【レポート】ミュージカル「美少女戦士セーラームーン」-Amour Eternal-

美少女戦士セーラームーン

元の物語を知っていれば、結末はもちろん言わずもがな。そこに至るまでのヒューマンドラマ、誰のために戦うのか、それはセーラー戦士たちにとっても、彼女たちに敵対するアマゾントリオのタイガーズ・アイ(安藤千尋)、ホークス・アイ(立道梨緒奈)、フィッシュ・アイ(Yumi)、デッド・ムーンの頂点に立つ新月の女王・ネヘレニア(大月さゆ)、デッド・ムーンのNO2のジルコニア(坂井香奈美)らにとっても同じことだ。皆、自分なりの正義、理由がある。アマゾントリオらには夢があり、それは真の人間になることであった。最期はどうなるかは先刻承知であるが、やっぱり切ない。エリオス(平山ひかる)とちびうさの交流等、心に響く名場面も多く、見応えがある。もちろん、細かいギャグや笑える要素もたっぷり。2幕が始まる前に出来るだけ早めに席に戻ると、トリオの“漫才”風の掛け合いが楽しめるし、うさぎのダメダメぶりや美奈子のアイドル大好き暴走ぶり等は、なかなか笑える。2幕が始まった直後はデッド・ムーン サーカス団の華麗なショーもあり(身体能力、高い!)、エンターテイメント性もかなりアップ、良質の舞台に仕上がっていた。またネヘレニア演じる大月さゆの歌唱力も聴きどころ、全体としては1幕の幕切れのシーン、2幕のラストに向かってのセーラー戦士たちの戦いぶり等、全体の構成も観やすく、千秋楽に至るまでの“進化”が楽しみだ。

美少女戦士セーラームーン

ページ:
1 2

3

4 5 6
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメント

  • トラックバックは利用できません。

  • コメント (0)

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. SENGOKU WARS
  2. ノラガミ
  3. ギャグマンガ日和
  4. おそ松さん
  5. パジャマゲーム
  6. バイオハザード

おすすめ記事

  1. ワンサくん
    せたがやこどもプロジェクト2016 キッズ・ミュージカル「ワンサくん」 -祭りに行くぞ!大脱走!…
  2. おとめ妖怪ざくろ
    舞台「おとめ妖怪ざくろ」 2006年より月刊バーズ(幻冬舎コミックス刊)にて連載中の「おと…
  3. パタリロ!
     舞台『パタリロ!』、2018年の春に第2弾!告知ソングで周知徹底! 始まる前、客席に着くと懐かし…
  4. アニメイト アニバーサリーフェスティバル
    アニメイト30周年記念イベント「アニメイト アニバーサリーフェスティバル」は終始楽しく、賑やかに! …
  5. 露出狂
    『露出狂』新進気鋭俳優総勢32名 公演に向けてワークショップ&稽古! 台風のため天候不順な都…
2月 2017
« 1月   3月 »
   1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28      

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る