【オフィシャルレポート】舞台「ハイキュー!!」から誕生。役者,塩田康平と山口賢人によるBUCKS。

BUCKS

唸れ、唸れ、もっともっと唸りまくれ!!

ここで、塩田康平がベースを手にした。「ここからはロックな曲をやっていくんで」(塩田康平)の言葉に続き飛び出したのが、激しく、でも開放感たっぷりに疾走するハード&パンキッシュなロックンロールナンバーの『REALITY』だ。リードを取る山口賢人が、沸き上がる感情を歌と駆ける演奏に乗せ熱く吐き出していた。塩田康平はグルーヴィなベースと熱い掛け声で山口賢人をサポート。演奏が進むごと熱を上げてゆく姿に、気持ちも嬉しく触発されていた。
唸る塩田康平のベース演奏に絡む、エッジ鋭い山口賢人のギター。このまま楽曲は…というところで、一度トラブルで演奏はストップ。仕切り直しで、ふたたび塩田康平のベース音が轟くウネリを描き出す。そこへザクザクとした山口賢人のギターが絡むと同時に、楽曲は『乱心-CHAOS-』へ。クールな歌声でリードを取る塩田康平、彼の歌をエッジ鋭いギター音で盛り立てる山口賢人。サビで2人は歌声をハモりながら、フロアー中の人たちの感情を熱く掻き乱してゆく。唸れ、唸れ、もっともっと唸りまくれ!!

勢いを携えたまま、演奏は『RISE』へ。山口賢人の煽りに触発され、騒ぐ満員の観客たち。その熱を心に抱きながらも、朗々と歌い続ける塩田康平。爆走するロックな楽曲の上で見せる、クールな2人の歌や演奏に、BUCKSなりのロックなダンディズムを感じずにいれなかった。

ページ:
1 2 3

4

5 6 7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 忍法浪漫剣劇「百花百狼~戦国忍法帖~」~月下丸の章~
  2. 丸美屋食品ミュージカル「アニー」
  3. 財木琢磨
  4. 松岡広大
  5. 歌劇派ステージ「ダメプリ」ダメ王子VS完璧王子
  6. THE CONVOY SHOW(ザ・コンボイショウ)vol.36 「ONE!」

おすすめ記事

  1. チア男子
    Live Performance Stage「チア男子!!」 チアを通じて自己革命、チーム名も“B…
  2. 『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』~To the shining future~
    『あんさんぶるスターズ!オン・ステージ』~To the shining future~ 東京公演開…
  3. RICE on STAGE「ラブ米」
    RICE on STAGE「ラブ米」~Endless rice riot~ AGSスペシャル…
  4. セヴィリアの理髪師の結婚
    OPERA『セヴィリアの理髪師の結婚』 構成・演出の田尾下 哲さん特別コメント到着! 有名な…
  5. ミュージカル『ライオンキング』
    12月20日(水) ミュージカル『ライオンキング』東京公演、祝19周年! 12月20日(水)、…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る