『ホテル・カルフォリニア~HOTEL CALFORINIA~』

HOTELCALFORINIA_n-mNVlFm_400x400

 原作はすぎむらしんいち、北海道の山奥の開業間近いリゾートホテルを舞台にしたクライムアクションギャグのコミック。ヤングマガジン(講談社)にて連載され、単行本は全5巻。土砂崩れ、社長の失踪、完全に孤立してしまった人々の奇想天外な共同生活を描いている。
 舞台に文字が浮かぶ。「北海道のどこか山奥」、物語はここで起こる。土砂崩れのシーン、プロジェクト・マッピングで表現、車が立ち往生、タイトルロールが浮かび上がる。一転してホテルのシーンに変わる。「社長!!」と叫びながら男が右往左往、恰幅の良いおばちゃん登場、男は「社長、見なかったか?」と女子更衣室に入り、案の定、「キャー!!」、とお約束感のあるドタバタから始まる。そこから再び、土砂崩れの場所に移る。車から降りてきたのは、いかにも強面な感じの3人組。そこへ白いスーツのまた強面の男が1人やってくる……。やくざ、ホテルにお勤めとはとうてい思えない従業員たち、何故か武士の格好をしたおじいちゃん等、”多士済々”なキャラクターが登場する。北海道なだけに熊も出没、予測出来ない展開が続くのである。常にハイテンション、すぐに撃ち合い、もうなんでもあり、だ。スーパー歌舞伎『ワンピース』のエース役で好演した福士誠治が演じるやくざの篠崎哲也はなかなかに手強いキャラクター、子分の健二(山田悠介)、「アニキー!」と叫び、篠崎を慕う。篠崎と犬猿の仲のやくざ・池田(なだぎ 武)の熱演、上はセーラー服、下は桃色パンツの浜崎(町田水城)はインパクトあり。鎧を着たおじいちゃん・金次郎(松尾伴内)、ぼけっぷりがとにかく可笑しい。それ以外のキャラクターも「これでもか」というくらい。従業員・虹男(太田基裕)は女装癖、何度も”お着替え”。バイオレンス、エロ、不条理、もちろん客席を使っての演出もあり、シュールな笑いが充満する。
 原作が発表されたのは、およそ四半世紀前、しかし、古びた感じもせず、作画のタッチもそこはかとなく感じさせる。俳優陣のテンション高い演技で作品のエッセンスをおよそ2時間、これでもかと見せる。流行りの原作ものばかりではなく、秀作を”発掘”しての舞台化もまた意味のあることではないだろうか。

(C)すぎむらしんいち/講談社

『ホテル・カルフォリニア~HOTEL CALFORINIA~』
2016年2月4日~2月14日
紀伊国屋ホール
http://www.nelke.co.jp/stage/HOTEL_CALFORINIA/

取材・文/高 浩美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. DISH//
  2. 舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」
  3. 結木滉星ファースト写真集「滉星」
  4. 舞台『モブサイコ100』~裏対裏~
  5. 崎山つばさ
  6. 乃木坂 46 版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」

おすすめ記事

  1. NARUTO
    ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」~暁の調べ~ 初演は大きな話題を呼んだライブ…
  2. Live Musical「SHOW BY ROCK!!」―狂騒の BloodyLabyrinth―
    フカシギミックが初登場! シンガンクリムゾンズは真っ白に! 爆笑と熱いライヴが迷走する …
  3. 金色のコルダ
    ↓↓↓ 公演レポートはこちら ↓↓↓ 【レポート】音楽劇『金色のコルダ Blue♪Sky S…
  4. 舞台『逆転検事 逆転のテレポーテーション』
    舞台『逆転検事 逆転のテレポーテーション』 昨年好評であった和田琢磨主演、御剣怜侍を主軸に据え…
  5. ちるらん
    舞台『ちるらん 新撰組鎮魂歌』 散りゆく運命、ROCK!漢!な男たちの生き様! 幕末最強…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る