まじかるすいーとプリズム・ナナ ザ・スターリーステージ
  2. 超!脱獄歌劇「ナンバカ」
  3. 髑髏城の七人
  4. ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」
  5. 少女☆歌劇 レヴュースタァライト
  6. KING OF PRISM -Over the Sunshine!-

おすすめ記事

  1. 財木琢磨
    財木琢磨、海外で初の単独イベントを開催 台湾でのファンミーティングにて大勢のファンが集結 ミ…
  2. ツキステ
     夜は「そりくべ祭」、サブタイトルは“横浜わっしょい!パシフィコ横浜国立大ホールでお祭り…
  3. 『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Judge of Knights~
    『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』 ~Judge of Knights~ 本日、…
  4. マンマ・ミーア!
    『マンマ・ミーア!』 1970年代に『ダンシング・クイーン』等のメガヒットで世界を席巻したAB…
  5. ツキクラ
    「TSUKINO CROWD FESTIVAL 2016 WINTER」(クラフェス) 新曲披露、…

本日のスケジュール

カテゴリー

ページ上部へ戻る