【3.0リリース】俳優・ 瀬戸康史 さん「くまのパディントンTM展」音声ガイドナビゲーターに初挑戦!!

くまのパディントン

俳優・ 瀬戸康史 さん「くまのパディントンTM展」
音声ガイドナビゲーターに初挑戦!!

2018年4月28日(土)~6月25日(月)「くまのパディントンTM展」Bunkamura ザ・ミュージアム
この度、俳優として活躍する瀬戸康史さんが、2018年4月28日(土)~6月25日(月)まで、Bunkamura ザ・ミュージアムにて開催する「くまのパディントンTM展」にて、会場内で貸し出す音声ガイドのナレーションを務めることが決定しました。映画、ドラマ、舞台ほか、幅広いジャンルで活躍する瀬戸さんにとって、展覧会の音声ガイドは、初挑戦となります。
本展覧会の来場者の皆様を、パディントンの心温まる世界に誘います。

「くまのパディントンTM展」開催に寄せて ― 瀬戸康史
僕が『くまのパディントン』を初めて読んだのは、小学生の頃でした。ちょっと身勝手だけどどこか憎めないクマ。子供の頃はただ可愛いという印象だけでしたが、大人になって読み返してみると今の時代だからこそ考えなければいけない物事が詰まっていました。愛を素晴らしいと感じる普遍的な人間の感情や、常識や先入観に囚われながら生活している毎日。世代を越えて愛され続けるパディントンの魅力を、お届けできることを光栄に思います。
この機会に多くの方に知っていただければ嬉しいです。

くまのパディントン

【瀬戸康史 (せと・こうじ)プロフィール】

1988年5月18日生まれ。福岡県出身。最近では、映画「ミックス。」(’17年)や舞台「関数ドミノ」(’17年)などに出演。1月からは、BSプレミアムドラマ「幕末グルメ ブシメシ!2」、フジテレビ月9ドラマ「海月姫」(くらげひめ)では女装男子・鯉淵蔵之介を演じることが発表され話題に。

【展覧会概要】

生誕60周年記念 くまのパディントンTM展

【会期】2018年4月28日(土)~6月25日(月) ※5月8日(火)・6月5日(火)は休館
【会場】Bunkamura ザ・ミュージアム
【主催】Bunkamura、フジテレビジョン、毎日新聞社
【入館料】(税込) ※( )は前売料金
一般:1,400円(1,200円)/大学・高校生900円(700円)
中学・小学生600円(400円)/親子券1,500円(1,300円)
前売券 販売期間:2018年1月13日(土)~4月27日(金)

【展覧会詳細はこちら】
http://www.bunkamura.co.jp/museum/

くまのパディントン

くまのパディントン

くまのパディントン
 

【本展覧会について】
イギリスを代表する児童文学『パディントン』シリーズは、1958年、作家マイケル・ボンド氏の手によって誕生しました。その後、40以上の言語に翻訳・出版されるとともに、絵本やアニメ、映画、ぬいぐるみなどで広く展開され、世界中で愛され続けています。
『パディントン』シリーズ誕生60周年記念、また2017年6月に91歳で逝去されたボンド氏への追悼の意を込めた本展では、児童書シリーズの挿絵でお馴染みのペギー・フォートナムをはじめ、各作家による絵本や漫画の原画、世界中で出版された書籍、ボンド氏の貴重な仕事道具やインタビュー映像などにより、世代や性別、国を超えて親しまれるパディントンの世界をご紹介します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 舞台「けものフレンズ」
  2. 映画『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-』
  3. STAGE FES 2017
  4. ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭
  5. 舞台『モブサイコ100』
  6. 舞台「文豪ストレイドッグス」

おすすめ記事

  1. NINAGAWA・マクベス
    「NINAGAWA・マクベス」 故蜷川幸雄の作品「NINAGAWA・マクベス」がワールドツアー…
  2. ツキウタ
    2.5次元ダンスライブ『ツキウタ。』ステージ 通称2.5次元舞台やライブが好調だ。今年に…
  3. 私のホストちゃん
    舞台『私のホストちゃん REBORN ~絶唱!大阪ミナミ編~ 』 接客VR体験ムービー披露!すぐそ…
  4. 幽劇
    「幽劇」 そもそも幽霊とはどういう存在なのだろうか。「死んだ者が成仏出来ずに姿をあらわしたもの…
  5. RICE on STAGE「ラブ米」
    RICE on STAGE「ラブ米」AGSスペシャルイベント ~最近はやりの「ラブ米」って何?~ …

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る