【3.0レポート】ブロードウェイミュージカル 「ファインディング・ネバーランド」

ファインディング・ネバーランド

時は1903年、ここはケンジントン公園、バリは行き詰まっていた。プロデューサーからは新作を期待され、しかし、スランプ気味なバリ。そこに現れたのは、海賊ごっこをしている男の子たち。彼らは兄弟でジョージ、ジャック、マイケル。そばには彼らの母親であるシルヴィアがいた。飾り気がなく、屈託の無い彼女は遊びに加わらないもう1人の息子、ピーターをバリに紹介する。シルヴィアは上演中のバリの芝居について話し始めるのだった。
スピード感のある舞台転換、絵画的な美しさで圧倒される映像とシンプルなセットと、そしてアナログな表現、前衛的でキュート、かつコミカルな振付、ポップでキャッチーなミュージカルナンバー、正統派で王道なミュージカルであるが、現代的、時代設定は1900年初頭なので、うっかりすると“時代劇”な古色蒼然とした方向に陥りやすいのだが、そうはならず、かっこよく、可愛く、それでいて優しさに溢れた演出だ。
バリは妻との関係も悪化、プロデューサーに新作のアイディアを話すも理解されない。シルヴィアは体調を崩し、彼女の家に行っても母親のモーリエ夫人に追い返されるわで、かなりヘコむ。そんな様子は見ていてちょっと情けなくもあり、でもちょっと可愛くもありな風情。悶々としているバリに“フック船長”が現れる。これは、いわゆるバリの“分身”で、かなり奔放でワイルドだ。その彼がバリを鼓舞する場面は1幕の山場、セットや映像で船が荒波に揺れる様子が圧巻で、ここはハイライトシーン、歌も迫力満点でここでバリがふっきれる。極めて演劇的な場面だ。

ページ:
1

2

3 4 5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 山木透
  2. 炎の転校生REBORN
  3. ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』
  4. 財木琢磨
  5. 舞台「義風堂々!!」
  6. 早霧せいな 『SECRET SPLENDOUR』

おすすめ記事

  1. ドラえもん
    舞台版「ドラえもん のび太とアニマル惑星(プラネット)」 公開稽古&囲み会見   舞台版「ドラ…
  2. ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」
    ライブ・スペクタクル「NARUTO-ナルト-」 昨年好評だったライブ・スペクタクル「NARUTO-…
  3. 浦沢直樹
    【インタビュー】 『浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる -大阪の巻-』 浦沢直樹スペシャルインタ…
  4. E.T.L
    『E.T.L vol.8 ~ボクらのアジトでNATSU☆祭~』 夏らしく賑やかでお祭り気分な“…
  5. 舞台版『はみだしっ子』
    劇団スタジオライフ 舞台版『はみだしっ子』制作発表会 三原順の傑作コミック「はみだしっ子」が初…

本日のスケジュール

カテゴリー

ページ上部へ戻る