WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』

2018年8月25日(土)ボートレース江戸川イベントホールにて、WEBムービー『マヒルについて~about a M~』先行上映会&トークイベントが行われた。

WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』は『ディキータマリモット~オウセンの若者たち~』や『Sea Opening』といった2.5次元舞台俳優の映像コンテンツ作品を手掛ける堀内博志が監督・脚本・編集を担当。本作には主に2.5次元舞台で活躍する納谷健・石渡真修・奥谷知弘・山田ジェームス武・木津つばさ・大原海輝・安井一真が出演。映像系の仕事が初めてだという出演者もおり、新たな顔が見れる作品になっている。

WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』

ここではイベントに登壇した納谷健・奥谷知弘・木津つばさ・大原海輝・安井一真によるインタビューの様子をお届けする。

▼『マヒルについて ~about a M~』の先行上映会の様子はこちら

―――はじめに、撮影時のエピソードを聞かせてください。

安井一真「スチール撮影で炊飯器を持ちました。撮影が進んでいくうちに監督がノリノリになってきて『顔をいれてみようか』と言われたり……(笑)本編でも炊飯器が登場しているので、観てください!」

奥谷知弘「羽田空港付近の川沿いでの撮影が思い出に残っています。僕だけ入り時間が遅かったのですが、着いた途端に土砂降りの雨が降ってきて……。雨男の力を発揮してしまいました」

堀内博志(監督)「台本には雨という設定がなかったんですけど、奥谷くんのおかげで設定を変えました。この先も、雨がほしいシーンでは奥谷くんを呼ぼうと思います(笑)」

奥谷知弘「ぜひ!(笑)」

―――ありがとうございます。本編で印象に残っているシーンはありますか?

木津つばさ「印象に残っているシーンは、突然裸になるシーンですね。なぜかその男全員が上裸になるという不思議な時間を体験しました。(笑)個人的には一緒に脱いだ山田ジェームス武さんとの肌の違いも見どころだと思っています!」

納谷健「ブリッジして登場するシーンですね。どういうシーンかは本編で確認していただけたら(笑)僕が演じた紺寺(コンジ)は、さまざまなキャラクターに影響を及ぼす役。中には哀愁を漂わせているシーンもあって……。そのギャップを楽しんでいただきたいです」

―――どのシーンも見逃せないですね。堀内監督はいかがですか?

堀内博志監督「『マヒルについて』は、あえて設定や内容を決めないままスタートしました。なので、スチール撮影や打ち合わせを通してキャラクターを固めていったんです。その結果作り上げたキャラクターはかなり複雑だったのですが、それぞれで感じ取った”哀愁”や”悲しみ”を演じてくれました」

―――皆さん、さまざまな舞台で活躍されていますよね。映像のお仕事をやってみて、舞台と映像それぞれの違いは何だと思いますか?

納谷健「僕自身、映像作品は『マヒルについて』が初めてで。舞台は常に”見られている”ので良くも悪くも気を張っているのですが、映像はリラックスして演じられました」

大原海輝「舞台は観客と対話して作り上げている一方、映像はその場にいるキャストの方と作り上げているので、”カンパニーの力”が違うと思いました」

WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』

―――最後に『マヒルについて ~About a M~』の見どころやファンの方へのメッセージをお願いします。

安井一真「”それぞれが主演”という意識で臨みました。最後に円陣を組むシーンがあるのですが、観ていただける皆さんにも一緒に円陣を組んだ感覚になっていただけたらと思います」

大原海輝「設定もキャラクター像も決まっていない状態から入って、徐々に煮詰めていきました。僕自身も役と対話して作り上げていったので、最初のシーンと最後のシーンの変化を楽しんでいただけたら嬉しいです」

木津つばさ「この作品は、大切な人への想いを汲み取って描かれているところが魅力。『マヒルについて』を観ていただく皆さんにも大切な人や愛してやまない人がいると思うのですが、そんな人を改めて大切にしたいなと感じる作品なので、ぜひ観ていただけたら嬉しいです」

奥谷知弘「『マヒルについて』は、最後の最後まで謎に包まれている部分が多い作品。最後にはどうなるのか、楽しみながら観てもらいたいです」

納谷健「普段は舞台で活躍する出演者ばかりなので、僕達の新たな一面が見れるところが見どころですかね。『マヒルについて』は皆さんに寄り添った作品になっているので、楽しんでいただけたらと思います」

堀内博志監督「こんなことを言ったらおこがましいのですが……。普段ステージ上で輝いている人たちの違った魅力を届けられたと思っています。出演者が今まで演じたことのないキャラクターに挑戦したことで、新たな化学反応が生まれたんじゃないかな、と。登場人物一人ひとりに注目して観ていただけたら嬉しいです」

WEBムービー『マヒルについて ~about a M~』

■先行上映会&トークイベント詳細

【開催日】2018年8月25日(土)
【会場】ボートレース江戸川イベントホール
【出演者】納谷健 奥谷知弘 木津つばさ 大原海輝 安井一真 栗田学武(MC)
【開催時間】
第一部 開場12:00 開演12:30
第二部 開場14:00 開演14:30
第三部 開場17:00 開演17:30
【イベント内容】
第一部 本編上映+アフタートーク
第二部 メイキング+アフタートーク
第三部 スペシャルトークショー+本編台本朗読会+即興劇+ミニゲーム+抽選会

■『マヒルについて 〜about a M~』

キャスト/納谷健 石渡真修 奥谷知弘 山田ジェームス武 木津つばさ 大原海輝 安井一真 他
監督・脚本・編集/堀内博志

公式サイト: http://emicoco-act.com
公式twitter: https://twitter.com/emicoco_act

《物語》
今まで出会う事の無かった7人の男たちが互いを引き寄せるように出会ってしまう。彼らは決して戻らぬ、それぞれの過去に囚われ続け『マヒル』と囁き叫ぶ。そんな彼らが集まってしまった時、マヒルについての哀しい物語が始まるのだった…。

インタビュー・文:高城つかさ
写真:志田正和

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

ピックアップ記事

  1. 舞台『モブサイコ100』~裏対裏~
  2. DISH//
  3. 結木滉星ファースト写真集「滉星」
  4. 舞台「DIVE!!」The STAGE!!
  5. 舞台「暁のヨナ~緋色の宿命編~」

おすすめ記事

  1. 舞台「義風堂々!!」
    舞台「義風堂々!!」 この作品は「花の慶次 -雲のかなたに-」の魂を受け継ぐ作品として、200…
  2. 舞台「クレスト☆シザーズ」
    5月10日より、サンシャイン劇場において舞台「クレスト☆シザーズ」の上演が開始される。 本作は…
  3. デルフィニア戦記
    舞台『デルフィニア戦記』 楽しく、笑いの絶えない制作発表会! ファンの間で好評の『デルフ…
  4. 心霊探偵八雲
      舞台版『心霊探偵八雲 裁きの塔』   神永学の小説シリーズ『心霊探偵八雲』、テレビドラ…
  5. 歌姫
    舞台『歌姫』 宅間孝行が仕掛ける極上のエンターテインメントプロジェクト“タクフェス”第 4…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る