アイ★チュウ ザ・ステージ ~Stairway to Étoile~

「アイ★チュウ ザ・ステージ」大阪公演、大好評のうちに閉幕!!

大人気アプリゲーム「アイ★チュウ」。2015年6月26日よりAndroid版、同年7月3日よりiOS版のサービスが開始され、現在100万ダウンロードを記録している恋愛リズムアドベンチャーゲームである。
この人気アプリゲーム初めて舞台化。8月25日から27日までは大阪で公演を行った。
初日開幕前には報道陣に向けてゲネプロを公開。続く初日公演には原作ゲームファン、キャストのファンなど満員の観客が劇場に駆けつけた。まさに白熱のライブ、そしてステージがいよいよ幕を上げた!

アイ★チュウ ザ・ステージ ~Stairway to Étoile~

大阪公演そして9月6日から始まる東京公演に向けて、キャストたちは以下のようにコメントを寄せた。

<F∞F 愛童星夜役 飯山裕太>
アイ★チュウ ザ・ステージ 愛童 星夜役の飯山裕太です!
いよいよアイ★チュウの舞台が初日となります!
なかにはお客様参加型の演出もあったりとライブパフォーマンスとお芝居が
一帯となった作品なので劇場に足を運んで下さった皆様とひとつになれたらなと思います!
是非劇場まで応援しに来てくださいっ!
お会い出来るのを楽しみにしています!

<Teinkle Bell 枢木皐月役 石渡真修>
皆さんはじめまして!!TwinkleBell枢木皐月役の石渡真修です^_^
ついにはじまりますね…アイ★チュウ ザ・ステージ!!
1月29日のお披露目会から、もう随分長い時間が経ちました。
あのアンフィシアターでのお披露目会…正直不安でした。原作ファンの皆さんがどんな反応をするか?盛り上がっていただけるか?受け入れてくれるか?
でも、そんな不安を一気に皆さんの歓声とペンライトの光がふっとばしてくれました。
ここまで、頑張ろうと…あの時楽しんでくれた以上にもっと楽しんでもらいたい、もっと笑顔が見たい!って思わせてくれたのはまぎれもなく皆さんです。
初日を迎え、千秋楽が終えるまでその気持ちを忘れずに、イタズラしまくってキラキラして、睦月を大切にして頑張ろうと思うので、僕達TwinkleBellの応援、アイ★チュウ ザ・ステージみんなの応援…よろしくお願いします!!

<IB ノア役 佐川大樹>
お披露目会から時が経ち、ライブだけではない、新たに全員で作り上げたものを、自分達も来てくださる方々も生で感じられるかと思うと非常に楽しみです。
そして、I(ハート)Bは唯一のバンドグループということで、そのパフォーマンスにも注目していただきたいです!それぞれ出身国は違うけど、違うからこそお互いのプラスになってるし、そして音楽、楽器で繋がってる僕らのチームワークを感じてほしいです。
なによりこの作品は、観てくださる皆さんのお力が必要です。コール&レスポンスだったり、投票だったり、皆さんなくしては成り立たないので、僕らと一緒に楽しみながらみなさんも参加してくださると幸いです。
他のチームももちろん見所盛りだくさんです!!
それぞれのチームの楽しみ方を見つけてみるともっともっと楽しくなるかも?!
ということで、アイ★チュウ ザ・ステージを宜しくお願い致します。

<ArS 日下部虎彦役 綾切拓也>
ArSは「アイ★チュウ」の中でも所属人数が最も多いユニットです。
そして、各々が様々な分野で芸術活動をしていて本当に個性的!
賑やかで爆発的なエネルギーは、舞浜アンフィシアターでの舞台化発表から半年以上経ち、更に進化を遂げています。
勿論、稽古を進めていく中で大変なこともありました。でもお互いに支え合い、どんな困難も自分たちの手で素敵な色へと変えていく!むき出しの夢をつなぎ合わせて未来を作り出していく。
ArSはまとまりがないようで(?)実は結束力が強いです。
僕らのアートとこのハート、皆様へ全力でお届けします!

