【3.0リリース】元・宝塚歌劇団 月組男役トップスター龍真咲が株式会社スペースクラフトプロデュースへ所属

龍真咲

元・宝塚歌劇団月組 男役トップスター
龍 真咲  Ryu Masaki
10月21日より(株)スペースクラフトプロデュース所属に!

この度、2016年10月21日付で、元・宝塚歌劇団 月組 男役トップスター、龍真咲(りゅう まさき)が、株式会社スペースクラフトプロデュースへの所属が決まりました事を、ご報告させて頂きます。
龍真咲は、2001年に宝塚歌劇団入団、2012年に「月組」トップスターに就任、16年の在団期間、4年半のトップ就任期間を経て、先月、2016年9月4日に、宝塚歌劇団を退団致しました。
初舞台当初より、アイドル顔負けのルックスと圧倒的な歌唱力で注目され、21世紀に入団したメンバーの中で、いち早くトップの座に登りつめ、トップスター就任後も、「ベルサイユのばら」「ME AND MY GIRL」「風と共に去りぬ」「ロミオとジュリエット」「1789 -バスティーユの恋人たち-」等、宝塚を代表する数々の演目で主演を重ねました。
また、2014年4月、宝塚歌劇団100周年記念式典公演では、5組を代表して、龍真咲がトップスター公演を務め、性を超越した類まれなる輝きと麗しさ、自由奔放な発想で、多くの新しいファン層を掴み、宝塚新世紀へのバトンをつなぎました。
今後は、「舞台」を大切にしながら、幅広い音楽活動を中心に、「ミュージカル」や「LIVE活動」等を目指し、新たな表現者としての可能性に挑戦致します。

退団後の初仕事は、「エリザベート TAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート」(<関西>2016年12月9日~12月18日 梅田芸術劇場メインホール/<東京>2017年1月8日~1月20日 Bunkamuraオーチャードホール)にて、主演のエリザベート役と、ルキーニ役で出演し、エリザベート役はフルコスチューム版として、初挑戦となります。

また、10月25日には『越路吹雪三十七回忌/岩谷時子生誕100年「ラストダンスは私に」の歌碑除幕式』が行われ、龍真咲がゲストとして参加させて頂く予定となっております。

今回初披露のアーティスト写真は、フォトグラファーにLESLIE KEE、スタイリングは軍地彩弓、ヘアメイクには黒田啓蔵 が、彼女の門出に集結。全身スカート姿と美しい脚を惜しげもなく披露し、女性らしい艶やかな一面を見せた。今後は、グループ会社の強みを生かし、ファッションなどへの展開も試みます。

先月まで、宝塚で、ひげを付けて織田信長を熱演した、『男役・龍真咲』が、今後は、モデル事務所の老舗「スペースクラフト」、栗山千明所属「スペースクラフトエンタテインメント」の、グループ会社の後押しを得て、アーティスト、モデル・女優など、様々な展開に挑戦して参ります。

龍 真咲 Ryu Masaki

<今後の活動>
◇三井住友VISAカード presents
「エリザベート TAKARAZUKA20周年スペシャル・ガラ・コンサート」
<関西>2016年12月9日~12月18日 梅田芸術劇場メインホール
<東京>2017年1月8日~1月20日 Bunkamuraオーチャードホール
主演・エリザベート役と、ルキーニ役で出演    ※エリザベート役は初めて演じる。

◇越路吹雪 三十七回忌 記念スペシャル企画CD
越路吹雪トリビュートアルバム 「越路吹雪に捧ぐ」
2016年12月21日発売(ユニバーサルミュージック)

◇WOWOW 宝塚プルミエール
「龍真咲 退団スペシャル」11月26日 14:45~OA決定

<情報サイト>
◇Official Web Site   http://www.ryumasaki-scp.com
◇INSTAGRAM      https://www.instagram.com/masaki_ryu/?hl=ja

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

コメントは利用できません。

ピックアップ記事

  1. イケメン戦国
  2. リメンバーミー
  3. ベアトリーチェ・チェンチの肖像
  4. ロマンシング サガ
  5. ちるらん
  6. テニスの王子様

おすすめ記事

  1. 2.5次元フェス(仮)
    2.5フェス(仮) イベントは人気舞台ばかり! 舞台『刀剣乱舞』や舞台『私のホストちゃん』舞台『…
  2. ちるらん
    舞台『ちるらん 新撰組鎮魂歌』 散りゆく運命、ROCK!漢!な男たちの生き様! 幕末最強…
  3. ツキクラ
    2.5次元イケメンアーティストグループ・ツキクラ デビューシングル「未来のPiece」オリコン…
  4. 僕ヶ原 紫陽花チーム
    朗読劇「僕とあいつの関ヶ原」公式写真掲載! 朗読劇「僕とあいつの関ヶ原」のレポートはコチラ …
  5. 藤田俊太郎
    『Take me out』演出家・藤田俊太郎 特別コメント 『Take me out』は200…

本日のスケジュール

EnglishFrenchGermanItalianPortugueseRussianSpanish

カテゴリー

ページ上部へ戻る