人気若手俳優・猪野広樹が4000人と握手! 筋肉バキバキで異例のカレンダー増刷!!

猪野広樹

人気若手俳優・猪野広樹が4000人と握手!
筋肉バキバキで異例のカレンダー増刷!!
「腹筋が出たので100点じゃなくて、101点!!(笑)」

舞台・映像作品で活躍する若手俳優・猪野広樹がカレンダー「猪野広樹2018.04-2019.03 」(東京ニュース通信社刊)を発売。これを記念して4000人のファンとふれあうイベントが、3月24日(土)に書泉ブックタワーで行われた。

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」、舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜、ドラマ「リピート~運命を変える10か月~」など舞台や映像作品で大活躍の若手俳優・猪野広樹が、2018年4月はじまりのカレンダーを発売。このカレンダーのために撮りおろされた、純白の衣装の透明感あふれるカットや、ダーク―スーツに身を包み、大人の男を表現したカット、そのほか2017年12月発売のファースト写真集「HIROKI」の未公開フォトなど、さまざまな猪野広樹の魅力あふれるフォトを収録。カレンダーは、「壁掛け」ができるのはもちろん、「ブックスタイル」なので、写真集のように眺めることもできる仕様となっている。

猪野広樹

「猪野広樹カレンダー2018.04-2019.03」(東京ニュース通信社刊)

会見に登場した猪野広樹は、カレンダーが好評により増刷したという知らせを聞き、「ファースト写真集を昨年出させていただいた時もたくさんの方々にご購入いただきました。今回カレンダーを出すにあたり、(スタッフから)カレンダーは季節ものなので写真集ほどはいかないと伺っていたんですけども、皆様のおかげで、ありがたく増刷させていただきまして。仕事でやっぱり落ち込むときもあるんですけど、こうやって待っててくださっている皆さんがいるんだなと改めて分かりましたし、今日もこれからイベントをやってさらに勇気づけてもらえるんじゃないかなって思っています。本当にありがとうございます」と、感謝の言葉を述べた。

猪野広樹

「猪野広樹カレンダー2018.04-2019.03」(東京ニュース通信社刊)

会見後に行われるファンイベントには、前回の写真集発売イベントの3500人を上回る4000人が来場。その人気ぶりに、「人数を聞いたときはビックリしましたね。この右手が今から4000人と握手するのかと思うと(笑)」と、茶目っけたっぷりに喜びを表現。実際にファンの方とのコミュニケーションについては、「いつも感謝を述べさせてもらって、あとはファンの方々がそれぞれ話したいことを持って来てくださったりするので、僕から質問するというよりは、来てくださったファンの方の質問に答えて、猪野くんはああいう人なんだなと思ってもらえれば」と、真摯な対応ぶりを告白。そんな中でも、「よく『あだ名を付けてください』っていう方々がいらっしゃいます(笑)。」と明かし、「『お名前は何ですか?』と聞いて、3~5秒くらい考えて答えるんですけど、粋なことを言わないとなかなか納得してくれないんですよね(笑)。難しい問題で、頭をフル回転しないとパッと出て来ないんですよ(笑)」と、人気者ゆえの悩ましいエピソードも。「(本人とは)全然関係ない“草原のなんちゃら”とか付けちゃうんですけど、それを言うと納得してくれなくて、謝るというのが僕のいつもの対応です」と笑った。

猪野広樹

「猪野広樹カレンダー2018.04-2019.03」(東京ニュース通信社刊)

今回のカレンダーには、昨年発売した写真集の未公開カットも収録。撮影を振り返り、「写真集の中で上半身脱いでいる写真があるんですけど、体を絞るということを人生で初めてやったので、ささみと納豆と豆腐という生活が大変でした」と。ところが「体をバキバキにしていったつもりだったんですけど、写真集では腹筋が出ていなかったんですよ! おいおい待て、と(笑)。あれだけやったのに、俺はなぜ腹筋を出していないんだ!?」と、思ったより写真では筋肉美が表れていなかったことに苦笑い。しかし、このカレンダーでは見事に腹筋が割れている1枚が使われており、「見てください、この腹筋!!」と7月のページを開くと、報道陣からは一斉にカメラのシャッターを切る音が。猪野はその様子に思わず爆笑しつつも、カメラに向けて堂々アピール。

猪野広樹

「猪野広樹カレンダー2018.04-2019.03」(東京ニュース通信社刊)

さらに、お気に入りのページとしてクールな表情も披露。「我ながら“盛れたな”という写真が1月にありまして。(撮影した場所も)いつものスタッフ、チームで使っているスタジオで撮らせてもらったので、表情はクールですけど、内面は楽しく撮らせていただいて、全体の雰囲気が好きです」と紹介した。ズバリ、カレンダーの自己採点を聞かれると「いやー100点でしょう! でも写真集のときも100点と言ったので(笑)、今回は腹筋が出ているから101点です(笑)!!」と発表し、拍手を浴びた。

猪野広樹

「猪野広樹カレンダー2018.04-2019.03」(東京ニュース通信社刊)

