【3.0レポート】宅間孝行プロジェクト タクフェス第5弾『ひみつ』記者会見開催

タクフェス第5弾『ひみつ』

宅間孝行プロジェクト タクフェス第5弾『ひみつ』記者会見開催
戸田恵子、松本利夫(EXILE)、福田沙紀ら豪華キャスト集結!

宅間孝行が仕掛ける、極上のエンターテイメントプロジェクト「タクフェス」第5弾 『ひみつ』 が、2017年秋に上演決定。これに先駆け、都内にて記者会見が行われた。戸田恵子、松本利夫(EXILE)、福田沙紀、ベンガル、山崎静代 (南海キャンディーズ)、東風万智子、武田航平、赤澤 燈ら豪華キャストが集結した。

タクフェス第5弾となる本作は、宅間孝行による4年ぶりの新作書き下ろしとなる愛に溢れた心温まる純愛物語。宅間も「自分が新作を書く3年に一度の年が、去年に当たっていたのですが、いよいよ追い込まれて今年追い込まれて心を込めて作りました」と前置きしつつ「戸田さんとご一緒したいところから始まった。映画を作るなら夫婦漫才をやりたいと思い描いた作品です。全国10か所周るので、たくさんの方に観て頂きたい」と力強く語った。また、本新作の主人公「渚」を演じるのは、数多くの舞台やテレビドラマに出演、女優、声優、歌手などマルチに活躍中の戸田恵子。「タクフェス初めての参加となります。周りからも『ついに出演するのか!』とよく声をかけられるので、期待されていると思う。地方公演もあまり行くことがないので楽しみ。兄弟役というのも嬉しいので、三兄弟の一番上として、情が深い良い作品になれば」と意気込みを語った。渚の弟「八郎」を演じるのは劇団EXILE 松組を立ち上げ、総合エンタテインメントを創出する演出家であり俳優の松本利夫(EXILE)。「タクフェスに出演できて感謝でいっぱい。飲みの席で、直談判したかいがあった」と喜びをにじませた。
さらに、福田沙紀は、「初参加で緊張している。初めて台本を読んだ時の衝撃を忘れずに、頑張ります。別の目標となるのですが、宅間さんからお酒が強いか聞かれましたが、あまり強くないので、舞台の皆様に教えてもらいたい」と意欲を語った。タクフェスに2度目の出演となる山崎静代 (南海キャンディーズ)は、「タクフェスらしく団結力のある部活みたいなカンパニー。前回の出演で酒に目覚めた。一戦二戦と強くなったので、今回も戦っていけそう」と始め、台本に関して「やっぱり、いろんな形の愛があるから人間は生きていけると思った。人間で生まれてきてよかった。イノシシでなく・・」と会場を笑いに誘った。同じく二度目のタクフェス参戦となる東風万智子は「とても良い話ですが、一言では言い表せない悲しい、せつない物語。初めましてのかたが多いので、早く慣れて素敵な作品をつくりたい」と意欲を露わにした。武田航平は、「以前からタクフェスを観てきた。台本を読んで初めて涙を流しました。役をまっとうしたい」と熱く語り、赤澤 燈も「タクフェスは目標。念願がかなったので楽しみ。宅間さんと戸田さん演じる二人にあこがれるヤンキーを演じます。自分があこがれと重ねます」と続けた。最後に、ベンガルも「後半はずっしり、そして泣ける舞台ですが、前半は笑えるポイントが」と作品を絶賛した。
公演は、 2017年10月19日(木)鹿児島公演を皮切りに、東京は10月31日(火)~11月12日(日)に池袋・サンシャイン劇場にて、他、金沢・富山・新潟・足利・山口・愛知・札幌・大阪10都市で開催する。チケットも絶賛販売中。最新情報は、タクフェス第5弾『ひみつ』公式ホームページにて随時公開となる。

===あらすじ===
ある秋の日。とある田舎町にある別荘に連れてこられた山之内夢は、車椅子に乗る年老いた一人の女性と出会う。そして突然、名前を名乗ることも出来なくなったその女性こそが、自分を産んだ母親なのだと告げられる。
彼女の名前は、本橋 渚。本橋家には3人の姉弟がいた。姉の渚と弟の五郎は“虹色渚ゴロ―”という漫才師として大活躍をしていた。マネージャーでもある末弟の八郎に支えられ、人気絶頂だったこの姉弟に、運命を一変させる、ある出来事が起きる。なぜ渚は夢と25年間別々に生きる道を選んだのか、そして本橋家の「ひみつ」とは―。
宅間孝行4年ぶりの新作は、姉と弟、母と娘、そして地域の人々と紡がれる、涙に溢れた純愛物語。

ページ:

1

2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 【映画】シュウカツ 2 [就職活動]
  2. あにてれ × =LOVE ステージプロジェクト「けものフレンズ」
  3. ミュージカル『メリー・ポピンズ』
  4. 舞台「クジラの子らは砂上に歌う」
  5. MANKAI STAGE 『A3!』~SPRING & SUMMER 2018~
  6. RICE on STAGE「ラブ米」Festival in バレンタイン

おすすめ記事

  1. ペルソナ4
    舞台『ペルソナ4 ジ・アルティマックス ウルトラスープレックスホールド』 2014年に上演され…
  2. 刀剣乱舞
    嚴島神社 世界遺産登録20周年記念奉納行事 ミュージカル『刀剣乱舞』 in 嚴島神社 ミ…
  3. 舞台『モブサイコ100』
    舞台『モブサイコ100』 ~開幕レポート~ キャストコメント&公演写真が到着!! 2018年1…
  4. 石川五右衛門 外伝
    市川海老蔵 第四回自主公演 ABKAI 2017『石川五右衛門 外伝』   東京・渋谷のBunk…
  5. アイ★チュウ ザ・ステージ~Stairway to Etoile 2018~
    『アイ★チュウ ザ・ステージ~Stairway to Etoile 2018~』 制作発表会レポー…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る