【レポート】ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Le Mouvement Final-(ル ムヴマン フィナール)

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」

プロジェクション・マッピングでセーラー戦士たちが繰り出す技を表現するが、迫力のある動きでまさにバトル!という雰囲気。セーラーギャラクシア役の 五十鈴ココ、元宝塚男役で歌唱力も高く、しかもいかにも“悪者”っぽい雰囲気でセーラー戦士たちを窮地に陥れる。セーラーアイアンマウス(青木志穏)、セーラーティンにゃんこ(橋垣美佑)、セーラーアルーミナムセイレーン(小林由佳)、セーラーレッドクロウ(悠斗イリヤ)、個性的な面々、後半のセーラーアルーミナムセイレーンとセーラーレッドクロウの場面は感涙。全員に見せ場があり、セーラー10戦士は安定感もあって歌に芝居にアクションに活躍、うさぎ役の野本ほたる、うさぎらしいちょっとドジな一面や熱いハートを見せる場面では、もう“うさぎ”そのもの。またアンサンブル陣のダンス、アクション、スキルが高く、女性だけのカンパニーであるが、アクロバティックな動きもあってダイナミックだ。
物語はうさぎがどんどんピンチになり、最後にはもうどうすることも出来ない状態になり、くじけそうになるが、決して諦めない姿は「美少女戦士セーラームーン」の真骨頂、“ONE FOR ALL”であり“ALL FOR ONE”、“仲間のためなら死ねる”という迫力と“愛”。またセーラーコスモス役に大久保聡美、ファンなら嬉しいキャスティング。楽曲は多彩でナンバーも多く、ところどころ台詞も歌になっているが、本格的なミュージカル形式、歌が途切れない印象。これでシリーズは一旦、終了とのことだが、ラストは最後にふさわしい愛とユーモアに溢れるシーン、もちろん、あの名曲も!もちろんあるので、キャストと一緒に口ずさんで楽しむのも一興。客席には外国人の姿もあり、中にはヘアスタイルが、あの“お団子”の方も。国を超えて愛される作品、クライマックスでは固唾をのんで見守る観客、キャストの熱量を感じる舞台であった。

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」

ページ:
1 2

3

4 5 6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ミュージカル「忍たま乱太郎」第9弾 再演 ~忍術学園陥落!夢のまた夢!?~
  2. 乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」
  3. 舞台版『あいたま』
  4. 舞台「ジョン万次郎」
  5. 舞台『ジョーカー・ゲームII』
  6. 舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰

おすすめ記事

  1. 薄桜鬼SSL
    『薄桜鬼SSL ~sweet school life~ THE STAGE ROUTE 斎藤一』 …
  2. TRICKSTER the STAGE
    【インタビュー】「TRICKSTER the STAGE」 怪人二十面相役の細貝 圭さん 明智小…
  3. ヘタリア
    ミュージカル「ヘタリア〜in the new world〜」 人気コンテンツ「ヘタリア」のミュ…
  4. 曇天に笑う
    福士蒼汰、中山優馬ら豪華キャストが大集結! 特製山車に乗り“曇天祭り”に登場! <プレミアイベン…
  5. ダニー・ボーイズ
    音楽劇『ダニー・ボーイズ』~いつも笑顔で歌を~ 演出家・元生茂樹さんの特別コメントはコ…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る