【3.0レポート】『喜びの歌』

喜びの歌

『喜びの歌』

演出・脚本 鈴木勝秀による完全オリジナル作品。
設定は“そう遠くはない未来”、誰かに監視される統制社会のとある“片隅”が舞台、ここで3人の男が出会う。バーのマスター、デイトレーダー、海の底に憧れる青年。舞台空間は真っ黒で壁面のラックにはミネラルウォーター、舞台中央のテーブルには水槽、あとは椅子、舞台の端にレコードプレーヤー。開演前にビートの効いた音楽、これがだんだんとクレッシェンドになって暗転、中央の水槽に手をかけている男が1人(大貫勇輔 )全身黒づくめ、水槽に息をふきかける、水がゆらめき、照明でそのゆらめきが顔に反射する。ピアノの旋律、それからおもむろにダンスを始める。その一挙一動は滑らかで不思議な感触を与える。シーンが変わって、今度は白いシャツの男(安西慎太郎)が現れて、中央の水槽に顔を突っ込む。傍らで時間を計る男(大貫勇輔)、限界まで挑戦、ずぶ濡れの顔を上げる。映画を観てもぐりたいと思った、と男は言う、“バーチャル素潜り”とも言う。

ページ:

1

2 3 4 5 6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 警視庁抜刀課
  2. 111
  3. オペラ座の怪人
  4. NARUTO
  5. ソーォス!
  6. あさひなぐ

おすすめ記事

  1. TRICKSTER the STAGE
    【インタビュー】「TRICKSTER the STAGE」 怪人二十面相役の細貝 圭さん 明智小…
  2. ロマンシング サガ
    30-DELUX SQUARE ENIX Special Theater 「ロマンシング …
  3. 王家の紋章
    ミュージカル『王家の紋章』 公式写真掲載!! 公式の場面写真が届きました!! …
  4. 青春鉄道
    ミュージカル『青春-AOHARU-鉄道』2~信越地方よりアイをこめて~ 原作は、コミックマーケ…
  5. あさひなぐ
    舞台「あさひなぐ」  いわゆる“部活”ものの舞台が数多く上演されているが、「あさひ…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る