【イケメンコレクション番外編】メンズユニット「ジュノン・スーパーボーイ・アナザーズ」インタビュー

若菜さんは1月16日から劇団バルスキッチン主催舞台『歌舞伎町ビターナイト』に、財前さんは2月8日からシタチノ旗揚げ公演『あの日、私はスマートだった。』に出演されますが、いかがでしょうか?

若菜:歌舞伎町をテーマにしたお話で、僕が演じるのはホストの役。稽古では「どうすればチャラくなるか」を考えています。はじめて髪色を明るくしましたし、レアな僕を見られるはず! 歌舞伎町の世界を舞台上でどのように表現するのか、ぜひ劇場で見届けていただけたら嬉しいです。

財前:2019年初の舞台は、これまで共演させていただいていた方々が立ち上げた劇団シタチノの作品。今の自分がいるのは劇団員のおかげなので、恩返しできるよう頑張りたいです。脚本・演出を手掛ける市川大貴さんの世界観を通して、帰るときの足取りが軽くなるような、明るい気持ちになれる舞台を見せられたらと思っています。

前嶋さん、伊地智さんは4月からはじまる『アイ★チュウ ザ ステージ』で2.5次元舞台デビューです。

前嶋:そうなんです。初めての2.5次元舞台で少し緊張しています。今回演じるのは、“神楽坂ルナ”という男の娘の役。しっかりルナとしてステージに立てるよう、頑張ります!

伊地智:僕は(杉山)真宏の姿をみて2.5次元舞台に出たいと思っていたので、出演が決まってとてもうれしいです。山野辺澪として千穐楽まで駆け抜けたいです! 応援よろしくお願いします。

2018年はイケメン戦国や弱虫ペダルなど多くの2.5次元舞台に出演された杉山さんは、3月上演舞台『K -RETURN OF KINGS-』でいよいよ初座長を務めますね。

杉山:はい! 僕はこれまでの舞台で座長に助けられてきたので、『K』では僕が座組を引っ張れたらと思っています。まだ稽古前なのですが、アニメや過去の作品を観て勉強中です。観客の皆さんに喜んでもらえるよう、頑張ります。

関連記事一覧