タクフェス第5弾『ひみつ』

タクフェス第5弾『ひみつ』

 宅間孝行が仕掛ける、極上のエンターテイメントプロジェクト「タクフェス」第5弾 『ひみつ』。ハートフルな作品群を発表し続けてきたが、今回もちょっとほろっとする物語が期待出来そうだ。

 幕開きは映像から。現在という設定なので、YouTube、“虹色渚ゴロ―”の漫才シーンだが、これが息が合って“リアルで観たいかも”な仕上がりな宅間孝行&戸田恵子。それから“本編”が始まる。場所は別荘、山之内夢(福田沙紀)が、かなり強引な方法で連れてこられる。車椅子の老人がいる。気がつく夢、「ここは……?」とかなりうろたえる。そこにいた弁護士の京太郎(宅間孝行)が「秘密があるんです」と夢に告げる。さらに「聞いて欲しいんです」と言い、日記を渡す。そこには夢に関する衝撃的なことが書かれていた……。
 場面は25年前に遡る、場所は同じ。ちょうど“劇中劇”のような見せ方で進行していく。よって山之内夢役はほぼずっと舞台上にいることになる。京太郎役の宅間孝行が25年前の登場人物について夢に説明するのだが、これが軽妙な語り口、ちょっとクスクスと笑ってしまう。賑やかで愛すべき人達が次々と出てくる。25年前なので着ているファッションが懐かしい!赤澤燈が演じる一馬は絵に描いたようなヤンキーファッションで、その彼女・まりちゃん役の益田恵梨菜も、もはやリアルでは見れないヤンキーだ。見た目はちょっと近付き難いが性根は優しそうな2人。子供時代の京太郎も出てきて、ここは“大人京太郎”と動きがシンクロしていて微笑ましい。
その先程の車椅子の、認知症も発症していると思われる女性が夢の母親だと言われる、名前は本橋 渚(戸田恵子)。まさに青天の霹靂とはこのことだ。何故、渚は夢と別れたのか、そこから衝撃の事実が次々と“劇中劇”で展開していく。

タクフェス第5弾『ひみつ』

ページ:

1

2 3 4 5 6 7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 原嶋元久
  2. 舞台『ジョン万次郎』
  3. 舞台「信長の野望・大志 ー春の陣ー 天下布武 ~金泥の首編~」
  4. 舞台「おおきく振りかぶって」
  5. ミュージカル『アメリ』
  6. 舞台「クレスト☆シザーズ」

おすすめ記事

  1. 『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』 ~To the shining future~
    『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』 ~To the shining future~ ~大阪…
  2. アジァパン
    THE CONVOY SHOW vol.34「asiapan」(アジァパン)、待望の再演、稽古も佳境…
  3. 金色のコルダ
    ↓↓↓ 公演レポートはこちら ↓↓↓ 【レポート】音楽劇『金色のコルダ Blue♪Sky S…
  4. 映画『シュウカツ2』
    <左から、戸谷公人、渡部秀、染谷俊之、溝口琢矢、千葉誠治 監督> 完成披露試写会のチケット500枚…
  5. AR performers 2nd A’LIVE
    「AR performers 2nd A’LIVE(セカンドアライブ)」 内田明理のプロデ…
5月 2018
« 4月   6月 »
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る