【インタビュー】歌劇『BLACK JACK』作曲家・宮川彬良さん、演出家・長谷川寧さん特別インタビューも収録!

BLACK JACK

前回の公演は大成功を収めたが、それを受けての演出、そこに関して長谷川は「基本的には完全に変わっています。捨てる勇気を持つ、捨てること自体がとても難しいことではありますが、そこをどう捨てていくか、ですね。僕としては70年代に描かれたこの作品をいかに、現代のお客さんに響かせるかってことを考えました」観客の「今、ここにいること」の意識を高めるための仕掛けも施されており、ここは必見どころ。

コミック自体は1973年〜1978年『週刊少年チャンピオン』にて連載、その後は1979年〜1983年にかけて不定期連載され、全部で242話。1970年代の手塚治虫の最大のヒット作となっている。長谷川は「僕は当時の社会性とか、そういったものを反映させるのが結構好きなんです。この作品の背景、70年代という激動の時代が、手塚治虫にこのマンガを描かせていたのではないかと考えてみまして……僕は『ブラック・ジャック』の中の台詞とかに当時の社会状況を感じました。時代を取りこませる作家、おこがましいですが、それが今にも受け入れられる理由ではないかと感じます」と語る。とりわけ後期の作品、「未完の『ネオ・ファウスト』も凄い好きです。手触りが……描いてた状況、多忙であったことが容易に想像出来る……僕も漫画家の現場にのぞかせてもらったっていうかお邪魔させてもらったことがあるんですけど、それがどういうことか……とんでもないことだと思うし、すり減っていく、摩耗していく部分、っていう爪痕が残っている、描いた人物が見えてきます」

BLACK JACK

ページ:
1

2

3 4 5 6 7
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. ブラックコメディ
  2. ベアトリーチェ・チェンチの肖像
  3. 薄桜鬼
  4. ちるらん
  5. イケメン戦国
  6. 里見八犬伝

おすすめ記事

  1. Zepp×81pro Live
    Zepp×81pro Live Vol.1 「渋谷に“声”の神来たる」 トップバッターは江…
  2. Yè -夜-
    「Yè -夜-」 原作は2014年に周豪(Zhou Hao)監督が大学在学中に撮影し、香港…
  3. スルース
    トニー賞演劇作品賞を受賞した傑作サスペンス「スルース」 「フレンジー」「ナイル殺人事件」「…
  4. アニメイト アニバーサリーフェスティバル
    アニメイト30周年記念イベント「アニメイト アニバーサリーフェスティバル」は終始楽しく、賑やかに! …
  5. ツキウタ。
    【Ver.WHITE】2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージ TRI! SCHOOL REV…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る