<華房心役 設楽銀河>
アイ★チュウプロデューサーのみなさんに会える日をドキドキワクワクしていました!原作イメージの強い人気者の心ちゃんを演じるにあたり、かなりプレッシャーを感じてきました。はじまってしまえば、大阪から東京まであっという間だと思いますが、一回一回成長できるよう大切に演じていきたいと思います!最後まで応援よろしくお願いします。

アイ★チュウ ザ・ステージ ~Stairway to Étoile~

ライブシーンでは連日盛り上がり、日替わりで変わるネタも多く、特にエンディングがお客様のガチ投票で変わる事もあり、日に日に客席との一体感は強くなっていった。リピーターズチケットを買い求める列の長さに観客の満足度が窺い知れる。

9月6日からのはいよいよ東京公演が開幕する。大阪公演の成功で更に盛り上がっていくアイ★チュウ ザ・ステージをお見逃しなく。

アイ★チュウ ザ・ステージ ~Stairway to Étoile~

【公演概要】

公演名:アイ★チュウ ザ・ステージ ~Stairway to Étoile~
演出:田尾下哲 
脚本:保科由里子
出演:飯山裕太、丸目聖人、小波津亜廉、石渡真修、大海将一郎、佐川大樹、結城伽寿也、登野城佑真、
辻凌志朗、田中晃平、綾切拓也、古畑恵介、八島諒、山内圭輔、荒一陽、中島拓斗、設楽銀河、
村瀬文宣、田中精、吉窪司、大場達也、廣川三憲、大塚明夫(CV)
※出演者は都合により変更になる場合があります。
原作:恋愛リズムアドベンチャーゲーム「アイ★チュウ」(リベル・エンタテインメント)
主催:アイ★チュウ ザ・ステージ製作委員会(リベル・エンタテインメント、ビクターエンタテインメント、キョードーファクトリー)
後援:サンシャインシティ
協力:キョードー大阪/サンケイホールブリーゼ/サンシャイン劇場

【東京公演】
日程:9月6日(水)~9月10日(日)全8公演
会場:サンシャイン劇場 豊島区東池袋3-1-4サンシャインシティ 文化会館4F
問い合わせ:キョードー東京 0570-550-799
http://www.kyodotokyo.com/

チケット:
・キョードー東京  0570-550-799
・チケットぴあ   0570-02-9999(Pコード:458-301)
・ローソンチケット 0570-084-003(Lコード:33532)
・e+(イープラス)   http://eplus.jp
・CNプレイガイド 0570-08-9999
・Confetti(カンフェテイ)  http://confetti-web.com  0120-240-540
・サンシャイン劇場窓口  14:00~18:00
・チケットホン松竹  0570-000-489(オペレーター対応/10:00~18:00)

【大阪公演】※公演終了いたしました。
日程:8月25日(金)~8月27日(日)全4公演
会場:サンケイホールブリーゼ 大阪市北区梅田2-4-9ブリーゼタワー7階
問い合わせ:キョードーインフォメーション 0570-200-888
http://www.kyodo-osaka.co.jp/

【大阪・東京公演共通】
料金:特典付きS席9,800円、S席8.300円、A席6.800円(2階席中程)、B席4,800円(2階席最後列)
★特典付きS席は、当日販売はありません。
★S席内の同じ席で、通常のS席か特典付きS席は、選択できます。特典は観劇当日の引換になります。

【特典内容】
公演パンフレット(非売品ブロマイド付き) ブロマイドは原作イラストと出演者の2枚組
※出演者ブロマイドには、サイン入りがランダムに各公演毎、枚数限定で含まれています。
※公演パンフレットのみ会場での販売予定あり、販売価格2,400円

スペシャルアフタートークショー
舞台終了後、全ての回でスペシャルアフタートークショーを開催
※開場は開演の30分前、公演時間 約2時間半(スペシャルアフタートークショー)含む、途中休憩20分あり)

チケット好評発売中!!

公式サイト: http://www.jvcmusic.co.jp/i-chu/stage/

【レポート】「アイ★チュウFAN MEETING 2017」2.5次元ライブステージフォトギャラリー

【レポート】「アイ★チュウFAN MEETING 2017」声優パートフォトギャラリー

【インタビュー】アイ★チュウ、舞台化決定!飯山裕太さん、石渡真修さん特別インタビュー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. KING OF PRISM -Over the Sunshine!-
  2. 髑髏城の七人
  3. まじかるすいーとプリズム・ナナ ザ・スターリーステージ
  4. 少女☆歌劇 レヴュースタァライト
  5. ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」
  6. 超!脱獄歌劇「ナンバカ」

おすすめ記事

  1. あさひなぐ
    舞台「あさひなぐ」  いわゆる“部活”ものの舞台が数多く上演されているが、「あさひ…
  2. メサイア外伝
    シリーズ最新映画 『メサイア外伝 ―極 夜 Polar night―』 完成披露舞台挨拶付き上映…
  3. 『舞台アルカナ・ファミリア2 -23枚目のタロッコ-』 『アルカナ・ファミリア -La sto…
  4. ニコニコ超会議
     もうすぐ開催、「ニコニコ超会議 2017」、全てにスケールアップ、超歌舞伎もバージョンアップ! …
  5. Yè -夜-
    「Yè -夜-」 原作は2014年に周豪(Zhou Hao)監督が大学在学中に撮影し、香港…

本日のスケジュール

カテゴリー

ページ上部へ戻る