舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰

舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰

6月1日明治座にて「舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰」のゲネプロと囲み取材が行われた。

初めから息をつく暇もない展開に、もう一度見たいをいう気持ちがくること間違いなしな舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰。会場で見る人もライブビューイングで見る方も期待して見に行って欲しい。

また、囲み取材ではキャストが意気込みとお客様へのメッセージを語ってくれた。

鈴木拡樹(三日月宗近)
「長い戦いをしてきたのがわかりやすい作品になっていると思う。この作品に至るまでに初演から始めまして、それを積み重ねてきた結びの作品になると感じています。シリーズを通して見ていただいた方には結びである今作を楽しんでいただいて、今作からみるお客様には前の作品が気になって仕方がない、そういう風に思ってもらえる作品になるように頑張っていきたいと思います。刀剣男士の物語というのは見ている方に明日へとつながる活力を与えられる力をもっているものだと思っております。「悲伝」ですが暖かい気持ちも乗せて届けたいと思います。ライブビューイングと会場でお待ちしておりますのでよろしくお願いします。」

荒牧慶彦(山姥切国広)
「僕はすべての物語に出演させていただきまして、物語を体感したものとして、舞台『刀剣乱舞』の本丸の近侍として、今までの刀剣男士たちの思いをすべて背負って挑みたいと思います。この作品はある意味僕らの集大成になっていると思います。今までシリーズを愛してくれている方々にそしてこの作品から見てくれている方々にもこの作品だけで楽しんでくれるような作品になっていると思いますので期待中の期待中の期待を抱いてきてください!」

三津谷亮(骨喰藤四郎)
「誰一人かけることなく公演を乗り越えていきたいと思います。2.5次元に限らず、見にきてくれているお客様の時間をいただいてその人の人生をいただいているので少しでも心を動かせるように頑張りたいと思いますのでよろしくお願いします。劇場でお待ちしております。」

椎名鯛造(不動行光)
「僕は「虚伝~再演~」以来の出演となりまして、虚伝では本丸でわがままを言って刀剣男士に迷惑をかけたのですけれども、そんな不動行光君がどうなっているのかを楽しみにしていただけたらなと思います。とても期待されている作品ですのでそれぞれが気を抜かずに千秋楽まで作品に取り組みたいと思っております。よろしくお願いいたします。」

和田雅成(へし切長谷部)
「今回の「悲伝」の物語はある種僕たちがたどり着きたかった場所なのかなと思っております。その物語をしっかり最後までみんなで戦い続けられるように準備してまいります。成長した姿をお見せできるように頑張っていきます。よろしくお願いします。」

和田琢磨(歌仙兼定)
「約一年ぶりの出陣ということになりますが、細川家に縁のある刀を代表して、精一杯頑張りたいと思います。様々な刀剣、様々な人間が持っている、思いを結び合いながら精一杯最後まで舞台『刀剣乱舞』の世界を生き抜きたいと思います。よろしくお願いします。」

健人(鶴丸国永)
「今まで培ってきたものを全力で力を出して頑張って行きたいと思います。この舞台『刀剣乱舞』の鶴丸国永として全力で生き、驚きを求めて頑張っていきたいと思いますので、是非みなさん楽しみにしていてください!」

東啓介(燭台切光忠)
「この本丸に何をどう与えられるのか、どんな思いをみなさんに与えられるのかそれを考えて稽古してきました。このメンバーで55公演乗り切れるよう頑張りますので、応援よろしくお願いします。シリーズ集大成となるこの舞台『刀剣乱舞』、必ずみなさんに素敵なものを届けられると思いますので、是非楽しみにしていてください。」

川上将大(大般若長光)
「僕は今回新しい刀剣男士として参加させていただくんですけれども、先輩方やスタッフさん、このカンパニーが培ってきたものを大切にして、55公演戦い続けたいと思いますのでよろしくお願いします。戦い続ける座組の一員として、55公演全力で頑張りますので会場、ライブビューイングに足をお運びください。よろしくお願いします。」

前山剛久(鶯丸)
「僕はこの舞台『刀剣乱舞』をお客さんとしても見ていて、今ここにいることをとても光栄に思っています。そして大包平とコンビで頑張って行きたいと思いますので、応援よろしくお願いします。みなさんが心から楽しめるようにただただひたすらに頑張ります!」

加藤将(大包平)
「僕は今回が初登場ということで鶯丸と大包平が登場したことで、どんな展開になるのか、是非みなさん楽しみにしていてください!見ていただいているみなさんに大包平のまっすぐさ、元気さ、全力さが伝わるように演じていきたいと思います。ライブビューイングや会場でお待ちしております!」

玉城裕規 (小烏丸)
「舞台『刀剣乱舞』という世界にある刀剣と、そこに生きえいる人の想いをお客様に届けられたらなと思いますので、しっかり気持ちをもって公演に挑んでいきたいと思います。この作品に出演する意味であったり、「悲伝」の世界で生きるということをしっかり考えてお客様の前に立って、心を少しでも動かせたらいいなと思っております」

舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰

舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰

舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰

舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰

舞台『刀剣乱舞』悲伝 結いの目の不如帰

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ローファーズハイ!!vol.5
  2. 財木琢磨
  3. project K『僕らの未来』
  4. 丸美屋食品ミュージカル「アニー」
  5. 舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」
  6. 歌劇派ステージ「ダメプリ」ダメ王子VS完璧王子

おすすめ記事

  1. DISH//
    今年もDISH//が野音に帰ってきた! 3年連続の日比谷野音は雨もあがり超満員の大盛況! 4…
  2. スカーレット・ピンパーネル
    ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』 1997年に世界のヒットメーカー、フランク・ワイル…
  3. アルジャーノンに花束を
    ミュージカル『アルジャーノンに花束を』 ダニエル・キイスが1959年に発表したSF小説『ア…
  4. ダンガンロンパ
    『スーパーダンガンロンパ 2 THE STAGE 2017』 制作発表会、キャラクタービジ…
  5. 上野パンダ島ビキニーズ
    「上野パンダ島ビキニーズ」は芝居に歌にダンスに! 身体を張って大熱演! 舞台開幕とほぼ同…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る