【3.0レポート】秋元康プロデュース、劇団4ドル50セント、いよいよ旗揚げ!発表会!

舞台「18クラブ」

秋元康プロデュース、劇団4ドル50セント、いよいよ旗揚げ!発表会!

昨年の2016年に秋元康が新たに劇団を立ち上げることを発表していたが、2017年8月、劇団名、メンバー、活動内容が決定した。
元々は秋元康が、以前から親交のあるエイベックスの松浦勝人社長から、新たなプロジェクトの発足を依頼されたことをきっかけに動き出したのが、このプロジェクトの発端である。
まずは劇団のイメージ映像が流れた。“疾走感”、そして“情熱”を感じる映像ののち、メンバー全員による約20分程度の短い芝居を披露、荒削りではあるものの、個々のメンバーの熱い想いや懸命さが伝わるものであった。楽曲も2曲披露、歌、ダンス、芝居、練習の成果が垣間見えた。楽曲は「少年よ空を見ろ!」「愛があったら」、どちらも耳に残るキャッチーなメロディ(作詞はどちらも秋元康)であった。
それからクリエイティブ・スタッフの紹介、トータルプロデュースはもちろん、秋元康。脚本は丸尾丸一郎(劇団鹿殺し)、音楽は和田俊輔、振付はCRE 8 BOY、クリエイティブ・ディレクターは近山知史(TBWA/HAKUHODO)。
まず、秋元康から挨拶があった。「劇団はいつかやりたいと思っていた。僕にとっては原点で、AKB48も最初は劇団でやろうと思っていた。」と語る。そして「あくまでも劇団、懐かしいもの、泥臭いものが出来たら」と挨拶した。さらに「みんなの力を合わせてやるのは面白い……やりたいことがどこまで出来るのか、旗揚げ公演は演劇の“聖地”、紀伊国屋ホール、やるからには新しいものを」と意気込みを語ってくれた。劇団の名称の由来であるが、1960年代を代表するシンガー、ジャニス・ジョップリンが死んだ傍らには封の切られていない赤いマールボロと手には4ドル50セントが握られていたと言う。彼女が手にしたかったのは釣り銭なんかじゃない、ジャニスの代わりに夢を掴む。そんな思いを込めて秋元康は命名したとのことだ。それから順番にクリエイティブ・スタッフが挨拶した。丸尾丸一郎は「演技も歌も未熟ですが、情熱が大切、どんな俳優にも負けない舞台にしたい」と抱負を語った。振付のCRE 8 BOYからは「(振付は)景色が見えて欲しい……どういう気持ちで……感情が見えるように意識しました」と語ったが、エモーショナルな動き、そして1人1人の個性を尊重した動きで記者席からは多くのシャッター音が響いた。近山知史は「今迄に見たことのないものを」とコメントし、和田俊輔からは「センスの良い劇団にしたい」との言葉が出た。秋元康始め、スタッフの並々ならぬ思い、それが形になるのは、もうちょっと先だ。

舞台「18クラブ」

舞台「18クラブ」

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」
  2. KING OF PRISM -Over the Sunshine!-
  3. 超!脱獄歌劇「ナンバカ」
  4. まじかるすいーとプリズム・ナナ ザ・スターリーステージ
  5. フエルサ ブルータ
  6. ミュージカル「パジャマゲーム」

おすすめ記事

  1. 蜷川幸雄一周忌
    蜷川幸雄一周忌、『NINAGAWA・マクベス』世界ツアー “疾走するジジイであり続けたい” …
  2. 天下統一恋の乱
    舞台「天下統一恋の乱 Love Ballad ~序章~」に出演する 劇団番町ボーイズ☆から特別にコ…
  3. ReLIFE
    高浩美のアニメ・マンガ×ステージ評 連載第178回 9月の初旬、アニメ放映中(9月迄)であ…
  4. 手紙
    2017年版ミュージカル「手紙」 東野圭吾作『手紙』は 2003 年に出版されて直木賞候補作と…
  5. SENGOKU WARS
    SENGOKU WARS ~RU・TENエピソード2~猿狸合戦 公開舞台稽古のご報告 …

本日のスケジュール

カテゴリー

ページ上部へ戻る