【3.0リリース】孤児たちの共生と再生を描く「オーファンズ」

オーファンズ

「オーファンズ」

作:ライル・ケスラー 翻訳:小田島恒志 上演台本・演出:マキノノゾミ
[出 演] 細貝圭 佐藤祐基 加藤虎ノ介

◆兵庫公演
2017年10月14日(土)・15日(日)
兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール
兵庫公演主催 : 兵庫県、兵庫県立芸術文化センター

◆東京公演
2017年10月18日(水)~22日(日)
草月ホール
東京公演主催 : サンライズプロモーション東京

共同製作:サンライズプロモーション東京  兵庫県立芸術文化センター

【INTRODUCTION】

孤児たちの共生と再生を描く「オーファンズ」

蝕まれた心が愛によって癒されていく、というテーマで書かれた、ライル・ケスラー脚本による傑作舞台「オーファンズ」。ロサンゼルスやニューヨークで脚本家、俳優、演出家として活動するライル・ケスラーは、長きにわたり、イマジネーションワークショップを主宰。精神科の入院患者や、ケアの必要な子供たちを対象に、演劇を通じた活動を行っています。本作は、そのような活動の中で様々な心の触れ合いを見てきた、彼ならではの作品です。

30年以上、世界各国で上演されるトニー賞ノミネート作品

1983年のロサンゼルス初演以後、イギリス、トルコ、ポーランド、メキシコ、ギリシャ、イタリア、フィンランドなどで上演。世界各国で話題を呼び、成功を収めてきました。1987年には米国で映画化もされ、名優のアルバート・フィニーやマシュー・モディーンが出演しています。2013年には、演劇界の最高峰トニー賞のリバイバル作品と主演男優賞にノミネート。今もなお、不朽の名作として愛されています。

日本でも多くの名だたる俳優たちが熱演

日本初演は、1986年の劇団四季公演。当時の看板俳優であった市村正親が主演を務め、好評を博しました。そのほか、2000年に栗田芳宏の演出で、椎名桔平、伊藤高史、根津甚八が出演、2010年に小川絵梨子の演出で、吉原光夫らが出演。近年では、2016年に宮田慶子の演出で、柳下大、平埜生成、高橋和也が出演しました。時代ごとに、気鋭の俳優たちと演出家により創り上げられ、観客の心を掴んでいます。

2017年版「オーファンズ」、秋の上演が決定!

今回、兵庫と東京で上演される本作では、映画「新宿スワン」など多くの話題作で活躍する細貝圭、ドラマ「ごくせん」でデビュー後、「仮面ライダーカブト」等でも人気を得た佐藤祐基、そして、連続テレビ小説「ちりとてちん」でブレイクした後も、数々の映画やテレビでも活躍中の加藤虎ノ介の3人が挑みます。話題性とともに、舞台での実力も抜群に兼ね備えた彼らが、繊細ながらも濃密なドラマを紡ぎだします。

上演台本・演出をマキノノゾミが手掛ける

30年もの間、連続テレビ小説「まんてん」や映画「真田十勇士」(ともに脚本)など、国内外あらゆる作品の戯曲や演出を担当、受賞歴多数のマキノノゾミ。時代を超えて名作を世に送り出してきたマキノが、名作「オーファンズ」を現代版として浮かび上がらせます。

【CAST PROFILE】

細貝圭(ほそがい・けい)
1984年10月10日生まれ 東京都出身
幼少期から14年間米国で生活し、2008年にミュージカル「テニスの王子様」でデビュー。以後、舞台「戦国BASARA」(10~13)やTVドラマ「海賊戦隊ゴーカイジャー」(11~12・EX)など、多数の舞台や映像作品に出演。そのほか、バンド「ココア男。」のメンバーとしての音楽活動(10~12)や、ゲームアプリ「あんさんぶるスターズ」(14~)のアフレコなど、活躍の場は多岐にわたる。主な出演作品は、【舞台】「マルガリータ~戦国の天使たち~」(14)、「新・幕末純情伝」(16~17)、「パタリロ!」(16)、「デルフィニア戦記」「剣豪将軍義輝~星を継ぎし者たちへ~」(17)、【映画】「新宿スワン」(15)、【TVドラマ】「サヨナラ、えなりくん」(17・TX)など。

佐藤祐基(さとう・ゆうき)
1984年2月22日生まれ 東京都出身
2005年にTVドラマ「ごくせん」(NTV)でデビュー。TVドラマ「仮面ライダーカブト」(06~07・EX)や「白と黒」(08・CX)で話題を呼び、人気を集める。初舞台の「ブラウニング・バージョン」(05)以後、舞台出演作も数多い。16年には、Air studioプロデュース公演「蒼い季節」で演出を手掛けた。主な出演作品は、【舞台】「トロイラスとクレシダ」(12)、タクフェス春のコメディ祭!「わらいのまち」(17)、【映画】「新宿スワン2」(17)、【TVドラマ】「水族館ガール」(16・NHK)、宮部みゆき サスペンス「模倣犯」(16・TX)、「警部補・碓氷弘一~殺しのエチュード~」(17・EX)、「貴族探偵」(17・CX)、【配信】「ガキ☆ロック~浅草六区人情物語~」(17・Amazonプライム・ビデオ)など。

