【コラム】連載第178回 高浩美のアニメ・マンガ×ステージ評

ReLIFE

高浩美のアニメ・マンガ×ステージ評 連載第178回

9月の初旬、アニメ放映中(9月迄)であった『ReLIFE』の舞台版が上演されたが、これは舞台ともアニメとも原作とも違う、という企画であった。アニメでは主人公・海崎新太は卒業していないし、原作でも卒業していない。ところが舞台では卒業してしまったのである。これは単なる原作やアニメの舞台化ではなく、コンテンツの舞台化と言えるのではないかと思われる。しかもアニメや原作が舞台と同じ結末を迎えるかどうかは今のところ、基本的に“シークレット”だ。ゲーム原作の舞台でマルチエンディングやダブルエンディングを採用する作品があるが、あくまでも舞台版だけに限られている。この場合は『ReLIFE』というコンテンツそのものでのマルチエンディング、そういった意味においては画期的だ。また舞台上の表現もやや抽象的で観客の想像力に任せるところも大きい。いづれにせよチャレンジが大きい作品であった。

ページ:

1

2 3 4 5
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. 舞台『モブサイコ100』
  2. STAGE FES 2017
  3. ゆく年く・る年冬の陣 師走明治座時代劇祭
  4. ミュージカル「忍たま乱太郎」 第9弾『忍術学園陥落!夢のまた夢!?』
  5. 舞台「けものフレンズ」
  6. 映画『牙狼<GARO>神ノ牙-KAMINOKIBA-』

おすすめ記事

  1. ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」
    ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“進化の夏” インターハイ予選で惜しくも青葉城西…
  2. 男魁 -Boyran- 本公演
    『男魁 - Boyran -本公演』 今、俳優、アーティスト、モデル、タレント、芸人、クリエイ…
  3. 「錆色のアーマ」 「錆色のアーマ」は、戦乱の世を舞台に、「アーマ」と呼ばれる個性的な武器を 携え…
  4. バイオハザード
    『ミュージカル バイオハザード~ヴォイス・オブ・ガイア~』 世界中でそのタイトルが知れ渡ってい…
  5. ハイスクール!奇面組
    「ハイスクール!奇面組」舞台化、演出・構成 なるせゆうせい特別インタビュー  「これは果たして…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る