舞台『SORAは青い』

【オフィシャルレポート】米原幸佑の主演舞台『SORAは青い』開幕!

米原幸佑の主演舞台『SORAは青い』開幕!
音楽の力で歴史を変えることができるのか!?

2019年2月6日(水)より東京・博品館劇場にて舞台『SORAは青い』が開幕した。
“音楽の力”をテーマにタイムスリップしてしまった主人公たちの活躍と、戦国時代に生きる姫との出会いを描くオリジナル青春活劇。

同じ施設で育った義経[米原幸佑]、タケル[八島 諒]、道真[若菜太喜]の3人は“The Sky’s The Limit”というボーカルユニットを結成し、メジャーデビューを目指して音楽活動をしていた。ある日、野外ライブでのリハ中に突然の落雷により意識を失ってしまう。
3人が目を覚ますと、そこは戦国時代の京都・鴨川三条大橋の河原。さらに「駕籠から逃げ出してきた」という駒姫[平松可奈子]と名乗るお姫様まで現れ、知らず知らずのうちに歴史の核心へと触れていく。

舞台『SORAは青い』

米原演じる義経は“The sky’s the limit”のリーダー・メインボーカル担当で他の2人を引っ張る兄貴的存在だ。夢へ一直線の熱血漢を米原は爽やかかつ熱く演じている。
歌唱シーンではユニットならではのフォーメーションなどアーチスト活動では見られないシーンを披露し、また「今までで一番過酷」という刀を使ったアクションシーンは、中村誠治郎(ウルジ役)による魅せる殺陣を猛稽古。ステージでも凛々しい汗を流していた。

舞台『SORAは青い』

義経と運命的な出会いをするヒロイン・駒姫役には平松可奈子。
最上家の姫君は素直で冒険心旺盛な性格で自由に憧れ義経たちを振り回わすが、武士の娘として内に秘める芯の強さを平松は繊細にそして華やかに熱演。涼やかな声に可憐な衣裳、踊りのシーンほか見どころ満載だ。

その最上家・家臣ウルジ役の中村は、姫を守る立場にありながら自身の地位の為にある行動を起こし義経たちの前に立ちはだかる。プライドが高く野心家、しかも剣の腕もたつウルジは中村のハマり役。ヒリヒリと威圧的に追い込んでいく様をガチンコの殺陣シーンと共にじっくり堪能して欲しい。

八島が務めるタケル役は“The sky’s the limit”のサブボーカル・ダンス&RAP担当、タイムスリップにより心細い中でも明るくふるまうムードメーカー。どんな状況でも素直なタケルを八島は表情豊かに表現している。自身も音楽ユニットで活動していたこともあり、その経験がこのタケル役に生かされているように見える。

舞台『SORAは青い』

そして同じくサブボーカル・ダンス&RAP担当の道真役には若菜。
道真は3人の中では一番歳下のせいか自由で活発。いち早く環境に慣れタイムスリップすら楽しんでいるよう。歴史の一部になった境遇に興奮気味な道真を、俳優として挑戦を続ける若菜は体当たりで演じていた。
道真の歴史好きが功を奏し自分達の置かれた状況を理解しながら、この時代に来てしまった理由を探っていく義経、タケル、道真。
彼らが時空を超えてきたのはこの空が“音楽の力”で繋がったから!

舞台『SORAは青い』

3人の熱気が伝わってくる代表曲『君と重ねる時代の軌跡』は、米原と音楽ユニット「ヨースケコースケ」で活動中のサカノウエヨースケが手掛け、その他の書下ろし楽曲にも注目が集まる。楽曲をより楽しめるアフターライブイベントが開催予定なので楽しみに待ちたい。

さらに緑川睦が演じる芝居小屋の主人・佐平治、星智也(文学座)演じる剣の達人・弁慶、丸川敬之(花組芝居)の古物商・又吉役、竹田亮によるウルジの隠密・イザ役など京都の人々との交流も見逃せない。

舞台『SORAは青い』は2月10日(日)まで、東京・博品館劇場にて上演。

舞台『SORAは青い』

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。