タクフェス第5弾『ひみつ』

タクフェス第5弾『ひみつ』

 宅間孝行が仕掛ける、極上のエンターテイメントプロジェクト「タクフェス」第5弾 『ひみつ』。ハートフルな作品群を発表し続けてきたが、今回もちょっとほろっとする物語が期待出来そうだ。

 幕開きは映像から。現在という設定なので、YouTube、“虹色渚ゴロ―”の漫才シーンだが、これが息が合って“リアルで観たいかも”な仕上がりな宅間孝行&戸田恵子。それから“本編”が始まる。場所は別荘、山之内夢(福田沙紀)が、かなり強引な方法で連れてこられる。車椅子の老人がいる。気がつく夢、「ここは……?」とかなりうろたえる。そこにいた弁護士の京太郎(宅間孝行)が「秘密があるんです」と夢に告げる。さらに「聞いて欲しいんです」と言い、日記を渡す。そこには夢に関する衝撃的なことが書かれていた……。
 場面は25年前に遡る、場所は同じ。ちょうど“劇中劇”のような見せ方で進行していく。よって山之内夢役はほぼずっと舞台上にいることになる。京太郎役の宅間孝行が25年前の登場人物について夢に説明するのだが、これが軽妙な語り口、ちょっとクスクスと笑ってしまう。賑やかで愛すべき人達が次々と出てくる。25年前なので着ているファッションが懐かしい!赤澤燈が演じる一馬は絵に描いたようなヤンキーファッションで、その彼女・まりちゃん役の益田恵梨菜も、もはやリアルでは見れないヤンキーだ。見た目はちょっと近付き難いが性根は優しそうな2人。子供時代の京太郎も出てきて、ここは“大人京太郎”と動きがシンクロしていて微笑ましい。
その先程の車椅子の、認知症も発症していると思われる女性が夢の母親だと言われる、名前は本橋 渚(戸田恵子)。まさに青天の霹靂とはこのことだ。何故、渚は夢と別れたのか、そこから衝撃の事実が次々と“劇中劇”で展開していく。

タクフェス第5弾『ひみつ』

ページ:

1

2 3 4 5 6 7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 舞台『若様組まいる~若様とロマン~』
  2. しょーたんとキキララのキラキラフェスタ
  3. ハピトリ
  4. 小松準弥
  5. 『刀剣乱舞』加州清光
  6. 高橋健介

おすすめ記事

  1. 舞台『ジョン万次郎』
    「もっと歴史を深く知りたくなるシリーズ」第6弾 舞台『ジョン万次郎』から、主演のジョン万次郎 役の溝…
  2. 犬夜叉
    『犬夜叉』 上演決定と共に、主演・喜矢武豊(ゴールデンボンバー)が主人公・犬夜叉に扮したメ…
  3. ロミオとジュリエット
    ミュージカル『ロミオトジュリエット』 ミニライブ付き!製作発表会 あまりにも有名な『ロミオと…
  4. 君よ叫べ、其ノサガノ在ルガ儘ニ
    脚本・演出 松多壱岱 「ASSH Annex」第1弾!! ASSH Annex #1 「君よ叫べ…
  5. 舞台『ジョーカー・ゲームII』
    写真左より、谷口賢志、鈴木勝吾、木戸邑弥、君沢ユウキ、合田雅吏 舞台『ジョーカー・ゲームII』…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る