【インタビュー】舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」染谷俊之 オフィシャルインタビュー

舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」

舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」
染谷俊之 オフィシャルインタビュー

 
映画初監督となる「ONLY SILVER FISH」が公開中の、舞台「戦国BASARA」シリーズや舞台「ジョーカー・ゲーム」シリーズの人気舞台演出家・西田大輔と、吉本ブサイクランキングで3年連続1位で殿堂入りを果たしたことでも有名な、元お笑い芸人で気鋭の脚本家の家城啓之(マンボウやしろ)のコラボによる、ラジオ局を舞台にしたシチュエーションコメディー『ジーザス・クライスト・レディオスター』が、2018年12月12日(水)〜24日(月・祝)に紀伊国屋ホールにて上演されます。

『ジーザス・クライスト・レディオスター』は、西田大輔のオリジナル作品として2004年に初演。以来、今まで4回の再演を行ってきた人気作です。その原作を、本多劇場で上演した『魔王コント』などの舞台の脚本・演出を手掛け、TOKYO FM「Skyrocket Company」のラジオDJとしてラジオ番組の裏側を知る家城が脚色・アレンジし、西田が演出をする、というコラボレーションで、新たな作品としてお届けします。

本作は、生放送のラジオの特番のOA直前になっても現れないカリスマDJ・ジーザスの穴を埋めるため、ディレクター、放送作家、音響たちレギュラースタッフに加え、ゲストやスポンサー企業の社長、演歌歌手など様々な人間を巻き込んで、様々なトラブルを起こしつつもなんとか乗り越えながらOAを進めていくシチュエーションコメディーです。

舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」

染谷俊之

カリスマDJ・ジーザスとその弟の二役を演じるのは、結成20年目になるお笑い芸人インパルスのボケ担当、板倉俊之。ディレクター役には数々の人気舞台に出演し、最近では声優でも活躍する染谷俊之、ラジオ作家役には劇団EXILEの八木将康、新米AD役には昨年解散したアイドルグループ℃-uteのメンバー・中島早貴、特番のゲストである演歌歌手役には世界エア・ギター選手権に優勝し、NHK紅白歌合戦への出演経験もある大地洋輔(ダイノジ)、プロデューサー役にはテレビドラマなどでバイプレイヤーとして活躍する山崎樹範。その他、舞台「若様組まいる」シリーズに出演の安川純平、松居大悟×J-WAVE舞台「みみばしる」のオーディションを勝ち抜き出演が決まっている宮平安春、西田大輔の舞台&映画『ONLY SILVER FISH』にも出演していた小槙まこ、数々の舞台公演で、唯一無二の怪演を魅せる女優の小野寺ずる、劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season月にも出演の肘井美佳、そして小林賢太郎プロデュース公演ではおなじみの辻本耕志らが、トラブルに巻き込まれる人々を演じます。

舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」

染谷俊之

Q. 本作は、人気舞台演出家・西田大輔さんの演出で、元お笑い芸人で脚本家のマンボウやしろこと家城啓之さんが脚色した、ラジオ局を舞台にしたシチュエーションコメディーです。シチュエーションコメディーのオファーが来たと聞いて、どう思われましたか?

A. シチュエーションコメディだから生まれる臨場感とか生な感じが面白いんだろうなと思いました。

Q. インパルスの板倉俊之さん主演と聞いた時は、どう思われましたか?

A. 板倉さんと下の名前が一緒なんです。俊之ってなかなかいないんですよ。今回ご一緒できて嬉しかったです。

Q. 『ジーザス・クライスト・レディオスター』は、西田大輔さんのオリジナル作品として2004年に初演以来、4回の再演を行ってきた人気作ですが、今回は、家城さんが脚色されています。脚本を読んだ感想はいかがでしたか?

A. 次から次へと色んなことが同じ場所で起こるのが面白いなと思いました。なんとなく「ここの部分を家城さんが脚色したんだろうな」という部分がわかって、そこは、更に物語に拍車がかかる部分で、笑いを生んでくれる場所とかもあって、すごく面白いなと思いました。本当に次から次へと色んな問題が起こるので、やるのはすごく大変だろうなと思いました。

Q. 本作は、生放送のラジオの特番のオンエア直前になっても現れないカリスマDJ・ジーザスの穴を埋めるため、人々が奔走する姿を描きますが、染谷さんも、ラジオやテレビの生放送やお芝居の本番で、ピンチに陥った経験はありますか?

A. いっぱいあります!衣装を忘れて、本番が始まるってなった時に、30分前に衣装を取りに帰った人もいますし、本番30分前に役者が来ていないということもありました。あと、楽屋でベテランさんと話していたら、モニターが無音になったんですよ。なんの間だろうなと思ったら、「あれ、ここ出てるシーンじゃないですか?」みたいな時もありました(笑)

Q. 染谷さんは、ラジオディレクター役でご出演されますが、役作りで参考にしている人はいますか?

A. ラジオを3つ位レギュラーでやらせていただいているので、この作品のオファーを頂いた時は、ディレクターさんとかをすごくよく見るようにしました。どうやってキューを出すのかなとか、服装や髪型もチェックしました。

Q. 染谷さんは基本はラジオに出演する側の方ですが、ディレクター役をやって、改めて考えさられたことはあるのでしょうか?

A. 当たり前ですけれど、僕の番組もありますけれど、僕だけでなく、色んなスタッフの方がいて、「皆で作るものだな」と思います。

ページ:

1

2 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ピックアップ記事

  1. 歌劇派ステージ「ダメプリ」ダメ王子VS完璧王子
  2. 舞台「ジーザス・クライスト・レディオスター」
  3. 財木琢磨
  4. ONLY SILVER FISH
  5. 佐伯大地

おすすめ記事

  1. パタリロ!
     舞台『パタリロ!』、2018年の春に第2弾!告知ソングで周知徹底! 始まる前、客席に着くと懐かし…
  2. 忍たま乱太郎
    6月16日、東京・サンシャイン劇場にて、「ミュージカル『忍たま乱太郎』第8弾 再演~…
  3. うたの☆プリンスさまっ♪
    舞台「劇団シャイニング from うたの☆プリンスさまっ♪『天下無敵の忍び道』」 舞台「…
  4. Live Musical「SHOW BY ROCK!!」―狂騒の BloodyLabyrinth―
    フカシギミックが初登場! シンガンクリムゾンズは真っ白に! 爆笑と熱いライヴが迷走する …
  5. asiapan
    新生コンボイショウ、「asiapan」、稽古快調、順調! THE CONVOY(ザ・コンボイ)は「…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る