【コラム】連載第178回 高浩美のアニメ・マンガ×ステージ評

ReLIFE

高浩美のアニメ・マンガ×ステージ評 連載第178回

9月の初旬、アニメ放映中(9月迄)であった『ReLIFE』の舞台版が上演されたが、これは舞台ともアニメとも原作とも違う、という企画であった。アニメでは主人公・海崎新太は卒業していないし、原作でも卒業していない。ところが舞台では卒業してしまったのである。これは単なる原作やアニメの舞台化ではなく、コンテンツの舞台化と言えるのではないかと思われる。しかもアニメや原作が舞台と同じ結末を迎えるかどうかは今のところ、基本的に“シークレット”だ。ゲーム原作の舞台でマルチエンディングやダブルエンディングを採用する作品があるが、あくまでも舞台版だけに限られている。この場合は『ReLIFE』というコンテンツそのものでのマルチエンディング、そういった意味においては画期的だ。また舞台上の表現もやや抽象的で観客の想像力に任せるところも大きい。いづれにせよチャレンジが大きい作品であった。

ページ:

1

2 3 4 5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ベアトリーチェ・チェンチの肖像
  2. リメンバーミー
  3. 薄桜鬼SSL
  4. ちるらん
  5. Yè -夜-
  6. ベアトリーチェ・チェンチの肖像

おすすめ記事

  1. 永井豪×オーケストラ ダイナミックコンサート
    ほんとに、聴くだけで色んなシーンが浮かんでくる。 色んな物語が、聴く人それぞれの中で浮かんでくるん…
  2. ダイヤのA
    「ダイヤのA」The LIVE IV  人気シリーズ「ダイヤのA」回数を重ね、The LIVE…
  3. 金色のコルダ
    生演奏が贅沢で聞き応えがあると評判の音楽劇『金色のコルダ』、この12月公演は第3作目となるユニークか…
  4. メサイア
    舞台「メサイア―暁乃刻―」 ハッカー、人工知能、その先にあるものは? 黒幕は?息もつかせぬ男たち…
  5. ミュージカル『薄桜鬼』HAKU-MYU LIVE 2
    新選組と鬼達が、歌い舞う―――“薄ミュ”の宴ふたたび! ミュージカル『薄桜鬼』の人気楽曲で盛り上が…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る