【3.0レポート】『喜びの歌』

喜びの歌

『喜びの歌』

演出・脚本 鈴木勝秀による完全オリジナル作品。
設定は“そう遠くはない未来”、誰かに監視される統制社会のとある“片隅”が舞台、ここで3人の男が出会う。バーのマスター、デイトレーダー、海の底に憧れる青年。舞台空間は真っ黒で壁面のラックにはミネラルウォーター、舞台中央のテーブルには水槽、あとは椅子、舞台の端にレコードプレーヤー。開演前にビートの効いた音楽、これがだんだんとクレッシェンドになって暗転、中央の水槽に手をかけている男が1人(大貫勇輔 )全身黒づくめ、水槽に息をふきかける、水がゆらめき、照明でそのゆらめきが顔に反射する。ピアノの旋律、それからおもむろにダンスを始める。その一挙一動は滑らかで不思議な感触を与える。シーンが変わって、今度は白いシャツの男(安西慎太郎)が現れて、中央の水槽に顔を突っ込む。傍らで時間を計る男(大貫勇輔)、限界まで挑戦、ずぶ濡れの顔を上げる。映画を観てもぐりたいと思った、と男は言う、“バーチャル素潜り”とも言う。

ページ:

1

2 3 4 5 6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 舞台「義風堂々!!」
  2. RICE on STAGE「ラブ米」~Endless rice riot~
  3. ちょっと、まってください
  4. ミュージカル「DAICHI」
  5. ミュージカル『メリー・ポピンズ』
  6. 音楽座ミュージカル『リトルプリンス』

おすすめ記事

  1. 星屑バンプ
    THE CONVOY SHOW vol.33『星屑バンプ』 今村ねずみさんとフレッシュな若手の特別…
  2. カフェパラダイス
    舞台『カフェパラダイス』 アニメ・コミック原作の舞台作品が多く上演されている昨今ではあるが、…
  3. 浦沢直樹展
    『浦沢直樹展 描いて描いて描きまくる -大阪の巻-』 内覧会&トークライブ 2016年11月26…
  4. ロミオとジュリエット
    ミュージカル『ロミオとジュリエット』 憎悪を超え、凌駕する、永遠不滅の2人の純愛物語 ミュー…
  5. 「錆色のアーマ」 「錆色のアーマ」は、戦乱の世を舞台に、「アーマ」と呼ばれる個性的な武器を 携え…

本日のスケジュール

カテゴリー

ページ上部へ戻る