舞台「文豪ストレイドッグス」

独特のマイム的な動きが特長の演出が冴え渡る。アンサンブルの活躍、あるときは鶴見川の水に、通行人に、異能を表現したり、また携帯電話になったり、と大忙し、その身体能力の高さは目を見張るものがある。もちろん、異能を操るキャラクター達も負けてはいない。アクションに芝居にマイムに、大奮闘する。中島敦役の鳥越裕貴が、本人の持ち味であるちょっとコミカルな雰囲気がキャラクターにマッチする。また、ヒール役にあたる芥川龍之介役の橋本祥平が、もう徹底してダーク!過ぎるくらいにハマる。冷酷非情、黒い外套が特徴のポートマフィアの一員、能力名は「羅生門」。この「文豪ストレイドッグス」に出てくる異能は文豪の代表作品の名がついているが、原作を知っていれば面白さは倍増、セットのパネルも昔懐かしい原稿用紙のイメージ。太宰治(多和田秀弥)の自殺願望はもはや“お約束”だし、国木田独歩(輝馬)は理知的で現実主義者、なんだかんだと言いながらも太宰治のよき相棒だ。ちなみに彼の異能は「独歩吟客」。手帳のページを消費する代わりに書いた言葉の物を具現化できる。名前の元になったのは彼の数あるペンネームのひとつ。

舞台「文豪ストレイドッグス」

ページ:
1 2

3

4 5 6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 新感覚ヴィジュアルブック「theater of fairytale」リリースイベント朗読会
  2. 舞台『ジョーカー・ゲームII』
  3. 舞台「テイルズ オブ ザ ステージ -ローレライの力を継ぐ者-LIVE&THEATER at 横浜アリーナ」
  4. 舞台「ジョン万次郎」
  5. ミュージカル「忍たま乱太郎」第9弾 再演 ~忍術学園陥落!夢のまた夢!?~
  6. 乃木坂46版 ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」

おすすめ記事

  1. 「錆色のアーマ」 「錆色のアーマ」は、戦乱の世を舞台に、「アーマ」と呼ばれる個性的な武器を 携え…
  2. バイオハザード
    閉ざされた空間、ゾンビが迫る! 五感で感じる恐怖体験『BIOHAZARD THE Experien…
  3. 舞台『コントス!』
    笑いと涙がトコトン詰まったコントッス! 笑いの裏にある『悲しみ』、滲みでる『哀愁』をえぐり取る作品…
  4. 舞台『逆転検事 逆転のテレポーテーション』
    舞台『逆転検事 逆転のテレポーテーション』 昨年好評であった和田琢磨主演、御剣怜侍を主軸に据え…
  5. 薄桜鬼
    ミュージカル『薄桜鬼』原田左之助 篇 シリーズ累計100万本を超える大人気ゲーム『薄桜鬼』、ア…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る