【レポート】「朗読劇 私の頭の中の消しゴム 8th letter」

私の頭の中の消しゴム

「私の頭の中には消しゴムがあるの」という切ない台詞で観る人の涙を絞り出した名作、元々は『Pure Soul~君が僕を忘れても~』、2001年に放送されたTVドラマだが、2004年(日本公開は2005年)に韓国映画『私の頭の中の消しゴム』というタイトルでリメイクされ、話題を呼んだ作品だ。若年性アルツハイマー病に侵された若い妻と夫の純愛を描いているが、朗読劇として誕生したのは2010年のこと、舞台俳優、声優等多方面から起用したキャスティング、シンプルでピュアな内容でシリーズ化し、2016年、8回目の公演を迎えた。

2.5news 私の頭の中の消しゴム パネル

朗読劇なので、舞台中央には椅子が2脚、セットはどこかの家のリビングを連想させる。壁に写真、そして付箋(壁に貼れるタイプ)、中央にスクリーン。幕開きはピアノの優しげな旋律、それがだんだんとフォルテッシモになって、物語が始まる。2人の出会いはぎこちなく、しかも第一印象はさして良くない。最初は女性役の台本を男性が、男性役の台本を女性が読む。この逆転が不思議と効果的、序盤で台本を取り替える。

どこにでもいそうな若い男女、薫は年齢的にも仕事が面白くなってきたところで、意気揚々としているが、対する浩介は、仕事には慣れているものの、クライアントとのやり取りにややうんざりしてもいる。親近感のわくキャラクター設定で、この2人の境遇には観客はクスリと笑える。

この朗読は日記を交互に読むというスタイルだが、文体は口語で、それがキャラクターの感情をビビッドに伝える。時折、映像が映し出されるが、キャラクターが置かれた状況や目に映ったものをここで表現している。ビルの工事現場、街の風景、繁華街の路地、季節の移り変わり、静かに物語の背景を観客に見せている。

やがて、2人は恋愛関係になり、結婚、これから新しい人生が始まる、意気揚々と結婚式を挙げるシーンは華やかだ。いかにも、な明るい曲調の音楽、映像は教会の建物、ステンドグラス、そして2人は結婚指輪をお互いの指にはめる。浩介は明るい未来を、将来を想像する。一級建築士の試験にも無事に合格し、仕事もこれから、という浩介、会社での大きなプロジェクトのチームの一員になった薫、そんな2人に思いもかけない試練が訪れる……。

2.5ニュース 私の頭の中の消しゴム 前田公輝 2.5ニュース 私の頭の中の消しゴム 徳井青空

4月28日のマチネは前田公輝×徳井青空のペア、等身大な役作りで、前田公輝は浩介の感情の起伏を全身で表現、台本を持つ手を震わせてみたり、とあくまでも朗読劇であるが、声と細かい演技で健闘。対する徳井青空は、可愛らしいトーンの声で薫の苛立ちや喜びを表現、ラスト近く、アルツハイマー病に侵された後は、記憶がなくなる薫をピュアな存在として表現、ラスト近くの台詞、浩介に向かっての「初めまして」はあまりにも純粋で、それがかえって切なく、浩介の心に突き刺さる。観客はここは涙するところであろう。薫は自分の記憶が完全になくなった時のことを想定し、手紙を残している。それを読み、薫の変貌を目の当たりにしても浩介は言う、「愛し続ける」と。

この作品は現代的な設定ではあるが、描いているものは普遍的だ。どんな状況においても本当の愛は消えたりはしない、たとえ、記憶がなくなったとしても。切なく辛い物語ではあるが、これほどまでにお互いを思いやり、愛し合う関係は美しい。

[出演(男性キャスト 50 音順)] 相葉裕樹×日笠陽子、小林豊×佐野ひなこ、染谷俊之×近野成美、 平間壮一×和音美桜、廣瀬智紀×入来茉里、福山潤×田中美里、 前田公輝×徳井青空、矢崎広×三倉茉奈、竜星涼×真野恵里菜

[公演データ]
「朗読劇 私の頭の中の消しゴム 8th letter」
2016年4月27日~5月8日
会場: 天王洲 銀河劇場

●「朗読劇 私の頭の中の消しゴム 8th letter」特製パネルプレゼント!●
 同じペアの公演を2回観劇しても、違うペアの公演を観劇しても、2回観劇を頂いた方全員にパネルをプレ ゼントいたします。
 ※公演2回分の半券を劇場ロビープレゼント引換受付にお持ちください。チケットを確認させて頂き、その場で特製パネルをお渡し致します。
 ※同じ公演のチケットが2枚の場合はプレゼント対象にはなりません。
  OK 例)4 月 28 日 13 時の回を1枚、28 日 19 時の回を1枚の計2枚
  NG例)4月28日13時の回を2枚
 ※友人、知人から譲渡された半券もプレゼント対象にはなりません。

http://keshigomu.info/index.html

取材・文/高浩美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. KING OF PRISM -Over the Sunshine!-
  2. フエルサ ブルータ
  3. 髑髏城の七人
  4. 超!脱獄歌劇「ナンバカ」
  5. ミュージカル「パジャマゲーム」
  6. まじかるすいーとプリズム・ナナ ザ・スターリーステージ

おすすめ記事

  1. ミュージカル「スコア!」
    日本数学検定協会 Presentsミュージカル「スコア!」 この夏話題のミュージカル「スコア!…
  2. アンプラネット
    ミュージカライブ『アンプラネット―ボクの名は―』 開幕!! 今では一般的になりつつある【STAG…
  3. けものフレンズ
    舞台「けものフレンズ」  「けものフレンズ」は、けものフレンズプロジェクトによるメディアミックス作…
  4. アニメイト アニバーサリーフェスティバル
    アニメイト30周年記念イベント「アニメイト アニバーサリーフェスティバル」は終始楽しく、賑やかに! …
  5. 髑髏城の七人
    ONWARD presents 劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風 Produced by …

本日のスケジュール

カテゴリー

ページ上部へ戻る