【レポート】WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』先行上映会&トークイベント

WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』

2018年8月25日(土)ボートレース江戸川イベントホールにて、WEBムービー『マヒルについて~about a M~』先行上映会&トークイベントが行われた。

WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』は『ディキータマリモット~オウセンの若者たち~』や『Sea Opening』といった2.5次元舞台俳優の映像コンテンツ作品を手掛ける堀内博志が監督・脚本・編集を担当。本作には主に2.5次元舞台で活躍する納谷健・石渡真修・奥谷知弘・山田ジェームス武・木津つばさ・大原海輝・安井一真が出演。映像系の仕事が初めてだという出演者もおり、新たな顔が見れる作品になっている。

開催された先行上映会&トークイベントは三部制。第一部では本編上映とアフタートーク、第二部ではメイキングとアフタートーク、第三部ではスペシャルトークショーと本編台本朗読会、さらに即興劇やミニゲームに抽選会という豪華なラインナップだ。第一部から第三部までの通し券も販売されており、一日を通して『マヒルについて』の世界を楽しめるイベントである。

今回のイベントでは、出演者の中から納谷健・奥谷知弘・木津つばさ・大原海輝・安井一真が登壇。司会進行は本編にも登場する栗田学武が務めた。ここでは、第三部のスペシャルトークショーの様子をお届けする。

▼『マヒルについて ~about a M~』のインタビューの様子はこちら

WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』スペシャルトークショー

WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』
▲左から、司会進行を務める栗田学武、安井一真、大原海輝、木津つばさ、納谷健、奥谷知弘

自己紹介のあと、本編・メイキング上映を終えた出演者陣一人ひとりが『自身の”マヒル”(本編のキーワード。ある症状を表す言葉)』を披露することに。トップバッターとして栗田の”マヒル”が発表された。

WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』

MC 栗田学武

大学時代、友人がほとんどいなかったという栗田は「幽体離脱」と回答。大原も幽体離脱経験があると話が盛り上がっているなか、納谷・木津のマイクが切れるアクシデントが。予期せぬトラブルに対し「僕のマイクが幽体離脱しました!」と応じ、客席を盛り上げた。

WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』

安井一真

安井は「有料動画配信サイト」と回答。特にオリジナルドラマがマイブームとのことで、移動中もダウンロードした作品を観たそう。「僕はそのサイトがなかったら”マヒル”になります!」と締めた。

WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』

大原海輝

大原は幼い頃から触れてきた「アニメ」と述べた。おすすめのアニメは「空の境界」と回答。「さっき(安井が)言っていた配信サイトでは配信されていないの?」との突っ込みに「ないです!」と笑いながら返した。

WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』

納谷健

納谷は「これがなくなったら”マヒル”になるわけではないのですが、”マヒル”と同じくらい僕を狂わせているものです」と前置きをし「幸福追求」と答えた。自身がいま感じている”幸せ”を述べたあと「彼女や結婚といった一般的に”幸せ”と呼ばれるものを幸せと思えるのか……」と不安を口にした。

WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』

木津つばさ

木津は「表現」と回答。以前『人を洗脳後ロボットにし、考える神経を無くす』話を聞いて”表現”について考えたという木津は「自分たちが表現できなくなったらロボットになると思う」と答えた。納谷・木津と哲学的な話が進む中、「有料動画配信サイト」と回答した安井は「恥ずかしい……」と赤面。出演者陣に突っ込まれるという愛されっぷりを披露した。

WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』

奥谷知弘

奥谷は自身の「自分らしさ」という回答に対し「らしくないこというな!」と突っ込まれ、会場を沸かせた。「人と同じことはしたくない」性格だという奥谷。「自分らしさという意識が外れると自分がなくなると思う」と締めた。

WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』

続いては、ミニゲームコーナー。『ジェスチャーゲーム』は、お題に合わせて5名中3名以上が同じポーズをとった場合、先ほど使用した”マヒルカード”を抽選で観客にプレゼントする仕組み。「雲梯(うんてい)」「不二子ちゃん」とポーズを進め、3回目の「ボディービルダー」で安井・木津・奥谷の3名が一致。普段見ることのできない出演者陣の「ボディービルダー」ポーズに、会場の熱気は最高潮に達した。

WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』

ミニゲームコーナーを終えたあとは、今回上映された『マヒルについて ~about a M~』台本朗読会へ。出演者陣がその場で台本を朗読するこのコーナーは、別の出演者が代役を務めるといったイベントならではの内容。映像の温度をそのまま感じられた時間となった。

WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』

最後に『ジェスチャーゲーム』の成果から”マヒルカード”の抽選会へ。当選者に対し「Twitterに譲渡は出さないで下さいね!」と笑いをとった。

WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』

イベント終了後には出演者陣によるお見送りもあり、出演者とファンが一つになったイベントだった。

■先行上映会&トークイベント詳細

【開催日】2018年8月25日(土)
【会場】ボートレース江戸川イベントホール
【出演者】納谷健 奥谷知弘 木津つばさ 大原海輝 安井一真 栗田学武(MC)
【開催時間】
第一部 開場12:00 開演12:30
第二部 開場14:00 開演14:30
第三部 開場17:00 開演17:30
【イベント内容】
第一部 本編上映+アフタートーク
第二部 メイキング+アフタートーク
第三部 スペシャルトークショー+本編台本朗読会+即興劇+ミニゲーム+抽選会

■『マヒルについて 〜about a M~』

キャスト/納谷健 石渡真修 奥谷知弘 山田ジェームス武 木津つばさ 大原海輝 安井一真 他
監督・脚本・編集/堀内博志

公式サイト: http://emicoco-act.com
公式twitter: https://twitter.com/emicoco_act

《物語》
今まで出会う事の無かった7人の男たちが互いを引き寄せるように出会ってしまう。彼らは決して戻らぬ、それぞれの過去に囚われ続け『マヒル』と囁き叫ぶ。そんな彼らが集まってしまった時、マヒルについての哀しい物語が始まるのだった…。

文・高城つかさ
写真・志田正和

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. “Pretty Guardian Sailor Moon” The Super Live
  2. ミュージカル「イヴ・サンローラン」
  3. 永田崇人
  4. ニル・アドミラリの天秤
  5. 舞台「愛と青春キップ」

おすすめ記事

  1. WUG
    舞台「Wake Up, Girls! 青葉の記録」 Wake Up, Girls!はアイド…
  2. Yè -夜-
    「Yè -夜-」 原作は2014年に周豪(Zhou Hao)監督が大学在学中に撮影し、香港…
  3. 刀剣乱舞
    舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺(再演) 刀剣男士が繰り広げる”ヒューマンドラマ” 原…
  4. まじかるすいーとプリズム・ナナ ザ・スターリーステージ
    『まじかるすいーとプリズム・ナナ ザ・スターリーステージ』 「魔法少女まどか☆マギカ」のアニメ…
  5. 舞台『ジョーカー・ゲームII』
    写真左より、谷口賢志、鈴木勝吾、木戸邑弥、君沢ユウキ、合田雅吏 舞台『ジョーカー・ゲームII』…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る