青の祓魔師

舞台「青の祓魔師」 京都紅蓮篇

2012年、2014年と公演され、大好評だった舞台『青の祓魔師(エクソシスト)』、原作コミックは累計1500万部を突破し、現在も集英社『ジャンプSQ.』にて連載中だ。上演する部分は人気の高い原作コミックの5巻〜9巻にあたる部分で京都を舞台に「不浄王」をめぐる戦いを描く。

青の祓魔師

正十字学園最深部に封印されていた「不浄王の左目」が奪われるが、犯人は、悪魔落ちした祓魔師・藤堂三郎太。燐たちは、京都出張所に封印されている「右目」の警護のため、京都へ向かう。京都出張所は、構成員の多くが「明陀宗」という仏教宗派に属しており、明陀宗は世襲制の組織体制。竜士の父・達磨大僧正が頭首であったが、達磨は祓魔師として活動する門徒たちと距離を置き、不可解な行動をとっていた。
疑念を募らせた僧正家の宝生蝮は、藤堂に協力し、右目を奪う。竜士はなおも真意を明かさない達磨に詰め寄る。燐はそれを止めようとするが、禁止されていた炎を使ってしまい、監房に入れられてしまう。達磨は蝮を追う一方で、彼と獅郎、降魔剣とのつながりを手紙で燐に明かす。
「両目」を手に入れた藤堂は、悪魔「不浄王」を復活させる。さらに達磨の使い魔・伽樓羅(カルラ)を喰らい、自らの身体に憑依させる。藤堂に騙されていたことを知った蝮は、京都出張所に戻り、達磨を助けてほしいと懇願する。燐は炎の暴走により自信を喪失し、降魔剣を抜けなくなってしまうが、仲間たちに助けられ、共に不浄王討伐へ向かう。燐と竜士はクロに乗り、不浄王の心臓を焚滅しに向かう。一方雪男は、伽樓羅を取り込み不死の身体を得た藤堂に追い詰められる。燐は、雪男は、竜士は……というのがだいたいのストーリーだ。

青の祓魔師

ページ:

1

2 3 4 5 6 7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ベアトリーチェ・チェンチの肖像
  2. イケメン戦国
  3. 薄桜鬼SSL
  4. 薄桜鬼
  5. テニスの王子様
  6. 里見八犬伝

おすすめ記事

  1. スーツの男たち
    「スーツの男たち」 (“Men in Suits―Three Plays about the Ma…
  2. リトルプリンスVR
    「リトルプリンスVR supported by VIVE」 VR(バーチャルリアリティ)とラ…
  3. 私のホストちゃん
    舞台『私のホストちゃん REBORN』 なんでもあり!、の舞台、名物の口説きタイムも健在!…
  4. ギャグマンガ日和
    シュールな設定、怒濤の展開 全員がテンションMAXのぶっちぎりで疾走! 2015年の初演時、“本…
  5. 野良女
    ノンストップ!アラサー女子の本音トーク! 女性には共感!! 男性には恐怖!? 「強そうに見える女…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る