【オフィシャルレポート】『曇天に笑う』 プレミアイベント&完成披露舞台挨拶

曇天に笑う

■完成披露試写会 上映前舞台挨拶
続いて同日夜には、丸の内ピカデリーで実施された完成披露試写会を実施。上映前には福士、中山、古川、桐山、大東、小関、市川、若山、本広監督が登場し、大歓声のなか上映前舞台挨拶が実施された。
福士は「天火は明るく笑顔が多い役。みなさんにも笑顔になって見てもらえたら嬉しい」とスマイル全開でコメント。女性客の黄色い悲鳴が鳴りやまぬ会場を見た本広監督は、「この映画のターゲットは女性だと思って作ったけど、今日はほとんど女性ですね」とさっそく手ごたえを感じていた様子だった。
本作で「座長」務めた福士に対する印象を聞かれると、中山は、当初同い年の福士が兄役を演じることを心配していたが、「現場で積極的に話しかけて皆を繋げる役割をしてくれたので、自分に兄貴がいたらこんな感じかなと思った」とすぐに兄弟役に集中できたことを告白。同じく弟役の若山も、「福士さんは僕を引っ張ってくれて、強くて、身長が高くてイケメンで、今でもずっと大好き。(福士と中山と)かっこいいお兄ちゃんが二人もいて幸せです!」と目を輝かせた。そんな純粋さが際立つ最年少の若山だが、撮影現場でも全キャストからかわいがられていたようで、福士からは「(この中で)誰が一番好きなの?監督以外で!」と無茶ぶりまで出る始末。悩んだ末に若山が「福士さんで」と答えると、福士は満面の笑みを浮かべ、他キャストは残念そうな顔を見せ、会場からは大きな笑いが沸き起こった。

続いて映画の見どころに話題が及ぶと、古川は自身初挑戦だったという本格的なアクションシーンをピックアップ。「ヤマイヌで一番強い役なので、アクションが初めてとはいえ強く見えるように意識し、原作漫画も何度も読み返して演じた」とその役作りを明かした。大東は、映画冒頭の「お祭りのシーン」を挙げ、「自分が出演している作品は客観的に見えないけど、このシーンを見たら一瞬でお客さんになった」とその迫力あふれる映像を絶賛。小関は「見どころは武器」と即答し、「特にヤマイヌは武器や戦い方にも個性があって、でも全員でヤマイヌだし、全体通して見た時にかっこよくて憧れる。自分が小さい頃に見たかった作品」と熱いコメントを残した。
市川は「ヤマイヌの登場の仕方やタイミングがかっこいい!」と回答するも、本広監督から「市川は登場する全カットで立ち位置を探してるよね」とまさかの大暴露!?思わぬ“見どころ”の登場に、会場も大盛り上がり!対する監督は、本作の注目ポイントを「萌え」だと回答し、「軍隊萌え、制服萌え、いろんな“萌え”を凝縮させているから、各々で見つけてほしい」とそのこだわりを熱弁した。

次のトークテーマは、「自分が女性だったら、登場人物の誰に惚れるか」。福士が選んだのは、桐山演じる金城白子。「やっぱり優しい人が好き。白子の支えてくれる感じが素敵」とキャラクターへの思いを語った。中山は「(大東演じる)鷹峯誠一郎。見るからに強い感じに惚れる」、古川は「(福士演じる)曇天火。笑顔が素敵なので」、そして桐山も天火を挙げながら、「カップル成立?」とおどけつつも「天火は明るく前向きな言葉をくれるのでそこに引き寄せられるし、男も女も明るい人がいいですよね」と見解を述べた。大東は、同日昼に行われた“曇天祭り”で若山に「現場で一番優しかったお兄ちゃん」に選ばれなかったことを受け、「(若山演じる)曇宙太郎!選ばれなくて本当にがっかりしたんですよ!」とついに自らアプローチ。小関は「(中山演じる)曇空丸。ハングリー精神が好きです」として、ストイックに強さを追い求める姿を称賛した。市川は、「(東山紀之演じる)岩倉具視さん!」とまさかの登壇者以外のキャラクターを指名。「権力者が好きなんで」と笑わせつつも、「東山さんがかっこいいし色気も凄い」と惚れ込む理由を語った。そんなキャスト陣を「結局いちゃついてるよなあ」と微笑ましく見守っていた本広監督だったが、どのキャラクターに惚れるかの質問には「市川くんって言うしかないよね!役とかじゃない、立ち位置を探す市川くん」と斜め上の回答で爆笑をかっさらった。

最後は、登壇者を代表して福士と本広監督からメッセージが。福士は「この映画は、出演者やスタッフが全身全霊で、命がけで作った作品です。かっこいい男たちがたくさん出ていて、胸熱な映画だと思うので、皆さんも胸が熱くなって、最後は笑顔で帰ってください」とコメント。本広監督は、「2年ぐらいかけてみんなで苦しんで一生懸命作った作品。最後にサカナクションの主題歌『陽炎』がかかりますが、これは『シネマバージョン』といって映画館でしか聞けない編集になっているので、そこも楽しんでください」と楽曲のこだわりにも言及。拍手が鳴りやまぬなか舞台挨拶が終了した。

■出演:福士蒼汰、中山優馬、古川雄輝、桐山漣、大東駿介、小関裕太、市川知宏、加治将樹、若山耀人、池田純矢、若葉竜也、奥野瑛太/東山紀之
■原作:唐々煙「曇天に笑う」(マッグガーデン刊)全6巻+外伝
■監督:本広克行
■脚本:高橋悠也
■音楽:菅野祐悟
■主題歌:「陽炎」サカナクション(NF Records/ビクターエンタテインメント)

©︎映画『曇天に笑う』製作委員会 ©︎唐々煙/マックガーデン

■公式サイト: http://donten-movie.jp
■公式twitter: https://twitter.com/donten_movie
■公式Facebook: https://www.facebook.com/donten.movie/

3月21日(水・祝)全国ロードショー

ページ:
1

2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ワンピース音宴~イーストブルー編~
  2. Acrobat Stage『Infini-T Force』
  3. 舞台「ハイスクール!奇面組2 ~嵐を呼ぶ変態ライバル対決~ 」
  4. 和田雅成
  5. 舞台「男子はつらくないよ?」
  6. 八王子ゾンビーズ

おすすめ記事

  1. ナナブンノニジュウニ
    秋元康氏総合プロデュース 22/7(ナナブンノニジュウニ) クリスマス・イブに朗読とライブでファン…
  2.  ミュージカル『ゲゲゲの鬼太郎〜十万億土の祈り歌〜』 鬼太郎、目玉おやじ、ねずみ男、ねこ娘が大活躍…
  3. 天下統一恋の乱
    舞台「天下統一恋の乱 Love Ballad ~序章~」に出演する 劇団番町ボーイズ☆から特別にコ…
  4. 舞台『炎の蜃気楼昭和編 紅蓮坂ブルース』
    舞台『炎の蜃気楼昭和編 紅蓮坂ブルース』 『炎の蜃気楼』(ほのおのみらーじゅ)は桑原水菜によるライ…
  5. 山木透
    人気急上昇中の若手俳優・山木透が初のカレンダー発売 山木透2018カレンダー発売記念イベント開催 …

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る