舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~ヒートアップ~

舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~ヒートアップ~

人気コミック『弱虫ペダル』の初舞台化は2012年2月であったが、順調に回を重ね、これで11作目となる。キャストも入れ替わり、物語も上級生が卒業し、物語の冒頭では高校生になったばかりだった小野田坂道(醍醐虎汰朗)も2年生になり、再びインターハイの季節が巡ってきた。今回の舞台は、そのインターハイ1日目が描かれる。天井には自転車が3台、自転車の歯車が放射状につり下げられている。いつものように舞台にはセットらしいものはなく、中央にマンパワーで動かす坂道がある。小野田坂道のゼッケンは「1」、前年の結果がゼッケンに反映される。そのゼッケンを手にひしひしと「1」の重みを噛みしめるが、その重みは、この時点ではまだわかっていなかった。幕が開いて、早々にレースがスタート、インターハイの1日目が始まる。各校スタートを切るが、総北から順に決め台詞を決め、キャラクター名を他のキャストが言う。よくある演出では、ここは映像だったりするのだが、この舞台『弱虫ペダル』は映像は一切使わない。全てが“マンパワー”なのが大きな特長なのである。自転車は手にするハンドルだけで表現するし、皆、複数のキャラクターを演じる。“パズルライダー”と呼ばれる俳優陣がいるが、彼らの活躍は八面六臂。時にはレースに出ている選手になり、時には応援する観客になったり、坂を動かす、そしてメンバーを応援したり、と一口には言えないくらいの活躍ぶりだ。

舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇~ヒートアップ~

ページ:

1

2 3 4 5 6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 舞台「若様組まいる〜若様とロマン〜」
  2. 『刀剣乱舞』加州清光
  3. ハピトリ
  4. 舞台「若様組まいる~若様とロマン~」
  5. 高橋健介
  6. 小松準弥

おすすめ記事

  1. ツキウタ
    公式フォトレポート ↓↓↓ 舞台レポートはコチラ ↓↓↓ 『2.5次元ダンスライブ「ツ…
  2. 舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」
    舞台「文豪ストレイドッグス 黒の時代」 この度、9月22日(土)から10月8日(月・祝…
  3. おそ松さん
    「おそ松さん on STAGE SIX MEN’S SONG TIME」 劇中歌CDリリース記念…
  4. 藤田俊太郎
    『Take me out』演出家・藤田俊太郎 特別コメント 『Take me out』は200…
  5. ソーォス!
    ミュージカル「ソーォス!」 在日コリアン二世の吉田潤喜が単身アメリカに渡り、空手に携わりなが…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る