昨年に引き続き、2018年は舞台やドラマなどでさらに活躍の場を広げている猪野。「今年に入って、僕の尊敬する演出家さんとお仕事をさせていただいたり、ドラマ『リピート』で錚々たるベテランの方々とお芝居をやらせていただいたりして、ある意味ちょっと自信はついた部分もあるんですけど」と成長を感じている一方で、「今やっている『THE 面接』という舞台の稽古がけっこう大変なものでして、初心を思い出させてもらっている最中です。初舞台に立たされているような、丸裸にされているような感じ」と、役者としての試練にも直面している様子。会見では軽妙なトークで明るく語る猪野だが、演技においては時に落ち込むこともあるという。「単純なことなんですけど、ダメ出しを受けて、自分が想像していなかったことを言われた時、それに気づかなかった自分がいる。そいうことに『まだまだだな』と思ったり、(セリフの)掛け合いの時も自分に隙があったりすると『あかんなー』と思います。ドラマ『リピート』の現場でも反省、反省でした」と謙虚にコメント。

猪野広樹

「猪野広樹カレンダー2018.04-2019.03」(東京ニュース通信社刊)

今後ますますの飛躍が期待されるなか、夏には主演ドラマが放送。「主演で出させてもらう『D(仮)』というドラマで、出番のない舞台俳優の楽屋でのワンシチュエーションコメディーという、初めてコメディーをやらせてもらうので、新境地が見えたらいいかなと思っています。ドラマも楽しみにしていてほしいですし、『THE 面接』という舞台は稽古中ですけど、面白くなりそうなので、ぜひ来てほしいなと思っています』と、爽やかな笑顔を見せた。

目標とする俳優については、動画配信サービスで最近見たというドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」を挙げ、「高良健吾さん、いいですね。本当にうらやましいです。あの繊細さを取り込みたいなと思いますし、逆にムロツヨシさんや賀来賢人さんみたいに、コメディーでもお客さんや周りの俳優さんを巻き込むような、そういう役者になれればいいなと思っています」と抱負を。

猪野広樹

「猪野広樹カレンダー2018.04-2019.03」(東京ニュース通信社刊)

多忙な毎日を送るが、春からは英語を磨きたいと、プライベートでも意識は高い。「英語はやっていたんですけど、だんだん英語力が落ちてくるので、海外に行きたいですね。自分の視野を広げることもいろいろしていきたいなと思うので、美術館などに行って、そういうものにも触れていきたいなと思います」と前向きだ。

猪野広樹

「猪野広樹カレンダー2018.04-2019.03」(東京ニュース通信社刊)

最後はファンの方に向けて「皆様のおかげでカレンダーを発売することができ、そして増刷することもできました。これもすべて皆様のおかげでございます」と深々と感謝。続けて「たくさんの写真を撮ってもらいました。腹筋、楽しんでくださいね。(腹筋が載っている)7月からもカレンダーをめくってくださいね(笑)。来年の3月まで猪野広樹をどうぞお楽しみください。ありがとうございました」と、リップサービスたっぷりのメッセージで会場を盛り上げた。

猪野広樹

「猪野広樹カレンダー2018.04-2019.03」(東京ニュース通信社刊)

◆猪野広樹(Ino Hiroki)
1992年9月11日(25歳)。1月期連続ドラマ「リピート~運命を変える10か月~」坪井要役、また、2018年4月9日~4月21日舞台「THE 面接」に出演、2018年夏放送予定の神奈川テレビ 連続ドラマ「D(仮称)」主演で出演が決定している。他、出演作として舞台『弱虫ペダル』新インターンハイ篇~箱根学園王者復格(ザ・キングダム)~ 今泉俊輔役、ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」菅原孝支役、舞台『刀剣乱舞』義伝 暁の独眼竜 大倶利伽羅役、連続ドラマ「スターコンチェルト~オレとキミとアイドル道~」主演 瑛倉ヒロキ役などがあり、猪野広樹ファースト写真集「HIROKI」(小社刊)が好評発売中。

猪野広樹

「猪野広樹カレンダー2018.04-2019.03」(東京ニュース通信社刊)

【商品情報】
「猪野広樹カレンダー2018.04-2019.03」
●発売日:2018年2月19日(月)
●定 価:本体 2,500円+税
●撮 影:遠山高広

全国の書店、ネット書店、弊社TOKYONEWS magazine&mook( http://zasshi.tv/ )にてご購入いただけます。

猪野広樹

「猪野広樹カレンダー2018.04-2019.03」(東京ニュース通信社刊)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. “Pretty Guardian Sailor Moon” The Super Live
  2. ニル・アドミラリの天秤
  3. 永田崇人
  4. ミュージカル「また、必ず会おう」と誰もが言った。
  5. 喜劇「おそ松さん」

おすすめ記事

  1. KING OF PRISM
    キンプリ初のライブイベント 「KING OF PRISM SUPER LIVE MUSIC REA…
  2. 東京国際映画祭
    第29回 東京国際映画祭、華やかに開催 東京国際映画祭は日本で唯一の国際映画製作者連盟*公…
  3. WUG
    舞台「Wake Up, Girls! 青葉の記録」 Wake Up, Girls!はアイド…
  4. 雨に唄えば
    LION PRESENTS ミュージカル『SINGIN’ IN THE RAIN ~雨に唄えば~…
  5. 音楽座ミュージカル『リトルプリンス』
    音楽座ミュージカル「リトルプリンス」 音楽座のレパートリーに入っている「リトルプリンス」、何度…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る