【速報】 海外新作ミュージカル 『ノートルダムの鐘』

■海外新作ミュージカル 『ノートルダムの鐘』■
2016年12月 東京・四季劇場[秋]にて上演決定!!
全キャストを公開オーディションで決定!!

『ノートルダムの鐘』は、世界的文豪ヴィクトル・ユーゴーの代表作であり、これまで幾度の映画化、舞台化を経ている「Notre-Dame de Paris(ノートルダム・ド・パリ)」に発想を得た作品です。楽曲は、1996年製作で、アカデミー賞にもノミネートされたディズニー劇場版長編アニメーションに基き、作曲アラン・メンケン(『アラジン』『美女と野獣』他)と作詞スティーヴン・シュワルツ (『ウィキッド』他)が手掛け、脚本をピーター・パーネル(『On a Clear Day You Can See Forever』他)、演出をスコット・シュワルツ(『Jane Eyre』他)が担当しています。ディズニー・シアトリカル・プロダクションズが製作し、2014年に米国カリフォルニア州サンディエゴのラ・ホイヤ劇場で、 翌15年には同ニュージャージー州ペーパーミル劇場で上演が行われました。

15世紀末のパリを舞台に、ノートルダム大聖堂の鐘楼に住む男カジモド、その彼を密かに世話する大聖堂聖職者フロロー、同警備隊長フィーバス、そして3人が愛するジプシーの娘エスメラルダが 綾なす愛の物語―。今回の演出版では、ユーゴーの原作がもつシリアスな印象を重要視し、人間誰もが抱える“明”と“暗”の様相を繊細に描くことで、深く美しい人間ドラマの獲得に成功したのです。

また作品のこうしたドラマ性を力強く支える要素が、メンケンとシュワルツの抒情的な楽曲と、 スコット・シュワルツによるシアトルカルでシンボリックな演出表現です。音楽を作品の“前面/中央”に据える狙いから、中世の典礼劇や宗教礼拝よろしく、クワイヤ(聖歌隊)を舞台上に始終存在させている点。大掛かりで機械的な機構に頼らず、世界観を簡潔にまとめた装置の中で、俳優たちが身体を駆使した所作や歌唱により、極めて演劇的に物語を進行させていく点などは、特筆すべきといえます。

実際に、その試みは奏効し、「心に強く訴え、熱烈に感情を揺さぶる。素晴らしいパフォーマンスに促され、観客は喝采する」(バラエティ誌)、「強力で魅力的。愛と報復の物語に新鮮な深みを得る。 圧倒的な喜び」(サンディエゴ・ユニオン・トリビューン)等々、国内批評家に好意的な印象を与えています。まさに“大人のための上質な演劇作品”と呼ぶことができるでしょう。

 

■海外新作ミュージカル 『ノートルダムの鐘』 東京公演概要■
◇公演日程: 2016年12月開幕
◇会  場: 四季劇場[秋] 東京都港区海岸1-10-48

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 舞台「KING OF PRISM-Over the Sunshine!-」
  2. ミュージカル「DAICHI」
  3. 早霧せいな 『SECRET SPLENDOUR』
  4. 炎の転校生REBORN
  5. MANGA Performance W3(ワンダースリー)
  6. 財木琢磨

おすすめ記事

  1. タクフェス第5弾『ひみつ』
    宅間孝行プロジェクト タクフェス第5弾『ひみつ』記者会見開催 戸田恵子、松本利夫(EXILE)、福…
  2. ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」
    ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“進化の夏” インターハイ予選で惜しくも青葉城西…
  3. 人狼TLPT X 宇宙兄弟
    『人狼TLPT X 宇宙兄弟』 株式会社オラクルナイツ 代表取締役 桜庭未那総合プロデューサー…
  4. 舞台「KING OF PRISM-Over the Sunshine!-」
    舞台「KING OF PRISM -Over the Sunshine!- 」 劇場版『KIN…
  5. おそ松さん
    「おそ松さん on STAGE SIX MEN’S SONG TIME」 劇中歌CDリリース記念…

本日のスケジュール

カテゴリー

ページ上部へ戻る