舞台『戦国BASARA4 皇』

BASARA_zMD-z131_400x400

DSCN2750

2005年にカプコンよりリリースされた『戦国BASARA』シリーズ、初の舞台化は2009年、昨年は異なるゲームとのコラボ『戦国BASARA vs Devil May Cry』を上演、今回の舞台『戦国BASARA4 皇』は11作目にあたる。昨年から演出に宇治川まさなり氏を迎え、前シリーズのイメージを踏襲しつつ、新しい展開となる。宇治川まさなり氏はミュージカルからストレートプレイまで幅広く演出、コミック作品では舞台『銀河英雄伝説外伝 ミッターマイヤー・ロイエンタール篇』等を手掛けている。キャストは伊達政宗役の塩野瑛久が初役、また毛利元就役の小谷嘉一は、初演から同役を演じている。またゲスト出演として『戦国BASARA』10周年の記念テーマソング『時を超えて』を歌うSOLIDEMOよりゲストキャストとして2名(中山優貴、山口智也)が参加、役どころは長宗我部元親の親衛隊である。
ストーリーはオリジナルでゲームとは異なる。物語の冒頭で登場するは松永久秀。ゆっくり歩きながら不敵な笑いを浮かべる。それから、キャラクター登場、華やかなオープニング、各武将が次々と舞台に現れ、アクションを見せるが、ここはかなりのスピード感を持って展開する。ゲーム楽曲が流れ、観客の気分も高揚する場面である。プロジェクションマッピングで背景だけでなく、ゲームの技も表現、客席は一気に『戦国BASARA』の世界になる。それから物語が動き出す。千利休は二重人格、さしずめ”ジキルとハイド”で、戦いを嫌うワビ助、好戦的なサビ助という内面のキャラクターがあるが、寿里が鮮やかに切り替えて演じる。
メインストーリーは、いかにも”悪”な松永久秀と”正義”をふりかざす伊達政宗の”対比”、そこにちょっとしたサイドストーリーを織り交ぜる、といった構成。松永久秀は松田賢二が演じているが、腹黒さ満点で、己の欲望のためなら自分に付く者も翻弄する。松田のいかにもな悪ぶりが物語のアクセントに。伊達政宗役の塩野瑛久は初参加ながらも健闘し、殺陣、アクションに奮闘。真田幸村役の松村龍之介は、初役の頃と比較すると、だいぶ板についてこなれた感じが頼もしい印象を受けた。
殺陣、アクションは前回と比較するとフォーメーションに変化が見られた。アクションコーディネートは浅井星光で、前回の舞台『戦国BASARA vs Devil May Cry』から担当している。今回初参加のキャスト、前シリーズからのキャスト、新旧入り交じった俳優陣であるが、全体的に勢いのある舞台、大胆で華やかな”荒事”、これこそ 『戦国BASARA』の真骨頂、次回のシリーズは、どう工夫してくるのか、どんなストーリーなのか新しい『戦国BASARA』が観られそうだ。

basara_20160121-_D4S8432 basara_20160121-_D4S8324 basara_20160121-_D4S8307 basara_20160121-_D4S8267 basara_20160121-_D4S8183 basara_20160121-_D4S8160 basara_20160121-_D4S8150 basara_20160121-_D4S8113 basara_20160121-_D4S8058 basara_20160121-_D4S8050 basara_20160121-_8001793 basara_20160121-_8001700 basara_20160121-_8001491 BASARA_20160121-_8001387 BASARA_8001091 basara_20160121-_D4S9814 basara_20160121-_D4S9425 basara_20160121-_D4S9192

—–*—–*—–
舞台 『戦国BASARA4 皇』
東京公演/2016年1月21日~1月31日 Zeepブルーシアター六本木
大阪公演/2016年2月5日~2月7日 サンケイホールブリーゼ
www.basara-st.com/

(c)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

取材・文/高 浩美

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 舞台「けものフレンズ」
  2. 舞台「文豪ストレイドッグス」
  3. ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭
  4. ミュージカル「忍たま乱太郎」 第9弾『忍術学園陥落!夢のまた夢!?』
  5. STAGE FES 2017
  6. 舞台『モブサイコ100』

おすすめ記事

  1. めがだん
    GYAO!独占配信オリジナルドラマ 「めがだん」制作発表会!メガネがいっぱい!   GYAO!…
  2. おそ松さん
    【コラム】連載第179回 高浩美のアニメ・マンガ×ステージ評  10月の話題作はアニメがメ…
  3. 磯部磯兵衛
    『磯部磯兵衛物語~浮世はつらいよ~天晴れ版』 プレイガイド先行:8月6日(土)10:00~ 一般…
  4. あさひなぐ
    舞台「あさひなぐ」  いわゆる“部活”ものの舞台が数多く上演されているが、「あさひ…
  5. スカーレット・ピンパーネル
    ミュージカル『スカーレット・ピンパーネル』 1997年に世界のヒットメーカー、フランク・ワイル…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る