加藤虎ノ介(かとう・とらのすけ)
1974年10月20日生まれ 大阪府出身
大阪で舞台を中心に活動中、NHK連続テレビ小説「ちりとてちん」(07~08)で徒然亭四草役に抜擢され、脚光を浴びる。以後、多数の映画、舞台で活躍。13年には、舞台「国語の時間」(第21回読売演劇大賞優秀作品賞受賞)で主演を務めるなど、着実にキャリアを積んでいる。主な出演作品は、【舞台】「OPUS/作品」「交響劇 船に乗れ!」(13)、「休暇」(14)、【映画】「64-ロクヨン-」(16)、【TVドラマ】「平清盛」(12・NHK)、「おみやさん SP2」(16・EX)、「夏目漱石の妻」(16・NHK)、「人間の証明」(17・EX)、【ラジオドラマ】「遥かなり、ニュータウン」(16・NHK FM)、「ロボット・イン・ザ・ガーデン」(17・NHK FM)など。

【CREATOR PROFILE】

【上演台本・演出】 マキノノゾミ(マキノ・ノゾミ) 
1959年9月29日生まれ 静岡県出身
劇作家・脚本家・演出家・俳優。劇団M.O.P.主宰(1984年旗揚げ・2010年解散)。外部の舞台でも作・演出を手掛け、幅広く活動している。02~03年には、 NHK連続テレビ小説「まんてん」の脚本を執筆した。第21回読売演劇大賞優秀演出家賞(01・「怒涛」)、第36回紀伊国屋演劇賞個人賞(01・「黒いハンカチーフ」「赤シャツ」)他、受賞多数。17年は音楽劇「大悪名 The badboys Last Stand!」(主演:沢田研二)を作・演出、「ローマの休日」(出演:吉田栄作、朝海ひかる 他)の脚本・演出を担当している。そのほか主な作品は、【舞台】「MOTHER」(94・08/戯曲)、「殿様と私」(07・10・11・13/戯曲)、音楽劇「お嬢さんお手上げだ」(12・15/戯曲・演出)など。

【STORY】

フィラデルフィアの廃屋で暮らすトリート(細貝圭)とフィリップ(佐藤祐基)の孤児兄弟は、凶暴な性格の兄トリートが臆病な弟フィリップを外の世界に出さず、トリートの稼ぎだけで生活をしていた。そこに、やくざ者のハロルド(加藤虎ノ介)が迷い込み、彼もまた孤児だったことから3人に疑似家族のような日々が訪れる。

ハロルドはかつて自分がされたことを返すかのように、若い二人にさまざま事を教えていく。フィリップの中でトリートの存在は少しずつ薄れていき、やがてトリートは孤独感にさいなまれてしまう。

孤児(オーファン)との共生によって再生する孤児たち(オーファンズ)の物語の向かう先とは・・・。

オーファンズ

【OUTLINE】

公演タイトル :「オーファンズ」
作  :ライル・ケスラー
翻訳         :小田島恒志
上演台本・演出  :マキノノゾミ
出演  :細貝圭 佐藤祐基 加藤虎ノ介
公式サイト :http://www.orphans-stage.com

〇兵庫公演
2017年10月14日(土)・15日(日)
会場 : 兵庫県立芸術文化センター阪急中ホール 
一般発売 : 7月29日(土) 
入場料金 : 6,000円(税込・全席指定)
※14日終演後アフタートークを予定。(演出家・出演者3名)

お問い合わせ :芸術文化センターチケットオフィス:0798-68-0255(10:00~17:00月曜休)

〇東京公演
2017年10月18日(水)~22日(日)
会場 : 草月ホール    
一般発売 : 8月11日(金・祝) 
入場料金: 6,500円(税込・全席指定)
※19日終演後と21日夜公演終演後にアフタートークを予定(演出家・出演者3名)
東京公演主催 :サンライズプロモーション東京  

お問い合わせ :サンライズプロモーション東京:0570-00-3337(全日10:00~18:00)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 舞台『ジョン万次郎』
  2. 舞台『乱歩奇譚 Game of Laplace ~パノラマ島の怪人~』
  3. 原嶋元久
  4. 舞台「おおきく振りかぶって」
  5. 舞台「信長の野望・大志 ー春の陣ー 天下布武 ~金泥の首編~」
  6. 舞台「クレスト☆シザーズ」

おすすめ記事

  1. 舞台「イムリ」
    舞台「イムリ」 三宅乱丈のSFファンタジーコミック「イムリ」初の舞台化である。二重惑星マージとルー…
  2. バイオハザード
    『ミュージカル バイオハザード~ヴォイス・オブ・ガイア~』 原作は日本が世界に誇るサバイバルホラー…
  3. 吉谷光太郎
    「王室教師ハイネ-THE MUSICAL-」演出・吉谷光太郎さんインタビュー 「月刊Gファンタ…
  4. 舞台版『はみ出しっ子』
    舞台版『はみだしっ子』 「はみだしっ子」は、1975年から81年に「花とゆめ」(白泉社)にて連…
  5. 私のホストちゃん
    舞台『私のホストちゃん REBORN』 なんでもあり!、の舞台、名物の口説きタイムも健在!…
5月 2018
« 4月   6月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る