【レポート】「おそ松さん on STAGE ~SIX MEN’S SHOW TIME~」

おそ松さん

なお、ゲネプロ前に囲み会見があった。制作発表の時もそうだったが、普通に登場しないところが『おそ松さん』らしさ、まずは小澤 廉(十四松)が勢いよく飛び出し、「ハッスル!ハッスル!」とテンションMAXで登場し、それから、ぞろぞろと全員がキャラになりきって登場した。会見メンバーは高崎翔太(おそ松)、柏木佑介(カラ松)、植田圭輔(チョロ松)、北村 諒(一松)、小澤 廉(十四松)、赤澤遼太郎(トド松)、井澤勇貴(【F6】おそ松)、和田雅成(【F6】カラ松)、小野健斗(【F6】チョロ松)、安里勇哉(【F6】一松)、和合真一(【F6】十四松)、中山優貴(【F6】トド松)。まずは東京公演の抱負、高崎翔太は長男らしく「(大阪公演より)さらに!」柏木佑介は「振り切っていきたい!」、植田圭輔は「大阪公演、凄かった!」とコメント。北村 諒は「全ての方を楽しませるように」そして小澤 廉は「ずっと口開けてました」、小澤の発言は抱負なのか?という内容で、これには居合わせた取材陣、キャスト、大笑い。赤澤遼太郎は「成長した姿を……」とコメントしたが、とにかく終始、和やかで時折、キャスト同士でツッコミ合い、時には叩いたり、と『おそ松さん』の雰囲気そのもの。記者からの質問で「キャラクターと本人が一番近いのは?」の質問に一斉に皆が柏木佑介を指した(笑)。また演じてみたかったキャラという質問に柏木佑介は「カラ松!」、高崎翔太は「F6なら誰でも!」、この回答には皆爆笑。お互いにツッコミ合いながらの会見は終了した。

おそ松さん

ページ:
1

2

3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. Rock Musical 『5DAYS 辺境のロミオとジュリエット』
  2. 舞台「御茶ノ水ロック-THE LIVE STAGE-」
  3. ミュージカル「ROMALE~ロマを生き抜いた女カルメン~」
  4. 劇団アニメ座ハイブリットー舞台俳優は伊達じゃない!ー
  5. イケメン戦国 THE STAGE ~織田信長編~

おすすめ記事

  1. 崎山つばさ
    崎山つばささん「生活に寄り添えるカレンダーに」 2018→2019カレンダー発売記念イベントをレポ…
  2. 舞台「イムリ」
    舞台「イムリ」 三宅乱丈のSFファンタジーコミック「イムリ」初の舞台化である。二重惑星マージとルー…
  3. カバネリ
    2.5 Escape Stage「甲鉄城のカバネリ」 クオリティーの高いビジュアル、スタイ…
  4. カフェパラダイス
    舞台『カフェパラダイス』 アニメ・コミック原作の舞台作品が多く上演されている昨今ではあるが、…
  5. 「錆色のアーマ」 「錆色のアーマ」は、戦乱の世を舞台に、「アーマ」と呼ばれる個性的な武器を 携え…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る