【レポート】ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Le Mouvement Final-(ル ムヴマン フィナール)

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」

プロジェクション・マッピングでセーラー戦士たちが繰り出す技を表現するが、迫力のある動きでまさにバトル!という雰囲気。セーラーギャラクシア役の 五十鈴ココ、元宝塚男役で歌唱力も高く、しかもいかにも“悪者”っぽい雰囲気でセーラー戦士たちを窮地に陥れる。セーラーアイアンマウス(青木志穏)、セーラーティンにゃんこ(橋垣美佑)、セーラーアルーミナムセイレーン(小林由佳)、セーラーレッドクロウ(悠斗イリヤ)、個性的な面々、後半のセーラーアルーミナムセイレーンとセーラーレッドクロウの場面は感涙。全員に見せ場があり、セーラー10戦士は安定感もあって歌に芝居にアクションに活躍、うさぎ役の野本ほたる、うさぎらしいちょっとドジな一面や熱いハートを見せる場面では、もう“うさぎ”そのもの。またアンサンブル陣のダンス、アクション、スキルが高く、女性だけのカンパニーであるが、アクロバティックな動きもあってダイナミックだ。
物語はうさぎがどんどんピンチになり、最後にはもうどうすることも出来ない状態になり、くじけそうになるが、決して諦めない姿は「美少女戦士セーラームーン」の真骨頂、“ONE FOR ALL”であり“ALL FOR ONE”、“仲間のためなら死ねる”という迫力と“愛”。またセーラーコスモス役に大久保聡美、ファンなら嬉しいキャスティング。楽曲は多彩でナンバーも多く、ところどころ台詞も歌になっているが、本格的なミュージカル形式、歌が途切れない印象。これでシリーズは一旦、終了とのことだが、ラストは最後にふさわしい愛とユーモアに溢れるシーン、もちろん、あの名曲も!もちろんあるので、キャストと一緒に口ずさんで楽しむのも一興。客席には外国人の姿もあり、中にはヘアスタイルが、あの“お団子”の方も。国を超えて愛される作品、クライマックスでは固唾をのんで見守る観客、キャストの熱量を感じる舞台であった。

ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」

ページ:
1 2

3

4 5 6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 舞台「文豪ストレイドッグス」
  2. 舞台「けものフレンズ」
  3. ミュージカル「忍たま乱太郎」 第9弾『忍術学園陥落!夢のまた夢!?』
  4. STAGE FES 2017
  5. 映画『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-』
  6. ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭

おすすめ記事

  1. カフェパラダイス
    舞台『カフェパラダイス』 アニメ・コミック原作の舞台作品が多く上演されている昨今ではあるが、…
  2. 斬劇『戦国BASARA』小田原征伐
    斬劇『戦国BASARA』小田原征伐 シリーズ13作目となる斬劇『戦国BASARA』小田原征…
  3. 舞台「文豪ストレイドッグス」
    舞台「文豪ストレイドッグス」   日本を代表する名だたる文豪が擬人化(!?)し、なおかつ異能の力…
  4. テニスの王子様
    ミュージカル『テニスの王子様』 TEAM Live HYŌTEI 本日、TOKYO DO…
  5. あんさんぶるスターズ!
    【コラム】連載第181回 高浩美のアニメ・マンガ×ステージ評 年が明けて早々に、『あんさんぶる…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る