舞台「夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage」

【オフィシャルレポート】舞台「夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage」

舞台「夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage」
殺陣あり・ライブありの体感型ステージがついに開幕!!

このたび、ついにシアター1010にて舞台「夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage」の上演が開始となりました。全世界で1,000万DLを超える女性向けスマホアプリ「夢王国と眠れる100人の王子様」を原作とした【舞台化企画第1弾】に続き、今回の【第2弾】では2018年の7月~10月に放送されたTVアニメ「夢王国と眠れる100人の王子様」のストーリーを原作に、夢が人々の生きる力となる異世界“夢世界”に生きる王子達の物語を「バトルシーン」「ライブパート」と共に、客席が参加するシーンがたびたび登場する「体感型」で描きます。

舞台「夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage」

【囲み取材より・キャストコメント】

◆アヴィ役:榊原徹士
今回の公演まで色々なことがありましたが、プロフェッショナル精神を忘れずに一丸となって取り組んできました。
誰一人怪我無く千秋楽を迎えられるように頑張りたいと思います。
また、今回の舞台は、客席の皆さまにも体感していただく参加型の舞台になっています。
寒い中お越し下さるとは思いますが、是非、体を温めてきて頂ければと思います。
「声が出る」というのがキーワードです!

◆キエル役:竹中凌平
やるべきことは全部やったと思っていますので、あとはお客様と一緒にステージを完成させたいと思います。
キエルは底抜けに明るい役ですが、繊細な部分もあるので、そういった部分をバランスよく感情の流れに沿って演じようと心がけました。キエルSideに加えてアヴィSideもあり、殺陣もあり、ライブパートもありと盛りだくさんです。王子様も14人も登場して目が足りないかと思いますので、是非何度でも足を運んでいただけたらと思います!

◆ダグラス役:小沼将太
会場に足を運んでくださる姫たちに、「いいもの見たなぁ」「温かくなったなぁ」など、何かしらの気持ちを持って
頂けるように、千秋楽までしっかり頑張っていきます。役柄を演じる上では、海賊の国の王子なので荒々しさと高貴さのバランスを意識しました。ストーリーでは、ドラマ性がある部分もしっかり観ていただけると嬉しいです。

◆ロッソ役:古谷大和
姫様であるお客様を迎えて初めて完成する舞台なので、いろんな意味でようやくスタートが切れるのが楽しみでワクワクしています。原作を忠実に再現しながらも舞台版として作り上げた新しい物語になっていると思います。原作やキャスト、スタッフ、パフォーマーの皆さん、全員が団結して、お客様に楽しんで頂けたらと思っています。

◆マッドハッター役:吉澤翼
お客様に最高のものをお届けできるように、最後の最後までみんなでがんばっていきたいと思います。
マッドハッターは、貴族な雰囲気で、自分とは正反対のキャラクターです。年齢も高めで落ち着いているので、指先の動きひとつにもこだわって、美しさや色気を出していきたいと思います。衣装は裏地までこだわって作られているので、是非衣装にも注目していただけると嬉しいです。

◆フロスト役:吉岡佑
この中では僕だけ前回から引き続き出演しているのですが、新キャラクター・新キャストの皆さんと一から全員でカンパニーを作り上げてきました。稽古場も和気あいあいとしていて、やる時はやる、熱い時は熱く、遊ぶときは遊ぶ、というように仲良くやらせてもらっていました。舞台は前回よりさらに迫力がアップしていると思います。絶対楽しませることができると思いますので、ぜひ劇場に遊びに来てください!

本作は2019年1月31日(木)〜2月3日(日)シアター1010、 2019年2月7日(木)~2月11日(月・祝)品川プリンスステラボールにて上演、会場ごとに「Sideアヴィ」「Sideキエル」の物語が描かれますが、日程により開催される公演後アフターイベント「プリンス・エスコート」では、総勢14名の王子達によるお見送りを実施中。劇場で当日券を販売中ですので
是非ご来場ください。

舞台「夢王国と眠れる100人の王子様 On Stage」

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。