ちょっと、まってください

ナイロン100°C 44thSESSION
『ちょっと、まってください』

劇団公演として 3 年ぶりになる、待望の書き下ろし新作!
2016 年・2017 年、演劇界の各賞を総なめにし、尚も、挑戦を続けるケラリーノ•サンドロヴィッチ(KERA) が、豪腕俳優陣が揃うホームグラウンド、ナイロン 100°C放つ新たなる一撃!
今 KERA が最もやりたいことを思いっきりやる場所、それがナイロン 100°C。今回は、”金持ちの家族と乞食の家族が入れ替わる話”を、別役実的な文脈で描く”不条理喜劇”になるとの ことだ。

<ケラリーノ•サンドロヴィッチ(KERA)さんコメント>
大変お待たせしてしまった。ナイロン100℃の公演、2年前の「消失」は再演だった。
再始動を謳うのはどうにも大袈裟だが、また、もう少しの間、劇団員と共に、少々歳を取った今の我々にしか創り得ない舞台を創り続けようと思っている。この度書こうと考えているのは乞食と金持ちが入れ替わる物語だ。と書くと「そりゃ、あれじゃないか、『王子と乞食』じゃないか」と言う者もあろう。敢えて否定せず、観て驚いてもらう手もなくはないものの、やはりここはキッパリと言っておく。「まっっっっったく違います」。まず、王子は出ない。乞食入れ替わるのは金持ちであり、また、金持ちも乞食も「家族」、つまり複数だ。単数 より多い。多けりゃ勝ちというものではないが。現代における道化としての、金持ちの家族と乞食の家族。彼らは、紋切型の言葉で言えば、日常的な生活空間からこぼれ落ちた人々だが、それだけに、或る演劇的な佇まいを見せている。彼らほど、我々の今を代表する道化師にふさわしい者たちはいない。これ以上のことは、ちょっと、まってください。

ちょっと、まってください

【公演データ】

ナイロン100°C 44thSESSION
『 ちょっと、まってください』
作・演出:ケラリーノ・サンドロヴィッチ
出演:三宅弘城 、大倉孝二、みのすけ、犬山イヌコ、峯村リエ、村岡希美、藤田秀世、廣川三憲、木乃江祐希、小園茉奈/ 水野美紀、遠藤雄弥、マギー

【STAFF】
音楽:鈴木光介
美術:BOKETA
照明:関口裕二
音響:水越佳一
映像:上田大樹
衣裳:宮本宣子
ヘアメイク:宮内宏明
演出助手:山田美紀
舞台監督:竹井祐樹 福澤諭志
宣伝美術:はらだなおこ

<東京公演>2017年11月10日(金)~12月3日(日) 下北沢 本多劇場
<三重公演>2017年12月6日(水) 三重県総合文化センター 三重県文化会館 中ホール
<兵庫公演>2017年12月9日(土)・10日(日) 兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
<広島公演>2017年12月12日(火) JMSアステールプラザ 大ホール
<北九州公演>2017年12月16日(土)・17日(日) 北九州芸術劇場 中劇場
<新潟公演>2017年12日20日(水) りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館・劇場

企画・製作:シリーウォーク キューブ

キューブHP
http://www.cubeinc.co.jp/

シリーウォークHP
http://sillywalk.com/nylon/

お問い合わせ:キューブ 03-5485-2252(平日 12 時~18 時)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 映画『左様なら』
  2. 舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」
  3. 舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」
  4. 歌劇派ステージ「ダメプリ」ダメ王子VS完璧王子
  5. project K『僕らの未来』
  6. 財木琢磨

おすすめ記事

  1. 天国の脚本家 冴嶋コーキ
    『天国の脚本家 冴嶋コーキ』 ~袖振り合うも多生の宴~ 2015年に上演された「天国の脚本家 …
  2. 朗読劇「僕とあいつの関ヶ原」 朗読劇「僕とあいつの関ヶ原」公式写真&稽古動画はコチラ htt…
  3. 刀剣乱舞
    SHOWROOM 「刀剣乱舞2.5Dカフェ サテライトスタジオ」生配信最終回にて ミュージカル『…
  4. リトルプリンスVR
    「リトルプリンスVR supported by VIVE」 VR(バーチャルリアリティ)とラ…
  5. 舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」
    板倉俊之(インパルス)、染谷俊之、八木将康(劇団EXILE)、 中島早貴(元℃-uteメンバー)参…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る