ミュージカル『刀剣乱舞』 ~つはものどもがゆめのあと~

撮影:高橋 香

決め台詞やお約束的な行動や言動が随所に散りばめられており、ファンが大きく頷ける箇所はたっぷり。歴史とは史実とは……この時代に生きていた人は今はもちろん、いない。時代考証をきちんと行っている大河ドラマでさえ、実際のところは本当にそうだったのかはわからない。あくまでも“推測”にしか過ぎないのだが、だからこそ歴史は面白い。壮大は【if】、もしも?、歴史ものは全て【if】なのである。だから、ここに描かれているのも【if】、そこにロマンがあり、人間模様がある。時代は過ぎ、江戸時代、松尾芭蕉は平泉の地に立ち、有名な俳句を詠んだ。義経の居城であった高館(たかだち)に登った芭蕉は、簡潔かつ雄大に、平泉の歴史と地勢を描写。芭蕉がこの地に立ったタイミングは地球全体が寒冷化した「小氷期」と呼ばれる時代だった。むせ返るような草いきれというよりは、ひっそりとして寂しい夏の風景だったのかもしれない。また途中で映像で「平家物語」の冒頭の言葉も出てくる。「祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり 娑羅双樹の花の色 盛者必衰の理をあらはす おごれる人も久しからず 唯春の夜の夢のごとし たけき者も遂には滅びぬ ひとえに風の前の塵に同じ」脳内で芭蕉の俳句とこの「平家物語」の言葉がシンクロ、そんな歴史に思いを馳せる。前半の伏線も効果的、それが全てラストシーンに連なっていく。過去があるから今がある、当たり前のことであるが、改めて知ることの出来るミュージカルであった。
休憩をはさんで2部はもちろんライブ!観劇に行く予定があるなら応援グッズは忘れずに!

ミュージカル『刀剣乱舞』 ~つはものどもがゆめのあと~

撮影:高橋 香

ページ:
1 2 3

4

5 6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 舞台「KING OF PRISM-Over the Sunshine!-」
  2. 財木琢磨
  3. ロッキー・ホラー・ショー
  4. 舞台「義風堂々!!」
  5. 舞台版『ヘルプマン!~監査編~』
  6. 炎の転校生REBORN

おすすめ記事

  1. ソーォス!
    ミュージカル「ソーォス!」いよいよお稽古本格始動!! 日本のみならず世界中で愛されるヨシダソー…
  2. THE CONVOY SHOW vol.33『星屑バンプ』
    THE CONVOY SHOW vol.33『星屑バンプ』 「走り出したら止まらない」を合い言…
  3. 魔都夜曲
    cube 20th presents 音楽劇『魔都夜曲』 1840年代、阿片戦争終結以降、…
  4. ロマンシング サガ
    30-DELUX SQUARE ENIX Special Theater 「ロマンシング …
  5. デルフィニア戦記
    舞台『デルフィニア戦記』 楽しく、笑いの絶えない制作発表会! ファンの間で好評の『デルフ…

本日のスケジュール

カテゴリー

ページ上部へ戻る