Rock Musical 『5DAYS 辺境のロミオとジュリエット』

演劇の題材としてはお馴染みの【ロミオとジュリエット】をロックミュージカルにアレンジした本作。
時代はこの世の中にあるはずのどこかの国【グラント】。
まずはロミオにあたるハワル(東啓介)が、仲間のポドフ(柳下大)・ナウチ(中山義紘)と共に【デルヒ】と呼ばれる街から対立する【ゼムリャ】へ忍び込むところから物語は始まる。
ハワルには以前思いを寄せている女性がいた。
ところが、仲間たちと飲みに行った酒場で踊っていた踊り子リェータ(豊原江理佳)と偶然出会い、余りにも熱烈に惹かれあってしまう。
思いを寄せていた女性のことなどどこへ行ったかのように、仲間に彼女のことについて熱く語るハワル。
挙句の果てには、早急に結婚したいなどと言い始める。
ところが、その踊り子は街の血気盛んな集団のリーダーであるシーラ(大山真志)の妹で、なぜか将来彼の妻になることを定められていた。

なんとしてでも彼女と一緒になりたいハワル。
だが二人のヒリついた熱風のような情熱が、次々と嵐のような波乱を巻き起こしていく。
そう、わずか5日間の間に…。

基本的なロミオとジュリエットの流れを踏襲しながら、オリジナリティも加えられており、若手からベテラン俳優までが圧巻の歌唱力やダンスで、オリジナルの世界を見せてくれる。
舞台構造がシンプルなだけに、役者の実力がはっきり見えるこういった形の舞台は、役者としては緊張するものであろう。だが普段から舞台で鍛えられている人員がメンバーなので、ミュージカル性は抜群。
特に大ベテランマルシア氏の存在感は圧巻であろう。
そして、舞台構造を利用した、みていると「お尻が破ける!(笑)」と思う場面も、個人的には面白かった。

是非劇場で体感いただきたい。

Rock Musical 『5DAYS 辺境のロミオとジュリエット』

ページ:
1

2

3 4 5 6 7 8
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 怪奇幻想歌劇「笑う吸血鬼」
  2. 舞台「雲のむこう、約束の場所」
  3. ミュージカル「ROMALE~ロマを生き抜いた女カルメン~」
  4. RICE on STAGE「ラブ米」~I'll give you rice~
  5. ミラクル☆ステ―ジ『サンリオ男子』

おすすめ記事

  1. ツキクラ
    2.5次元イケメンアーティストグループ・ツキクラ デビューシングル「未来のPiece」オリコン…
  2. ベアトリーチェ・チェンチの肖像
    Theater LOV第2回公演 「ベアトリーチェ・チェンチの肖像」 実在の人物であるベ…
  3. ロミオとジュリエット
    ミュージカル『ロミオトジュリエット』 ミニライブ付き!製作発表会 あまりにも有名な『ロミオと…
  4. 映画『シュウカツ2』
    <左から、戸谷公人、渡部秀、染谷俊之、溝口琢矢、千葉誠治 監督> 完成披露試写会のチケット500枚…
  5. 『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』 ~To the shining future~
    『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』 ~To the shining future~ ~大阪…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る