【レポート】ミュージカル『王家の紋章』2017年4月〜5月に早くも再演決定!

王家の紋章

ミュージカル『王家の紋章』、2017年4月〜5月に早くも再演決定!

囲み取材の様子の動画をアップいたしました。

今年夏の最大作品のひとつ、ミュージカル『王家の紋章』が開幕した。長きに渡る連載マンガ、今回初の舞台化、しかも本格大型ミュージカル。発表当初から大きな話題を呼び、チケットも即日完売、期待の大きさがうかがえる。

幕開きはまずメンフィスが現れ、それから古代エジプトの世界になり、古代エジプト文字が浮かび上がる。コーラスが作品世界を盛り上げる。そこから場面は一転して現代に変わる。考古学が大好きなキャロルはおおはしゃぎで兄・ライアンに電話をするところから物語が動き出す。エジプト王の墓、”発掘調査”と言うと聞こえはいいが、要するに”墓を暴く”行為である。ここでキャロルのナンバー、好奇心旺盛で元気いっぱい、はじけるように歌うところはキャラクターを体現しており、わかりやすい。墓を暴いてしまったことで、アイシスの呪いで古代エジプトにタイムスリップしてしまう。
古代エジプトでキャロルはメンフィス始め、様々な人物に出会うが、考え方も習慣も全く異なる古代人にカルチャーショック以上の衝撃、またキャロルの正直に正論を言ってしまう態度にメンフィス始め、古代エジプト人は驚愕、しかも未来が”見える”。容姿も彼らが見た事がない金髪、透き通るような白い肌のキャロルに当初は恐れを感じる。また王宮にはヒッタイトの王女・ミタムンがおり、メンフィスとの結婚を夢見ていたが……。

王家の紋章

ページ:

1

2 3 4 5 6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 田尾下哲
  2. WUG
  3. 刀剣乱舞
  4. おとめ妖怪ざくろ
  5. ロマンシング サガ
  6. ハムレット

おすすめ記事

  1. スカーレット・ピンパーネル
    ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』 1997年に世界のヒットメーカー、フランク・ワイル…
  2. 逆転検事
    舞台『逆転検事 逆転のテレポーテーション』 大人気ゲーム『逆転裁判』、舞台化のみならず、映画化…
  3. おそ松さん
    【コラム】連載第179回 高浩美のアニメ・マンガ×ステージ評  10月の話題作はアニメがメ…
  4. ノートルダムの鐘
    ミュージカル「ノートルダムの鐘」 普遍的なテーマ性、後世に残るミュージカル 上演決定から大き…
  5. 藤田俊太郎
    『Take me out』演出家・藤田俊太郎 特別コメント 『Take me out』は200…
1月 2017
« 12月   2月 »
       1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る